2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

≫ EDIT

ジェフ・ミルズの時間旅行



 クレイジーホース・パリの映画『ファイア by ルブタン』を紹介したついでに、同じパリの老舗キャバレー、ムーラン・ルージュ関連の話題をひとつ。と言っても、本店のショウの話ではなく、ムーラン・ルージュが併営するクラブ、ラ・マシン・デュ・ムーラン・ルージュでジェフ・ミルズが'14年1月31日に行った〈Time Tunnel〉というショウの話である。そこで彼がまさかの大ネタをプレイしているのだ。

≫ Read More

| Dance to Jazz and All That Jazz | 08:30 | TOP↑

≫ EDIT

クレイジーホース・パリ映像決定版『ファイア by ルブタン』



 映画『ファイア by ルブタン』(3D版)を上映終了間際のヒューマントラストシネマ有楽町で観た(上映期間:'13年12月21日〜'14年2月21日)。ロードショウでも展覧会でも終了間際にならないと行かないのは私の悪い癖だが……。

 『ファイア by ルブタン』は、クレイジーホース・パリのショウを映像化した作品。クレイジーホース・パリ(1951年開業)は、ムーラン・ルージュ(1889年開業)やリド(1946年開業)と並ぶパリの老舗キャバレー。洗練された視覚演出、伝統と斬新さを兼ね備えたハイセンスなお色気で現在も高い人気を誇るナイトスポットである。キッチュとも芸術的とも言える独特のヌード・ショウは男女を問わず様々な観客を惹きつける魅力があり、世界中のアーティストやクリエイターの間にも多くのファンを持つ。'12年6月にはフレデリック・ワイズマン監督による舞台裏ドキュメンタリー『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』(2011)が日本でも劇場公開され、最近ではビヨンセが話題のヴィジュアル・アルバム『BEYONCE』(2013)の中でクレイジーホースとコラボするなど、近年、頓に世界的な注目を集める機会が増えている。

 私も過去に一度、クレイジーホースの舞台を生で観たことがある。と言っても、パリ本店のショウではなく、ラスベガスのMGMグランドでやっていた直輸入版の方である。今から2年半ほど前、'11年9月にシャーデーのコンサートを観にラスベガスを訪れた際、数あるショウの中で私がひとつ選んで鑑賞したのがクレイジーホース・パリだった('01年にオープンしたMGMグランドのクレイジーホース・パリは'12年10月で閉業し、現在はやっていない。当時の体験記はこちら。今回の3D映画『ファイア by ルブタン』は、実際に生で観るのとはまた違った面白さがあり、私にショウの記憶を蘇らせてくれると同時に、新鮮な感動を与えてくれる逸品だった。

【注意】この記事には女性の裸が出てきます。18歳以上の方のみご覧ください。

≫ Read More

| Dance to Jazz and All That Jazz | 04:10 | TOP↑

≫ EDIT

『DIAMOND LIFE』30周年記念クイズ(その2)


DIAMONDS & GIRLS (2012)
Artist: Fashawn | Director: Sele

 ファショウンがいるのはどこでしょう?
 
 答えは↓↓

≫ Read More

| Sade Covers/Mixes | 02:15 | TOP↑

≫ EDIT

『DIAMOND LIFE』30周年記念クイズ(その1)

DL_quiz1.jpgDL_quiz2.jpg
Diamond_quiz3.jpgDiamond_quiz4.jpg
Diamond_quiz5.jpgDiamond_quiz6.jpg

 本物はどれでしょう?

| Sade Covers/Mixes | 01:20 | TOP↑

≫ EDIT

ジャームッシュの純血主義『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

OLLA24.jpg

 ジム・ジャームッシュ監督最新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を上映終了間際のTOHOシネマズシャンテで観た(上映期間:'13年12月20日〜'14年1月30日)

 当ブログの名称で明らかだと思うが、私はシャーデーのファンであると同時に、ジャームッシュ映画のかなり熱心なファンでもある。シャーデーとジャームッシュの間には何の接点もないが、いずれも'80年代の同時期に登場し、“オシャレもの”としてもてはやされたりしながら、メインストリームとは一定の距離を置いた独自の作風でファンから絶大な信頼を寄せられ、現在までしぶとく生き残っているという共通点がある。日本的な“Less is more”の美学や、本人の容姿が昔とさっぱり変わらない点も似ていると言えば似ている。シャーデーとジャームッシュを同時に愛する人間は恐らく私以外にもいるだろう。

 『コーヒー&シガレッツ』(2003)、『ブロークン・フラワーズ』(2005)、『リミッツ・オブ・コントロール』(2009)と、近年は割とこぢんまりした定型詩的な作品(劇中で規則性のあるシークエンスが何度も繰り返される)が続いていたジャームッシュだが、今回は久々に散文詩スタイルで来た。物語は螺旋状ではなく、直線的に進行する。吸血鬼映画を換骨奪胎した寓話的な物語構造はキャッチーかつ示唆に富んでいて、かつての詩的西部劇『デッドマン』(1995)以来の厚みを感じさせたりもする。いつも以上に本気度が高い、色々な意味でジャームッシュらしさが全開の作品なのだが……。DVDで再見してからとも思ったが、億劫にならないうちに感想を書き残すことにした。先行の画像資料記事“Only Lovers Left Alive: The Vampire Chronicles”とあわせてご覧頂きたい。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 23:40 | TOP↑

≫ EDIT

Only Lovers Left Alive: The Vampire Chronicles

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 02:40 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #40

Notorious_coffee.jpg

Notorious (1946)
Directed by Alfred Hitchcock


next image
previous image

| Image Association Game | 00:15 | TOP↑

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月