2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

≫ EDIT

Janelle Monae: The ArchAndrogyne File



Dear reader:

As I wrote in the liner notes of The Electric Lady, Janelle Monae is no longer here at the Palace of the Dogs Arts Asylum. This is a follow-up report on the mysterious disappearance of Ms. Monae.

This morning when one of our nurses was preparing a room that had belonged to Ms. Monae for a new patient (the room had been kept as it was since the disappearance), she found an interesting thing there. When she took off a huge poster of Colonel Sanders from the wall (Ms. Monae had a great interest in him and had his poster on the wall. She didn't let nobody touch it), there appeared a pit. You might imagine that Ms. Monae escaped through it just like Tim Robbins, but it's imposible. Because the pit has a depth of only 5 inches, and it's rather like a hidden safe behind a picture frame (which can be seen in movies like Le Cercle Rouge). In this square pit assumably dug by Ms. Monae, there was a scrapbook.

The secret scrapbook entitled "The ArchAndrogyne File" is a collection of portraits of various persons mostly from the 20th century, which is all quite bewildering, given the fact that not only their sexual identity is so ambiguous but also it reveals that many androgynes like them have existed in the history. On its cover, you see two sentences written as follows:

YOU'VE GOT YOUR MOTHER IN A WHIRL
SHE'S NOT SURE IF YOU'RE A BOY OR A GIRL

You can imagine my amazement when I read these words.

I do know, or rather strongly believe, that in this file one can find a key to the mysteries of Janelle Monae, or Cindy Mayweather - where she came from, what got her into trouble, what she is fighting for...etc etc etc. So after careful thought, I have decided to release this file ASAWP (As Soon As Wondafully Possible) in accordance with the Inspiration Information Act, as usual.

Her enthusiasm and devotion to Colonel Sanders aside, is Janelle Monae queer? Is she a direct descendant of those androgynes? Is there truly a world called Metropolis waiting in the future? A world full of clones of Colonel Sanders? Alien vs. Predator? Does Cindy Mayweather dream of electric chicken?

And most importantly, if Janelle Monae is the ArchAndrogyne...will she tour in Japan this time?

One can only hope....

Sincerely,
Max Stellings
Vice Chancellor
The Palace of the Dogs Arts Asylum
September 30, 2013

≫ Read More

| Diva Legends | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #34

≫ Read More

| Image Association Game | 01:45 | TOP↑

≫ EDIT

Janelle Monae──メトロポリス組曲 第4&5楽章 概説

Janelle_suites4-5.jpg

 ジャネル・モネイの新譜『THE ELECTRIC LADY』('13年9月10日発売/日本盤9月18日発売)のブックレットに掲載されているテキストの全訳をお届けする。

 ジャネルの作品は、人間に恋をしたアンドロイド少女=シンディ・メイウェザーの逃避行と戦いを描いた組曲形式の連作になっている。第1楽章『METROPOLIS SUITE I OF IV: THE CHASE』(2007)、第2〜3楽章『THE ARCHANDROID』(2010)のブックレットには、一連の物語の概説となる解説文が添付されていた。これは、第4〜5楽章となる最新作『THE ELECTRIC LADY』においても同様である。これらの概説テキストは、彼女の音楽/映像作品を理解する上で重要な手引きとなるものであり、これを読まなければ文字通りお話にならない。

 『THE ELECTRIC LADY』の概説は、前作同様、パレス・オブ・ザ・ドッグズ(犬の館)という精神病院風の特別施設──ヴィデオ「Tightrope」の舞台にもなっていた──の副院長による手記という形をとっている。ジャネル・モネイという人間のDNAから造られたアンドロイド=シンディ・メイウェザーが28世紀で奮闘する一方、モネイ嬢はタイム・トンネルで28世紀から21世紀の現代へ強制的に飛ばされ、犬の館に患者として収容……というのが前回までの流れだ。『THE ELECTRIC LADY』の物語について、ジャネルはインタヴューで以下のような説明もしている。

「これはシンディ・メイウェザーが大アンドロイド(アークアンドロイド)になる前の物語。彼女が社会からどう思われたか、彼女は何を思ったのか、彼女はなぜ災難に見舞われたのか、組織はなぜ彼女を隠蔽したがったのかについて語られてる」(13 September 2013, The Charlotte Observer)

