2010 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 06

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

The Incomparable LENA HORNE



 彼女が30歳の時、デューク・エリントンはその美しさを“満開のバラの花”と喩えた。50歳になってもなお若々しい彼女を見て、エリントンはこう言ったという──“バラのつぼみのようだ”。(*1)

≫ Read More

| Diva Legends | 21:47 | TOP↑

≫ EDIT

Savion Glover @ Cotton Club 2010

Savion_Cotton_Club.jpg

 セヴィアン・グローヴァーの来日公演を観た。
 
 グレゴリー・ハインズに次ぐ'90年代以降のタップ界の最大のスター・ダンサー。一度、古典芸能の座に失墜したタップ・ダンスを、ヒップホップの時代に、ラップのように饒舌なステップ、ブレイクビーツのように重いビート感、超絶ターンテーブリストのような圧倒的テクニックで、再び熱いストリート・ダンスとして蘇生させた“タップの救世主”とも言うべき存在である。
 
 今回はジャズ・コンボを率いての来日。“Tap on Jazz”と題されたショウで、ジャズ演奏に合わせて彼がひたすら鬼のようにタップを踏みまくる。ジャズという極めて自由度の高い黒人音楽の中で、タップの現在、過去、未来が交錯するかのような、まさに圧巻のステージだった。

≫ Read More

| Dance to Jazz and All That Jazz | 05:46 | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月