2007 10123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

≫ EDIT

Dorothy Dandridge (part 1)

DD1.jpg

 アメリカのアカデミー賞で、黒人として初めて最優秀主演賞にノミネートされた男優は誰か?

 答えは、シドニー・ポワチエ(『手錠のまゝの脱獄』1958)。これは知らなくても割と容易に察しがつくだろう。それから間もなく、彼は『野のユリ』(1963)で黒人初の最優秀主演賞受賞者にもなった。

 さて一方、黒人として初めて最優秀主演賞にノミネートされた女優は誰か?

 それが、このドロシー・ダンドリッジである。ポワチエがノミネートされる4年前、主演作『カルメン』(1954)での演技が評価されてのことである。しかし、彼女は遂に受賞を果たすことはできなかった。

 では、最優秀主演賞を実際に受賞した初の黒人女優は誰だろう?
 答えは後述することにしたい。


 ドロシー・ダンドリッジ(1922~65)は、“黒いマリリン・モンロー”とも言われた、黒人初の国民的ハリウッド・スター女優。ポワチエほど多くの功績こそ残さなかったが、白人支配のアカデミー賞で黒人として初めて主演賞に手をかけ、来るべき新時代への大きな一歩を踏み出したのが彼女だったことは、人々の記憶に永遠に留められるべき重要な事実だ。'54年と言えば、『波止場』『喝采』『麗しのサブリナ』『スタア誕生』『裏窓』などが公開され、映画がまだ娯楽の王様として君臨していた時代。そこで、助演ではなく、主演女優賞(つまり、女王)候補として黒人がエントリーされることがいかに大事件だったかは、当時のアメリカの社会状況を考えれば容易に想像がつく。

 公立学校における人種隔離が最高裁で違憲とされた“ブラウン判決”('54年)、バス座席の人種隔離に抗議したアラバマ州の“モンゴメリー・バス・ボイコット事件”('55年)、人種共学を巡って知事と連邦政府が対立したアーカンソー州の“リトルロック高校事件”('57年)、簡易食堂の白人専用席で黒人学生らが座り込みをしたノース・カロライナ州グリーンズボロの“コーヒー・パーティ事件”('60年)、黒人白人が共にバスで南部を巡り、公共施設での差別に挑んだ“フリーダム・ライド運動”('61年)、そして、20万人以上が参加した黒人解放運動の頂点“ワシントン大行進”('63年)。ドロシー・ダンドリッジのアカデミー主演女優賞ノミネートは、こうした一連の公民権運動激化の流れにおいて、その初っ端に起きた、非常に画期的かつ象徴的な出来事として振り返ることができるのである。

 女優としてのキャリアが有名なダンドリッジだが、しかし、彼女は同時に歌手でもあった。そして、写真を見ても分かる通り、抜群の美人である。
 歌うブラック・ビューティ、黒いセックス・シンボルの偉大な先人としてだけでも、彼女をシャーデーの源流として取り上げる価値は十分だが、ダンドリッジをここで紹介する理由はそれだけではない。実は彼女、シャーデーと同じく「Smooth Operator」というとんでもない曲を歌っているのである。

≫ Read More

| Diva Legends | 02:30 | TOP↑

≫ EDIT

激写! '07年最新シャーデー in NYC

NYC 2007.jpg

 ニューヨークで新譜をレコーディング中……らしい!と噂されているシャーデー。
 '07年8月、マンハッタン某所のカフェにいるアデュの最新写真がネット上に流れた。写真の出所は、New York Magazine誌サイト内の芸能速報〈Vulture〉8月21日付けの記事。読者からのタレコミ情報という形で紹介されている。

 トレードマークの引っ詰め髪、広いおでこ、デカいフープ・イヤリング……一応サングラスをかけてはいるが、どこからどう見てもシャーデー・アデュ。彼女レベルの有名人が白昼のカフェで普通に座っていられるのも、ニューヨークの街ならではという感じ。微妙に肉付きが良くなっている気もするが、それにしても、この変わらなさは一体……。

| Sade News | 00:46 | TOP↑

≫ EDIT

憎みきれない女たらし

Sade_Operator.jpg

 '84年9月発売の3枚目のシングル曲「Smooth Operator」。『DIAMOND LIFE』(1984)冒頭に収録された初期シャーデーを代表する作品。そのアルバム名はこの歌詞の冒頭の一節から取られた。実はこの曲自体もともと「Diamond Life」というタイトルだったが、発売までに「Smooth Operator」と改題されている。最も有名なシャーデー楽曲のひとつであるだけでなく、初期の彼らの特徴が分かりやすく表れている点でも、この曲はシャーデー屈指の代表曲に数えられる。