 尚、これまで4楽章で完結すると予告されていたジャネルのメトロポリス組曲(デビューEPのタイトル、および、ジャケット右下の記号を参照)は、最新作『THE ELECTRIC LADY』へ来て、7楽章完結に変更となった。これは、時空を超えたシンディ・メイウェザーの戦い──それは私たちをも巻き込み始めている──によって、未来が常に変化していることを示しているだろう。

 ようやく国内盤の発売が実現し、正式に日本に紹介され始めたジャネ〜ル・モネイ。あとは初来日公演の決定を待つのみである。祈るしかない……。

≫ Read More

| Diva Legends | 22:20 | TOP↑

≫ EDIT

Janelle Monae──ドロシー・ダンドリッジの瞳



 ジャネル・モネイの3年ぶりとなる新譜『THE ELECTRIC LADY』('13年9月10日発売/日本盤9月18日発売)にめでたく収録された「Dorothy Dandridge Eyes」。これはジャネルが'12年6月にトロント・ジャズ・フェスティヴァルに出演した際に初披露した2曲の新曲のうちのひとつで(もう1曲はアルバム表題曲となった「Electric Lady」)、ファンにとっては待望のスタジオ録音版の発表ということになる。

 歴史を注意深く見つめ、過去の偉大なアーティストたちをリスペクトしてやまないジャネルがドロシー・ダンドリッジに言及すること自体は意外でも何でもなかったが、実際のところ、彼女はダンドリッジ──しかも、あの瞳──のことをどう歌っているのか? 私はこの曲がずっと気になっていた。そして、アルバムのトラックリストが公開され、これがエスペランザ・スポルディングとの共演曲だと分かった時の驚きと感動。絶対に素晴らしい曲に違いない。2人がダンドリッジを歌った曲が素晴らしくないはずがないのだ。

 アルバム発売後、私が真っ先にやろうと思っていたのは、この「Dorothy Dandridge Eyes」の歌詞を和訳することだった。とにかく、まずはこの曲について書きたい。

≫ Read More

| Diva Legends | 04:50 | TOP↑

≫ EDIT

ジョージ・マクフライ vs ビフ・タネン



 君の将来はまだ白紙だ。誰のだってそうだ。
 未来は自分で作るのだ。君らもいい未来を作りたまえ。

 ──エメット・ブラウン

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 02:10 | TOP↑

≫ EDIT

未来はすでに始まっている



 The future has already begun (Die zukunft hat schon begonnen)
 - Robert Jungk


ジャネル・モネイ関連記事◆目録

Janelle Monae──はじめまして、ジャネル・モネイです│2010.06.09
Janelle Monae──ジャネルの快適タキシード生活│2010.06.12
Janelle Monae──メトロポリス組曲 第1楽章 概説│2011.02.15
Janelle Monae──メトロポリス組曲 第2&3楽章 概説│2011.02.16
Janelle Monae お前は誰だ?│2013.05.06
Janelle Monae──ドロシー・ダンドリッジの瞳│2013.09.14
Janelle Monae──メトロポリス組曲 第4&5楽章 概説│2013.09.17
Janelle Monae: The ArchAndrogyne File│2013.09.30
Janelle Monae──ジャネルはSimply Irresistible│2014.03.09

シャーデー、アリシア・キーズと共演!│2010.10.04
Lil Buck──メンフィスの踊る黒鳥│2012.09.19
The Weeknd──未来世紀トーキョー│2013.07.29
Life is a Carnival!──ゴルチエ2014年春夏コレクション│2013.10.30
ジェフ・ミルズの時間旅行│2014.02.28
Paloma Faith──やってられないわ│2014.04.23
Chloe x Halle──響│2016.04.15

Dorothy Dandridge (part 1)│2007.10.27
Dorothy Dandridge (part 2)│2007.11.09
Dorothy Dandridge (part 3)│2007.11.23

■より深くジャネル・ワールドを探索したい人はこちら。Happy hunting!
キープ・クール・フール:【目次】ジャネル・モネイ Janelle Monae

| Janelle Monae Index | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #33

≫ Read More

| Image Association Game | 23:34 | TOP↑

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月