2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Benjamin Clementine──文句はない



 ベンジャミン・クレメンタインの「I Won't Complain」を和訳する。3曲入りデビューEP『Cornerstone』(2013)に「Cornerstone」「London」と共に収録されていた曲。他の2曲と同じく、ピアノの弾き語りによる内省的なバラード。人生の辛さを歌っているが、同時に人生を肯定する歌でもある。

 この世は酷いことだらけだし、人生には多くの苦難があるが、それでも彼は“文句はない(I won't complain)”と言う。ふとした瞬間、この世の素晴らしさを実感することもあるからだ。“人生楽ありゃ苦もあるさ/涙の後には虹も出る”と似たようなことが歌われているが、ベンジャミンの語り口は説教調ではなく、ここでも自問自答、あるいは禅問答のような印象を与える。

 彼の考えとはちょっと違うかもしれないが、プリンスの多くの作品と同様、この歌もまた“生きてるだけで丸儲け”という真理に通じるような気がする。私たちは宝クジで一等に当たるよりも遙かに低い天文学的確率でこの世に生まれてきた。楽しいことも辛いことも、すべてがかけがえのない貴重な体験だ。何があろうと“人生はクソだ”などと言いたくないと思う。この歌は、そのような厭世観に対するベンジャミンなりの反駁ではないだろうか。応援歌でも恨み節でもない、泣き笑いのような彼の歌を聴くうちに、私は“悲しくて美しい世界だ(It's a sad and beautiful world)”というトム・ウェイツのつぶやきを思い出した。

 この歌に関連してベンジャミンはこうも言っている。

「困難な状況を乗り越える一番の方法は、軽く考えることだと常々思う。物事の重大さなんて見方次第だし、文句を言うなんて気儘な無頼者には贅沢なことだよ」(9 May 2016, The Fader)

 「I Won't Complain」は1stアルバム『At Least For Now』(2015)に未収録だったが(デラックス配信版にはボーナス収録。Capitolとの契約に伴ってアメリカ市場向けに代表曲を集めた'15年4月発売のEP『I Dream, I Smile, I Walk, I Cry』にも収録)、'16年5月になってひょっこり音楽ヴィデオが公開された。シュールで美しいモノクロ映像を監督したのは、最新ヴィデオ「Phantom Of Aleppoville」でもベンジャミンと組んだクレイグ・マクディーン&マーシャ・ヴァシュコヴァ。ヴィデオの創作背景について監督2人が語ったインタヴューもあわせて紹介する。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 12:00 | TOP↑

≫ EDIT

Benjamin Clementineの放浪の旅



 新作『I Tell A Fly』('17年9月15日発売予定)を引っ提げ、6月10日にパリから始まったベンジャミン・クレメンタインの〈The Wandering Tour〉がスゴいことになっている。7月8日に彼がバルセロナの音楽フェス〈Cruïlla〉に出演したときの最新映像をYouTubeで見てぶっ飛んだ。怪人? 怪物? エイリアン? イギリスからフランス経由で現れた裸足の吟遊詩人は、今、とてつもない何かに姿を変えつつある。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 10:20 | TOP↑

≫ EDIT

Benjamin Clementine、'17年9月に新作リリース



 ひと月前('17年5月30日)に久々の新曲「Phantom Of Aleppoville」を発表したベンジャミン・クレメンタインが、『At Least For Now』(2015)に続く2ndアルバム『I Tell A Fly』を'17年9月15日に発表することを明らかにした。新作発表が告知された6月26日には、昨年10月の強制撤去混乱が続くフランス北部の港町カレーの難民キャンプ──通称“ジャングル”──を題材にした新曲「God Save The Jungle(神よジャングルを護り賜え)」も発売された。これら2つの先行曲を聴く限り、新作は世相を反映しつつ、前作以上に演劇色を強めた実験的な内容になりそうだ。

 The Fader誌の6月26日付けウェブ記事に、ベンジャミンの最新インタヴューが掲載されている。2つの新曲と新アルバムについて語っているので、今回はそのコメントを紹介したい。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 04:00 | TOP↑

≫ EDIT

Benjamin Clementine──アレッポヴィルの怪人



 '17年1月、ドナルド・トランプを皮肉ったゴリラズの新曲「Hallelujah Money」に客演し、改めて強烈な印象を与えたイギリスの奇才、ベンジャミン・クレメンタイン。その彼が、'17年5月30日、'15年初頭の1stアルバム以来、2年半ぶりとなる新曲「Phantom Of Aleppoville」を発表した。

 6分半に及ぶ大作「Phantom Of Aleppoville」は、全く趣きの異なる複数のパートから成る組曲風の風変わりなチェンバー・ポップ・ナンバー。複数のキャラクターを歌い分ける一人オペラ状態の演劇的な作風は、劇中劇のように途中で全くの別曲が挿入される「Adios」(2014)や、トランプもどきに扮した「Hallelujah Money」にも通じるが、「Phantom〜」は構成や展開がより大胆で、これまでの彼の作品の中で最も意外性に満ちた怪作になっている。

 “いじめ”を題材にしたこの曲は、幼い子供たちとマント姿のベンジャミンが登場する幻想的な音楽ヴィデオと共に公開された。ベンジャミン扮する“アレッポヴィルの怪人”の正体とは?

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:30 | TOP↑

≫ EDIT

Masego──母に捧げるバラード



 '16年S.A.D.E.大賞受賞者のマセーゴ。最近発表された彼の2つの新曲が素晴らしいので紹介しておきたい。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 13:30 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT