2012 051234567891011121314151617181920212223242526272829302012 07

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

≫ EDIT

Hamdan Al-Abri──中東より魂(ソウル)をこめて



 シャーデーの'11年ツアーを通して私はいくつかの素晴らしいアーティストに巡り会った。中でも最大の収穫のひとつだったのが、このハムダン・アル・アブリである。アラブ首長国連邦のドバイを拠点に活動するネオ・ソウル歌手。同連邦のアブダビで行われたシャーデーの世界ツアー最終公演('11年12月16日)の前座はこの男が務めた。

 シャーデーの前座に起用されるまで、私はハムダン・アル・アブリの存在をまるで知らなかった。何と言っても、アラブ首長国連邦である。私はさすがにペルシャ湾岸の音楽シーンにまで気を配るほどの好事家ではない。シャーデーの前座が彼だと知り、どんな奴なのかと思ってネットで調べること小一時間……次から次へと感動が襲い、私はあっという間にハムダン・アル・アブリの大ファンになってしまった。衝撃の出会いから半年経った現在も、彼の作品は私の生活のサウンドトラックの一部であり続けている。

 まず、“中東”という地域に対するある種の偏見は捨てるべきである。彼の作品は欧米アーティストのそれと比較しても何の遜色もない。単純に作品だけを耳にすれば、ほとんどの人が彼を欧米の歌手だと思うだろう(歌唱はすべて英語)。彼の音楽は決して“中東”という地域性を売りにしたものではないし、欧米のポピュラー音楽の基準から見ても、彼は明らかに優れたアーティストだと思う。地理的にはあまり馴染みがないが、彼のやっている音楽は私たちの心にもストレートに響く普遍的なものだ。さあ、君も中東の熱いソウルをキャッチしよう!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 02:25 | TOP↑

≫ EDIT

Times Neue Roman - Sade Is In My Tape Deck

SIIMTD.jpg
Times Neue Roman - SADE IS IN MY TAPE DECK
Digital: Honest Music, 21 February 2012

Sade Is In My Tape Deck

Written: Robert Bolton, Alexander Punzalan Junior
Produced: Alexander The
Musicians: Arowbe (vocals), Dave Mergins (saxophone), Ian Riddoch (additional drums), Alexander Punzalan Junior (all other instruments)



 DJスピナ『BEST OF SADE MIX』(2009)、ドループ・E『BLVCK DIAMOND LIFE』(2010)に続く『DIAMOND LIFE』ネタのジャケ。ここまで来ると、もう何が何だか……(笑)。しかし、このいい加減なジャケでスルーしてはいけない。これが実は大当たりなのだ。シャーデーが足りていないそこのあなたは、今すぐこの曲を聴くべきである。

≫ Read More

| Sade Covers/Mixes | 01:56 | TOP↑

≫ EDIT

Droop-E - BLVCK Diamond Life

BDL_front.jpg
Droop-E - BLVCK DIAMOND LIFE
Digital: Sick Wid It Records, September 2010

BLVCK Diamond (Intro) [ft. Matt Blaque and Laroo] (samples "Sally" from Diamond Life) / Like A Tatoo (samples "Like A Tatoo" from Love Deluxe) / I'm Loaded [ft. E-40] (samples "War Of The Hearts" from Promise) / Cherish The Bay [ft. Ya Boy and J. Valentine] (samples "Cherish The Day" from Love Deluxe) / High In The Sky (Instrumental) (samples "Smooth Operator" from Diamond Life) / Sade Interview / Hungry [ft. 1st Place and Work Dirty] (samples "When Am I Going To Make A Living" from Diamond Life) / Dreams (samples "I Will Be Your Friend" from Diamond Life)

Produced: Droop-E, except "Hungry" by Kristo and Droop-E
Additional bass on "BLVCK Diamond" and "Dreams" by Justin Copes



 ベイエリアのベテラン・ラッパー、E-40の息子であるドループ・Eが発表した全編シャーデー・ネタのEP。ストリート・ファッション・ブランド、BLVCK SCALEとDiamond Supply Co.とのコラボ企画で制作され、'10年9月にドループ・Eのサイトで無料配信された('12年6月現在もダウンロード可)。ジャケはDJスピナ『BEST OF SADE MIX』(2009)に続く『DIAMOND LIFE』ネタ。この時点で合格である(笑)。

≫ Read More

| Sade Covers/Mixes | 02:32 | TOP↑

≫ EDIT

Bring Me Home | Live 2011 - Extras



 シャーデーのライヴ映像作品『BRING ME HOME | LIVE 2011』には、特典映像として3種類の舞台裏ドキュメンタリーが収録されている。個人的に本編のコンサート映像以上に興奮してしまったのが、その中で最大の目玉と言うべき「How Do You Say Thank You?」だった。他では全く見ることのできない'11年ツアーの舞台裏やオフステージのシャーデーの姿がぎっしり詰まった最高のロード・ムービー。最初から最後まで、とにかく驚きと感動の連続である。

 本編映像を鑑賞した前回に続いて、今回はこの「How Do You Say Thank You?」を中心に、『BRING ME HOME』の3つの特典映像について書きたい。

≫ Read More

| VHS/DVDs | 03:50 | TOP↑

≫ EDIT

Bring Me Home | Live 2011


BRING ME HOME | LIVE 2011
DVD+CD: Epic 88691977329, 22 May 2012 (US)
BD: Epic 88691977369, 22 May 2012 (US)


DVD/BD: Soldier Of Love / Your Love Is King / Skin / Kiss Of Life / Love Is Found / In Another Time / Smooth Operator / Jezebel / Bring Me Home / Is It A Crime / Love Is Stronger Than Pride / All About Our Love / Paradise / Nothing Can Come Between Us / Morning Bird / King Of Sorrow / The Sweetest Taboo / The Moon And The Sky / Pearls / No Ordinary Love / By Your Side / Cherish The Day | Extras - How Do You Say Thank You? / In The Trenches / 3 Seconds

CD: Soldier Of Love / Skin / Kiss Of Life / Love Is Found / In Another Time / Jezebel / All About Our Love / Paradise - Nothing Can Come Between Us / Morning Bird / The Moon And The Sky / No Ordinary Love / By Your Side / Cherish The Day

Directed: Sophie Muller
Film produced: Grant Jue, Roger Davis, Sophie Muller
DVD audio mix engineer: Mike Pela
Mastering: Mazen Murad at Metropolis
Director of photography: Steven Chivers
Colourist: Tom Russel for Prime Focus
Editors: Sophie Muller, Sade Adu, Steve Rees
Head of post effects: Ross McDowell
Package design: Jeri Heiden for Smog Design Inc.



 '11年4月29日~12月16日に世界中で全106公演を行ったシャーデーの10年ぶりのコンサート・ツアーを記録したライヴ映像作品。彼らにとって『SADE LIVE』(1994)、『LOVERS LIVE』(2002)に続く3本目のライヴ映像作品になる。コンサートの22曲を全て収録したDVD+14曲を抜粋したCDの2枚組セットと、CDが付属しないブルーレイ版の2種類が発売された。北米では'12年5月22日、その他の地域では6月11日発売(日本盤は6月13日発売。ブルーレイ版は発売なし)。

 北米版のDVD(リージョン0)+CDセットは、スリップケース付きのトールケース大デジパック仕様。オンステージ/オフステージの写真、クレジット、アデュの謝辞が掲載された10ページの美麗なブックレット(127mm×178mm)が封入されている。映像には、コンサート本編、特典の舞台裏ドキュメンタリー共に、歌詞部分を除いて7カ国語(英、仏、伊、葡、独、波)の字幕が付く。私はBDプレイヤーを持っていないのでDVD+CD版を購入したが、再生環境のある人は、照明や舞台美術の美しさがより精細・鮮明に再現される北米発売のBD版を迷わず購入するべきである(そこそこの英語力さえあれば、MCや会話部分も英語字幕を頼りに十分理解できるだろう)。

 監督は、コンサートの演出(舞台監督)も務めたシャーデーの長年の盟友、ソフィ・ミュラー。ミックスもいつも通りマイク・ペラが手掛けている。実際にショウを観た人も、観られなかった人も必見の作品であることは言うまでもない。ファンにとってまたひとつ大きな宝物が増えた。

≫ Read More

| VHS/DVDs | 04:10 | TOP↑

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月