2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

≫ EDIT

Buika @ Blue Note TOKYO 2017



 ブイカのコンサートを観た。

 泣いた。死ぬほど素晴らしかった。こんなに全身から音楽が溢れていて、骨の髄までエレガントな女性歌手は見たことがない。

 超満員だったブルーノート東京公演。ステージが終わったとき、シャイで腰の重い日本の観客が次々と立ち上がり、彼女に向かって万雷の拍手喝采を送った。心からの感動と称賛の意をどうにか態度で示したい──あのとき会場にいた誰もがそう思っただろう。ブイカの裸の歌声は、全く言葉の通じない極東のアジア人の心をも裸にするものだった。

≫ Read More

| Diva Legends | 03:00 | TOP↑

≫ EDIT

シャーデー、再びドレイクの陣中見舞い



「俺の人生でとても大切な二人の女性(Two very important ladies in my life)」(21 March 2017 @champagnepapi

 アルバムでもミックステープでもコンピレーションでもレーベル・サンプラーでもない“プレイリスト”なる新譜『More Life』('17年3月18日発表)が話題を呼んでいるドレイク。〈Boy Meets World〉と題された彼の最新ツアーのロンドン公演('17年3月20日、O2アリーナ)の楽屋をシャーデー・アデュが訪れた。ドレイク、彼の母親のサンディさん、シャーデーの3人で撮った記念写真が彼のインスタグラムで公開されている(お母さん、小っちゃいな!)。

≫ Read More

| Sade News | 07:00 | TOP↑

≫ EDIT

Chuck Berry──ヘイル!ヘイル!オチンチン



 校長先生、逝く。
 
 ラッパーも顔負けの天才的なライム・スキルを持つチャック・ベリー。言葉の魔術師でもあった彼の最大のヒット曲は、「Johnny B. Goode」でも「Roll Over Beethoven」でも「Rock And Roll Music」でもなく、「My Ding-A-Ling」(1972)である。'72年2月3日、イギリスのLanchester Arts Festivalで収録されたライヴ録音を4分に編集したヴァージョンが同年7月にChessからシングル発売され、彼にとって最初で最後の全米ナンバーワン・ヒットになった。原曲は、デイヴ・バーソロミューが'52年にKingに吹き込んだ同名曲。先生はこれを改作し、ロックンロール学校の校歌にしてしまった。

 この歌で“ding-a-ling”は、おばあちゃんが買ってくれた鈴の玩具として登場するが、それは“おちんちん”を意味する俗語でもある。主人公が宝物のように大切にするその鳴り物は、同時に“ロックンロール”のメタファーとして捉えることができるかもしれない。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

マシューマン、シャーデーと密会?!



 '16年9月19日にスチュアート・マシューマンのインスタグラムに投稿された写真。キャプションは“イギリスで友達のアーニーと(With my mate Ernie in England)”。一緒に写っている“アーニー”はシャーデーの家で飼われているロバで、場所はその敷地内にある納屋の前である。シャーデーに関する言及は全くないが、アイラのインスタをチェックしているファンには、マシューマンがシャーデーの家を訪れたことがすぐに分かる。

≫ Read More

| Sade News | 07:06 | TOP↑

≫ EDIT

あさイチのブイカ



 ちょっと眠そう。

≫ Read More

| Diva Legends | 05:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT