2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今も海が見えるでしょうか──再訪「横須賀ストーリー」



 山口百恵の通算13枚目のシングル「横須賀ストーリー」。彼女の歌手人生を大きく変えるこの1枚のシングル盤が発売されたのは、ちょうど40年前の今日、1976年6月21日(月)のことだった。今年と同じく夏至だったその日、彼女は夜10時からフジテレビの歌番組〈夜のヒットスタジオ〉に出演し、この新曲を歌っている。当時、彼女は高校三年生(17歳)だった。

 '73年に14歳で歌手デビューした山口百恵は、それまでずっと千家和也(作詞)と都倉俊一(作曲)の手によるアイドル歌謡を歌っていた。「横須賀ストーリー」は、阿木燿子(作詞)と宇崎竜童(作曲)の夫妻が初めて手掛けた百恵のシングル曲。それは、百恵が育った横須賀の町を舞台にした、それまでとは全く趣の異なる歌だった。この作品をきっかけに、彼女はアイドル歌手から脱皮し、大人の歌手への道を歩み始める。以後、両者のコラボレーションは'80年10月の引退まで続き、「イミテイション・ゴールド」「夢先案内人」「プレイバック Part 2」「曼珠沙華」「美・サイレント」「謝肉祭」「ロックンロール・ウィドウ」「さよならの向う側」など、山口百恵のキャリアを代表する数々の名曲が生まれることになる。

 引退を4ヶ月後に控えた'80年6月、百恵は、当時ニッポン放送で毎週日曜に放送されていたワンマン・ラジオ番組〈山口百恵 夢のあとさき〉で、歌手としての自分の礎である「横須賀ストーリー」を振り返る特集を組んだ。約30分の番組の中で、彼女は、作品が生まれた経緯、曲に対する個人的な思いなどを、自分の言葉で丁寧に語っている。また、番組内では、宇崎竜童と阿木燿子の肉声コメントが紹介され、両者のコラボレーションについて作家の立場からも振り返られる。山口百恵、宇崎竜童、阿木燿子の3人が揃って「横須賀ストーリー」を語るという、この上なく貴重な内容である。「横須賀ストーリー」の発売40周年を記念して、今回はこのラジオ番組('80年6月29日放送)の談話を転写・採録することにする。

 番組の中で、阿木燿子は自分の書いた百恵作品を振り返って、“(自分は今までずっと)百恵さんの中にある無垢な少女だけを追いかけてきたんじゃないか”と語っている。それは、百恵自身も同じだったのではないか。「横須賀ストーリー」は、確かに百恵の中にいる“少女”を描いた歌だった。しかし、そこではっきりと対象化してしまったがゆえに、逆に、彼女は“少女”ではいられなくなってしまった。自分の中にいる“少女”を歌い、客観的に見つめることによって、彼女は“青年(≒大人)”へと変わっていったのである。「横須賀ストーリー」以降、山口百恵は様々な歌を歌った。その歌声に滲む憂いや悲しみ、あるいは、苛立ちを思うと、結局のところ、彼女はずっと、自分と“横須賀”の間に横たわる距離について歌っていたのではないかという気もする。横須賀──それは彼女にとって、どんなに返りたくても返ることができない、永遠の“原点”なのではないだろうか。

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

噂の山口百恵



 '80年の芸能界引退後、山口百恵がフリートウッド・マックに加入する話があった……という“噂”。

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 00:10 | TOP↑

≫ EDIT

君が誰かを愛しはじめたとき──山口百恵に捧げる歌 by 宇崎竜童



「“横須賀ストーリー”というタイトルの曲が、私の手元に届けられたのは、十七歳の春だった。
 白いつなぎにリーゼントで“スモーキン・ブギ”を歌っていた、宇崎さん率いるダウンタウンブギウギバンドとは、それまでにも歌番組等で何度か顔を合わせていた。
 言葉を交す機会には、なかなか恵まれなかったのだが、ある時、私のラジオ番組の録音スタジオに宇崎さんが立ち寄った。
 『ドラマ、見てますよいつも。
  いいですねェ』
 つぶやくように、ほんとうにテレくさそうに言って下さった。
 それからしばらくして、私のデビューから約三年続いたラジオ番組が終了する、その最終回の録音の日、地方のコンサートを終えた宇崎さんがスタジオに駆けつけて下さった。
 ギターを一本かかえて、即興で作った歌を歌ってくれた。
 短い歌だった。
 おとなになりかけている少女に、もし恋をしたら、何も出来ないけど俺に話してくれるかい? と問いかけた静かな曲だった。
 ほのぼのと、暖かいものに包まれた思いがした。
 宇崎さんの曲を歌ってみたい──。
 誰かの曲を歌いたいと自分で思ったのも初めてなら、マネージャーやディレクターに、積極的に希望を伝えたりしたのも、この時が初めてだった」

 引退から5年後、'85年に出版された阿木燿子の山口百恵作品集『プレイバック PART III』(新潮社)に寄稿された解説文(あとがき)の中で、主婦の三浦百恵さんは宇崎竜童との出会いをこう振り返っている。“十七歳の春”というのは、'76年春のことである。その年の6月21日、阿木燿子+宇崎竜童の作による初のシングル曲「横須賀ストーリー」が発売され、山口百恵は少女アイドルから脱皮して、大人の歌手への道を歩き始めた。

 この手記の中でも語られている通り、宇崎竜童への作曲依頼は山口百恵本人の希望によるものだった。そのきっかけのひとつとして、百恵は自分のラジオ番組の最終回で宇崎が歌ってくれた即興曲について回想している。10年近く経っても曲の特徴を具体的に記憶しているくらいなので、よほど印象深かったのだろう。“宇崎さんの曲を歌ってみたい”と百恵に思わせた即興曲とは、一体どのようなものだったのか?

 宇崎のこの即興曲についてはこれまでずっと詳細が不明のままだったが、なんとつい先頃、当時のラジオ音源が奇跡的に発掘された。「横須賀ストーリー」前夜の'76年春、宇崎竜童が山口百恵に捧げた幻の名曲が、37年の時を超えて今、蘇る!

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 01:17 | TOP↑

≫ EDIT

週刊 山口百恵──百恵が毎週蘇る~!

MY_DoAhostini1.jpg

 どえらいものが発売されてしまう。毎週毎週ひたすら山口百恵が蘇る分冊百科雑誌『週刊 山口百恵』である。私が百恵のデビュー40周年企画を考えている間に、水面下では早くもこんな凄い企画が進行していたのだ。

 創刊号(特別定価330円)が百恵のレコード・デビュー記念日である5月21日に発売される。更に驚くべきことに、この創刊号には宇崎竜童による百恵用デモテープ音源を収録したCDが付属するという。これはヤバすぎる!! 約8年間にわたる山口百恵の歴史が毎号少しずつ紐解かれ、百恵の“百”に因んだ全100号(!)での完結が予定されている。百恵関係者や著名人のインタヴュー、完全作品ガイド、完全百恵年譜、各種百恵研究、エッセイ、ルポタージュ、復刻記事、未発表写真など盛り沢山の内容で、多角的に山口百恵とその時代に迫っていくそうだ。読者はこの『週刊 山口百恵』を通して、百恵の8年間の現役時代を約2年かけて追体験することになる。創刊号は、百恵の芸能界入りのきっかけとなったオーディション番組〈スター誕生!〉'72年12月決戦大会の特集(都倉俊一のインタヴューも掲載。なんと牧葉ユミのディスク・ガイドまであるらしい。内容詳細はこちらで確認を)。

 これは百恵ファンにとって夢のような雑誌である。山口百恵は大体半年~1年くらいのスパンで蘇っているような気がするが、これからは毎週蘇ることになる。ファンは100号まで買い続けなければならない。金がない上、100冊分の置き場所もない私は一体どうすればいいんだ。助けてくれ~!!!

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 04:07 | TOP↑

≫ EDIT

持ち運び式ミュージアム『完全記録「山口百恵」』



 3月28日、ズシリと重いLPサイズの段ボール箱が私のもとに届けられた。『完全記録「山口百恵」』である。

 山口百恵の未発表写真と芸能活動記録を纏めた豪華書籍。完全受注生産の通販限定商品。価格は送料込みで15,300円。'11年12月5日から'12年2月7日まで予約注文が受け付けられ、3月27日に販売元のソニー・マガジンズから全国の百恵ファンに発送された(商品概要については予約開始時の記事“超豪華本『完全記録「山口百恵」』発売”を参照)。

 背面に“山口百恵”と大きく書かれたLPサイズの白い段ボール箱は、開封前の時点で既にただならぬ気配を漂わせていた。総重量6.5kg。広辞苑(2.5kg)の約2.5倍だと言えば、どれほど重いか想像がつくだろう。棚から頭に落ちてきたら間違いなく人が死ぬ重さである。もはや書籍の次元を超えている。この危険なブツを私は落手からしばらく未開封のまま部屋の片隅に放置していたが、先日、意を決して中を見ることにした。

 オープン・ザ・山口百恵……。段ボール箱を開けると、中から鮮烈な真紅の書籍が現れた。レッド・センセーション! 重さに手こずりながら収納ケースから全3巻を取り出す。ケースと同様、真っ赤な無地の表紙には簡潔に“山口百恵”とだけ書かれ、それぞれに“1”、“2”、“3”と巻番号が振られている。熱いミルクティーを一口すすって気持ちを落ち着けると、私は震える手で第1巻の頁をめくった。

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 21:55 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT