2015 031234567891011121314151617181920212223242526272829302015 05

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

≫ EDIT

Keziah Jones: Discography 1992-2013



 ▼FREE 魂 YOUR 解 SOUL 放▲
 超人出現! これぞリアル・ファンクと呼ぶべきか
 キザイア・ジョーンズ
 ブルーファンク・イズ・ア・ファクト!


 キザイア・ジョーンズのデビュー時の衝撃は、1stアルバム『BLUFUNK IS A FACT!』(1992)日本盤の帯に踊るこの謳い文句を見るだけでも想像がつくだろう。“超人出現!”という突拍子もない断定に続き、“これぞリアル・ファンク”という語気の強い表現が、最終的に“と呼ぶべきか”という疑問形で結ばれるところに、当時の聴衆の驚きと戸惑いがよく表れているように思う。やっている音楽は確かにファンクっぽいが、普通のファンクとはちょっと様子が違う。なんだかよく分からないけど、とにかく凄い男であることは間違いない……。キザイアはそのような興奮と共に当時の音楽リスナーに迎えられた。

 “ブルーファンク”という独自の音楽スタイルで知られるキザイア・ジョーンズ。前回の来日公演鑑賞記でも書いた通り、私は20数年遅れで彼のファンになった者である。シャーデーと同じナイジェリア出身、イギリス育ちのアーティストであるにもかかわらず、私は長年、彼の作品を見過ごしていた。存在は知っているけどCDを買ったことはない、初期の2枚は持ってるけど最近のアルバムは知らない、という人は恐らく私の他にもいるだろう。若い音楽ファンの中には“キザイア・ジョーンズって誰っすか”という人もいるかもしれない。

 キザイア・ジョーンズという人は、簡単に言うと“ナイジェリアのディアンジェロ”である。“え?”と驚いたそこのあなた。今回はそんなあなたのために、'92年のデビュー作から'13年の最新作まで、超人キザイアのアルバム全6作を早分かりのディスク・レビュー形式で一気に紹介する。先日、'15年4月初旬にブルーノート東京で行われた来日公演の鑑賞記“Keziah Jones @ Blue Note TOKYO 2015”とあわせてご覧いただきたい。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 04:00 | TOP↑

≫ EDIT

Keziah Jones @ Blue Note TOKYO 2015



 キザイア・ジョーンズのコンサートを観た。
 
 ナイジェリア、ラゴス出身のアフロ・ブルース・ファンカー。パーカッシヴなギター奏法と、そこから生み出されるハードで切れの良い独特のファンク・ロック・サウンド──“ブルーファンク”(ブルースとファンクの合成語)と本人によって命名されている──で知られる。ジミ・ヘンドリックスとフェラ・クティが合体して現代に蘇ったような、大変に熱い音楽を聴かせる人だ。'92年から'15年現在までに計6枚のアルバムを発表し、現代的で都会的な独自のアフロ・ファンクに磨きをかけ続けている。

 レゲエ風情の緩やかなリズムにキザイアのブルージーで艶やかな歌声が乗った'92年のデビュー曲「Rhythm Is Love」のカッコよさは、街角で彼がバスキングする姿を鮮やかにとらえた音楽ヴィデオ(ジャン=バプティスト・モンディーノ監督)とあわせて、当時、レニー・クラヴィッツなどを聴いていたロック少年の私にも非常に印象深いものだった。……が、この人に対する私の認識は、そのデビュー曲と、同年発表の1stアルバム『BLUFUNK IS A FACT!』から20年以上もずっと止まったままで、私が本格的に彼の作品を聴くようになったのはごく最近、今からほんの1年ほど前のことだった。きっかけは、YouTubeで何気なく見た彼の最新曲「Afronewave」のヴィデオ。架空のスーパーヒーロー=“キャプテン・ラギッド”に扮してラゴスの街を颯爽と駆け回るマント姿のキザイア、そして、ディアンジェロを思い切りタイトでポップにしたような切れまくりのモダン・アフロ・ファンク・サウンドに慌てた私は、すぐに最新盤『CAPTAIN RUGGED』(2013)、および、近年の彼のアルバムをチェックした。そこで初めて、キザイア・ジョーンズの音楽が初期のブルーファンクをとうに超え、'00年代から別次元に突入していたことを知ったのである。衝撃だった。

 キザイア・ジョーンズが凄いことになっていると私が気付いたのは、'14年2月、運悪く前回の来日公演(@ビルボードライブ東京/大阪)が終了した直後のことだった。嬉しいことに、それから14ヶ月という短いスパンで実現した今回の再来日公演。私が彼のステージを生で観るのは初めて。20数年の遅れを取り戻し、アフロニューウェイヴの渦に巻き込まれるべく、私はマントを羽織って勇んで会場へ駆けつけた。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 12:45 | TOP↑

≫ EDIT

時間旅行者たちの風景 PART3


A Landscape with Time Travelers Part III

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 01:30 | TOP↑

≫ EDIT

Rhye @ Liquidroom 2015



 ライのコンサートを観た。
 
 シャーデー似の歌声とサウンドが衝撃的だったマイク・ミロシュ+ロビン・ハンニバルによるロサンゼルス発のブルーアイド・ソウル・ユニット。誰もが女性と信じて疑わなかったミロシュの両性的な歌声、公衆の前に顔を出さない匿名的な視覚コンセプトのインパクトも手伝い、'13年3月発表のデビュー作『WOMAN』は日本でもかなり話題になった(詳しくは2年前の記事“Rhye──究極の背中ミュージック”を参照)

 いわゆる“インディーR&B”的な傾向を持った音楽が紹介される際、ライはひとつの決定的スタンダードとして、その後、頻繁にメディアで引き合いに出されるようになった。'90年代にトリップホップが流行った際、何でもかんでも“ポーティスヘッドを彷彿させる”と紹介されていたことが個人的には強く思い出されるが(そのレコメン文に騙され、無数の二流トリップホップ作品を買わされた苦い経験が私にはある)、実際、ライの『WOMAN』は、トリップホップにおいてポーティスヘッド作品がそうだったように、多くの類似作品や亜流作品が生まれていく中で、結果的にその独創性や耐久性の高さを見事に証明したように思う。発表から現在までの2年の間、“ライ好きは必聴!”などというレコ屋の謳い文句に釣られてそれ風のバッタものを色々と掴まされた挙げ句、やっぱライは別格だ、と痛感した人は少なくないだろう(私にはトリップホップ・ブーム時の記憶があるので、そういうレコメンを見る度に“その手は食うか!”と思った)

 ライはロビン・ハンニバル抜きでコンサート活動も行っていて、ライヴではアルバムの繊細で緻密なプロダクションとは一味も二味も違う、かなり実験的でアグレッシヴなサウンドを聴かせる。彼らのライヴ・パフォーマンスの素晴らしさは、YouTubeで見られるライヴ映像や、'13年夏のフジロック・フェスで行われた初来日公演の評判からも窺い知ることができた。そして、アルバム発表から丸2年後の'15年3月に実現した今回の初単独来日公演。待望の、と書くにはあまりにも時間が経ちすぎてしまったが(とっくの昔に諦めていた私は、正直、ちっとも待っていなかった)、旬を過ぎたことなど全く関係なく、彼らはユニットの可能性を更に押し広げる実にスリリングな演奏を聴かせてくれたのである。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 07:00 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #65



Par le Trou de Serrure (1902)
Directed by Ferdinand Zecca

≫ Read More

| Image Association Game | 01:35 | TOP↑

≫ EDIT

Liv Warfield @ Blue Note TOKYO 2015



 リヴ・ウォーフィールドのコンサートを観た。
 
 NPG所属のファンキー・ソウル・ディーヴァ('79年生まれ、イリノイ出身)。プリンスのアルバム『LOTUSFLOW3R』(2009)、『20TEN』(2010)や、'10年以降のツアーにバック・ヴォーカルで参加していた女性で、'14年2月にプリンスをエグゼクティヴ・プロデューサーに迎えた2ndソロ作『THE UNEXPECTED』をNPGから発表して脚光を浴びた。