 ラテン調のリズムに、煙草で煙った安酒場を想起させずにはおかない物憂げなお色気サックス。どこまでもクサい哀愁のメロディ。それを歌うボサノヴァ風のヘタウマ脱力ヴォーカル。かつての日本のムード歌謡にも通じるこの曲のフックは、歌詞に耳を傾けるとより明快になる。

≫ Read More

| Songs | 00:19 | TOP↑

≫ EDIT

Introduction

band1984
(L to R) Stuart Matthewman, Sade Adu, Andrew Hale, Paul S Denman

 イギリス出身の4人組バンド、シャーデー。
 カテゴリー的にはR&B/UKソウルに収まるが、彼らが生み出すオーセンティックなソウル・ミュージックは、世界中の幅広い層から長く愛され続けている。

 紅一点のヴォーカリスト、シャーデー・アデュを中心に結成され、'84年にレコード・デビュー。リズム&ブルース、ソウル、ファンク、ジャズ、ラテンなどをブレンドしたスムーズなサウンドと、シャーデー・アデュの個性的なキャラクターが注目され、イギリス、日本に次いでアメリカでも成功。'80年代後半には“クワイエット・ストーム”ブームの追い風も受け、世界的ビッグ・ネームとしての地位を確立した。

 メンバーは以下の不動の4人。
 
 シャーデー・アデュ Sade Adu(Vocals)
 スチュアート・マシューマン Stuart Matthewman(Sax, Guitar)
 ポール・スペンサー・デンマン Paul Spencer Denman(Bass)
 アンドリュー・ヘイル Andrew Hale(Keyboards)
 
 シャーデーというバンドは、フロントであるシャーデー・アデュの個性──エキゾチックな美貌、ハスキーでソウルフルなヴォーカル──にその魅力の多くを負っている。バンド名は、ナイジェリア人の父とイギリス人の母を持つ彼女の本名、ヘレン・フォラシャーデー・アデュ Helen Folasade Adu から取られた。リード・ヴォーカリストの名前がそのままバンド名という点では、ドイツのネーナ(「ロックバルーンは99」)や、デビュー時のPJ・ハーヴェイ、あるいはボン・ジョヴィなどと同じパターンである。

 ソロ・アーティストと思われがちなシャーデーという名称は、実はバンド名である、というのは彼らを紹介する際によく言われることだが、シャーデーはバンドであり、同時にやはりそのヴォーカリストのことでもある。シャーデーは“彼ら”であり、“彼女”でもあるのだ。シャーデー・アデュ抜きに、シャーデーというバンドが存在することは決してない。

albums

 '07年現在、デビューから20年以上経つシャーデー。彼らはその間にオリジナル・スタジオ・アルバムをたったの5枚しか発表していない。

 『DIAMOND LIFE』(1984)
 『PROMISE』(1985)
 『STRONGER THAN PRIDE』(1988)
 『LOVE DELUXE』(1992)
 『LOVERS ROCK』(2000)
 
 最初の2作は当時もてはやされたジャジー・ポップ的傾向が強いが、セルフ・プロデュースによる'88年の3作目『STRONGER THAN PRIDE』からジャズ色は影を潜め、シンプルで洗練された独自の“シャーデー・サウンド”とも言うべきものを聴かせるようになった。彼らのアルバムとしては他に、ベスト盤『THE BEST OF SADE』(1994)、ライヴ盤『LOVERS LIVE』(2002)がある。
 また、アデュを除くメンバー3名は、シャーデーとしての活動休止期間中、スウィートバックというユニットで2枚のアルバム、『SWEETBACK』(1996)、『STAGE [2] 』(2004)も発表している。
 
 シャーデーの活動の極端なスロー・ペースは、私生活を重んじるシャーデー・アデュのライフ・スタイルに原因がある。活動休止中の彼女は全くメディアにも登場せず、何をやっているのかさっぱり分からない。彼女のマイ・ペースな自然体指向は、そのままシャーデーのインティメイトな作品世界にも反映されている。

≫ Read More

| Blog Information | 01:20 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月