2010 051234567891011121314151617181920212223242526272829302010 07

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

夜のヒットスタジオ──特集サヨナラ山口百恵 (part 2)



 '10年6月30日に発売される6枚組DVDボックス『山口百恵 in 夜のヒットスタジオ』。その大きな目玉のひとつでもある、伝説の最終出演回「特集サヨナラ山口百恵」('80年10月6日放送)をプレイバックする記事、Part 2である。

 Part 1では、番組の前半までを鑑賞した。'73年のデビュー時から出演し続けた〈夜のヒットスタジオ〉で、百恵が過ごす最後のひととき──しんみりしたムードが漂うスタジオは、番組後半でいよいよ大きな惜別感に包まれていく。

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

夜のヒットスタジオ──特集サヨナラ山口百恵 (part 1)



 '10年6月30日に発売される6枚組DVDボックス『山口百恵 in 夜のヒットスタジオ』。
 このDVDボックスの概要や、〈夜のヒットスタジオ〉という番組がいかにとんでもなく素晴らしかったか、ということについては、前回、発売のニュースが報じられた時に簡単に書いた。今回は、発売日を目前にして気合いを入れるべく、『山口百恵 in 夜のヒットスタジオ』の大きな目玉のひとつでもある「特集サヨナラ山口百恵」について書くことにしたい。

 「特集サヨナラ山口百恵」は、百恵の〈夜のヒットスタジオ〉最終出演回。歌手やグループが引退、もしくは解散する際、この番組では、仕事仲間らがスタジオに大勢集まり、盛大な“送別会”を催すのがひとつの慣例になっていた。このサヨナラ企画は、ザ・ピーナッツ('75年3月31日)に始まり、南沙織('78年9月25日)、ピンク・レディー('81年3月30日)、石野真子('81年8月31日)など、多くの歌手やグループの引退・解散時に組まれている。中でも最も有名なのが、'80年10月6日に放送された、この「特集サヨナラ山口百恵」である。いつもの1時間の生放送枠が、丸ごと一人の歌手のお別れのために費やされた点でもこの回は特別だった(通常は番組終盤にサヨナラ企画用の特別枠が設けられる)。

 この〈夜ヒット〉最終出演の前日、10月5日(日)の夜に、百恵は日本武道館で引退公演を行っている(最後に白いマイクをステージに置いて去る有名な公演。当日、TBSで生中継された)。そこで彼女は、引退を惜しむ聴衆を一人残らず黙らせ、歌手・山口百恵を自ら抹殺するかのような壮絶なパフォーマンスを見せた。百恵の実質的な引退の日は、その武道館公演の10月5日なのだが、彼女の芸能活動のスケジュールは、その後、10月15日のホリプロ創立20周年パーティーまで組まれていた。
 現役最後の10日間、百恵は各テレビ局の引退特番(*1)に出演し、繰り返し視聴者や仕事仲間たちにお別れをした。時間の経過に伴い、その様子は非常に爽やかでさばさばとしたものに変わっていく。これは、彼女を送り出す共演の仕事仲間たちも同じである。いくらお別れとはいえ、そう何度も何度も感極まってはいられないからだ。

 そうした百恵のサヨナラ期間にあって、10月6日の「特集サヨナラ山口百恵」は、前日の武道館公演の余韻を引きずり、感傷的なお別れムードが強く漂っている点で、他の百恵の引退特番と大きく異なる。共演者たちの中には前日の武道館に足を運んだ人間も少なくなく、仕事仲間たちが集結した盛大な百恵引退公演の二次会のような趣もある。そこには、山口百恵の引退時の惜別感が、実に生々しく捉えられているのである。

 ここでは、名作「特集サヨナラ山口百恵」を、当時の録画テープでじっくりプレイバックしていく(完全なネタバレになるので、DVDボックス購入予定者は読まない方がいいかもしれない)。見所は大きく2つ──引退公演直後の百恵の虚脱感、そして、百恵の感情を再びマックスに持っていく〈夜ヒット〉の鬼の演出力である。山口百恵の引退が、当時いかに大きなイベントであったかを伝えるドキュメントとしても秀逸だ。

 では、30年前の'80年10月6日、月曜夜10時へプレイバック!