 '14年6月に同じくブルーノート東京で来日公演を行ったアンディ・アローの2nd『SUPERCONDUCTOR』(2012)、つい先頃('15年3月23日)、期間限定の無料配信で突如発表されたジュディス・ヒル(MJ『THIS IS IT』のバック・ヴォーカリスト)のデビュー作『BACK IN TIME』など、プリンスが手掛ける最近の女性歌手のアルバムは内容的にどれも当たっている。いずれも生演奏によるオーセンティックな'70年代ファンク路線が基本で、やたら切れ味が鋭い。中でも、ソウルやファンクに加え、サードアイガール作品のような骨太なギター・ロックにも対応するリヴ・ウォーフィールドは、プリンスの雑食性や、近年の彼の方向性に極めて近いサウンドを聴かせる要注目株である。

 プリンスの一押し女性歌手という以外に、シャーデー・ファンにとっては、彼女のバンドにライアン・ウォーターズが参加していることも大きな話題である。'01年からシャーデーのツアーに参加し、「Is It A Crime」で毎回必殺のソロをかまして観客を沸かせるスキンヘッドのあの白人ギタリストだ。'14年1月に公開されたリヴのヴィデオ「Why Do You Lie?」で彼の姿を目にした時、“なんであんたがそこにいるんだ!”と私は激しく驚いた(その後、'14年3月に放映された〈The Arsenio Hall Show〉のプリンス特番でも、やはりリヴのバックでギターを弾く彼の姿が見られた)。シャーデーとプリンスの人脈が繋がったことに私は大きく感動したのだが、確認してみると、彼はプリンスの秘蔵っ子だったテイマー・デイヴィスがNPGを離れて発表したアルバム『MY NAME IS TAMAR』(2011)にも参加していて、これまたビックリ。神出鬼没のライアン・ウォーターズ。シャーデー・ファンは彼の雄姿だけでも観に行く価値十分だ。

 『THE UNEXPECTED』の日本盤も発売されていない時点で急遽実現した今回のリヴ・ウォーフィールド初来日公演。日程発表から実際の公演まで僅か1ヶ月という強行ぶりもプリンス・マナー(なのか?)。彼女たちが見せてくれたのは、こちらの意表を突く、まさしく“UNEXPECTED(想定外)”なショウだった。

≫ Read More

| Diva Legends | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

4月の歌──Sometimes It Snows In April



 プリンス&ザ・レヴォリューションの「Sometimes It Snows In April」(1986)。4月をテーマにした名曲はたくさんあるが、ひとつ選ぶとしたらこれしかない。

 トレイシー(『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』でプリンスが演じた主人公クリストファー・トレイシー)の死をテーマに、人生の諸行無常を歌ったジョニ・ミッチェル風情のフォーキーなバラード。繊細で幻想的なアコースティック・サウンドはウェンディ&リサの貢献も大きいように思われる。「1999」の一節、“人生なんて所詮はパーティー/パーティーにはいつか終わりが来る(Life is just a party, and parties weren't meant 2 last)”が形を変えて再び登場する点にも注目したい。「1999」と対を成す、レヴォリューション時代の最後を飾る名曲。後から思えば、この歌はバンドの解散を予告するものでもあった。ここで(某ロック・スターのように)自分の死を看取ったプリンスは、翌年、また別の顔、別のサウンドと共に姿を現すことになる。

 昨年の5月に始まった連載“〜月の歌”も今回で一応完結。これでどうにか12ヶ月分の歌が揃った。良いネタを探すのに苦労したこともあったが、毎回その月に因んだ歌を取り上げて和訳する作業はとても楽しかった。不定期連載として、今後も時折、季節の名曲を紹介できればと思う。

≫ Read More

| Seasonal Songs | 02:45 | TOP↑

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月