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 22:03 | TOP↑

≫ EDIT

Babyfather [video]


BABYFATHER (2010)
Directed: Sophie Muller

 『SOLDIER OF LOVE』からの第二弾ヴィデオ。「Babyfather」は、未婚の父母と子供の絆をテーマにしたシャーデー・アデュの私小説的な歌。同アルバムからの第一弾シングル「Soldier Of Love」とは正反対のピースフルな作品で、ヴィデオも同様のムードに包まれている。

 監督はいつもの通りソフィ・ミュラー。撮影は'10年4月、ロサンゼルスで行われたようだ。完成したヴィデオは、'10年5月4日からiTunesにて2日間の独占先行で公開された。

≫ Read More

| Music Videos | 02:08 | TOP↑

≫ EDIT

Janelle Monae──ジャネルの快適タキシード生活

Janelle11.jpg
ワンダランド・アーツ・ソサエティの皆さん(暑くてもタキシード着用)

 非常にキャラ立ちのいいジャネル・モネイ嬢だが、彼女を個性的にしているのは、まず何と言ってもそのファッションである。

 彼女とその仲間たちは、常にタキシードに身を包んでいる。ステージやヴィデオのみならず、彼らは日常的にタキシード(もしくは、それに似たモノトーンの服)を着ているらしく、そのこだわりは徹底している。彼らにとってタキシードはユニフォームであり、完全に生活の一部なのである。

 常に白黒の服を着る理由について、ジャネルは次のように説明する。

「私の母は掃除婦、父はゴミ収集車の運転手だった。義父は今でも郵便局で働いている。私は、毎日ユニフォームを着て働く厳しい労働者階級の出身なの。白黒のユニフォームを着ることで、私はそういう生産的な営みをしている人たちに敬意を払っているの」(19 May 2010, 106 & Park, BET)

 一方、彼女はこんなことも言っている。
 
「自分というものに捕らわれ過ぎないようにしている。自分自身を大切にすることと、無私的であることの間でバランスをとりたいの」(29 June 2009, papermag.com)

 彼女は“バランス”という言葉を好んで使う。彼女にとって白黒のミニマルな服は、様々なペルソナを演じるための素地であり、同時に、ペルソナから自分を守り、精神的なバランスを保つための重要なアイテムであるようだ。タキシードで生活し続ける女として、彼女はギネスブックに載る野心も持っている。

「入浴もタキシード。泳ぐ時もタキシード。埋葬される時だってそうよ。タキシードは本当に定番の格好だし、とても品がある。私はタキシード生活が好きなの。着てると落ち着く(バランスが保てる)のよ。私は自分をキャンバスと捉えている。たくさんの色で溢れ返ってゴチャゴチャになるのはイヤだし、そうなると気が変になるわ。私がやってるのは実験なのよ。これでギネスブックに載りたいものだわね」(14 April 2010, honeymag.com)

Janelle12.jpg

 以上がジャネル本人によって語られているタキシードを着る主な理由である。
 
 しかし、このファッションには他にも色々と意味が含まれているように思う。作業着でもなく、軍服でもなく、民族衣装でもない。この世にいくらでもユニフォームにできる服がある中で、なぜタキシードなのか。“ユニフォームを着る労働者階級へのオマージュ”という説明からは見えてこない、彼女のアーティストとしての出自を解く鍵がそこにあるのではないか。

 ここでは、タキシード、あるいは、それに似た白黒の服装の人物像を拾い集めていくことで、カンザス・シティでもメトロポリスでもない、ジャネル・モネイというアーティストの“出身地”、そして、彼女が歴史的に背負っているイメージなどを読み解いてみたいと思う。

≫ Read More

| Diva Legends | 00:23 | TOP↑

≫ EDIT

Janelle Monae──はじめまして、ジャネル・モネイです

Janelle01.jpg

 ジャネル・モネイが面白い。
 
 モノトーンのタキシードに身を包み、でっかいポンパドール頭、小っちゃい身体で、ジェイムズ・ブラウンのように歌って踊る女の子。バリバリのソウル・シスターかと思いきや、アルバムではコンセプチュアルなフューチャー・ポップ路線を打ち出していて、やけにアート志向が強かったりする。アルバム・コンセプトと連動したヴィデオ作品も、ファンキーかつ非常にインテレクチュアルで、実に不思議な魅力を持っている。女JB? 黒いレディー・ガガ? 彼女は一体何者なのか。

 '10年5月18日、ジャネル・モネイは'07年のEPに続くフル・アルバム『THE ARCHANDROID(直訳:大アンドロイド)』を発表し、本格的なデビューを果たした。2719年のメトロポリスからやって来たというジャネル嬢。何やら奇天烈でキワモノっぽい雰囲気も漂うが、パッチリお目々の丸っこい顔立ちは、よく見るとやけに可愛かったりもする(これ重要)。とにかく彼女の一挙一動から目が離せない。いま、私は完全に“ジャネル萌えー!”なのである。

≫ Read More

| Diva Legends | 01:40 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月