2015 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 08

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

≫ EDIT

Pharrell Williams──自由!



 アップル社の新たな音楽配信サービス、Apple MusicのCMタイアップ曲として'15年6月30日に発売されたファレル・ウィリアムズの新曲「Freedom」。これは、'15年2月のグラミー授賞式で披露された彼の「Happy」のパフォーマンス──イントロをマイナー調にアレンジし、途中で両手を上げて“無抵抗だ、撃つな(Hands Up, Don't Shoot)”のジェスチャーをした──の延長線上にあるプロテスト・ソングである。

 ピアノのリフを軸にしたゴスペル色の強いアーシーな曲調は、ニーナ・シモンからの影響を感じさせる。自然の様々な生命を歌い込んだ歌詞も含め、思い出されるのは、彼女が歌って公民権運動時代の自由讃歌になった「Feeling Good」である(詳しくは過去記事“Nina Simone──私は自由”を参照)。「Feeling Good」は、5月にアヴィーチーによるリメイク版が発表されたのに続き、7月初旬に発売されたニーナ・シモンへのトリビュート盤『NINA REVISITED』でローリン・ヒルが入魂の直球カヴァーを聴かせ、ニーナが歌ってから半世紀も経った'15年の今、再び“時代の歌”になりつつある。自由の尊さを謳うファレルの「Freedom」が、閉塞感を伴うマイナー調の重苦しい曲になっているのは、「Feeling Good」がその開放的な歌詞に反して重かったのと同じことである。要するに、自由が脅かされているからこそ、自由について歌う。サビで“自由(Freedom)”の一語を絶叫するファレルの声には、明らかに怒りが混じっている。ここは自由民主主義の国じゃなかったのか? 一体どうなってんだ?! という歌である。

 '14年8月にファーガソンで起きた事件を機に再び緊迫化しているアメリカの人種間対立は、安保法案という大きな火種を抱える私たち日本人にとっては気にする暇もない対岸の火事のようでもあるが、決してそんなことはない。丸腰の黒人青年を白人警官が問答無用で射殺し、それが不起訴になることと、“これはおかしい、ちょっと待て”と国民の過半数が反対する法案を有無を言わさず成立させることは、いずれも国家権力の濫用であり、民主主義の原理に背く暴挙だからである。国は、国民の生命、自由、幸福を追求する権利を守らなければいけない。守ることを目的にそれを踏みにじるというのは、どう考えてもおかしな話である。

 戦争は平和である(WAR IS PEACE)
 自由は服従である(FREEDOM IS SLAVERY)
 無知は力である(IGNORANCE IS STRENGTH)
 
 '84年にアップル社MacintoshのテレビCMでもモチーフにされたジョージ・オーウェルの古典『1984年』(1949)。そこで描かれる全体主義国家オセアニアの3つのスローガンがこれだった。これはそのまま現在の日本の与党の隠れたスローガンであるように思える。国民のためだと主張しながら、首相は我々に対して“服従せよ”と暗に言っている。きちんと説明すると言いながら、我々に無知でいることを求めている。

 “自由”の定義がすり替えられようとしている今、ファレルの「Freedom」を聴きながら、この言葉の意味と重みをもう一度よく考えたい。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 01:00 | TOP↑

≫ EDIT

紐育ストーリー──Twin Danger meets 山口百恵!!!?




 衝撃の大ニュース。なんと、ツイン・デンジャー山口百恵の名曲「横須賀ストーリー」(1976)をカヴァーした。「You Never Knew」と改題し、オリジナルの英語歌詞をつけたカヴァー版のデモ録音がYouTubeで公開された。リズムをシャッフルに変え、ツイン・デンジャーらしいジャジーなサウンドに仕立て直している。'13年に来日した際、東京の中古レコード屋で山口百恵のアナログ盤を購入したスチュアート・マシューマンが、曲を気に入ってカヴァーすることになったらしい。歌謡曲とクール・ジャズ、横須賀とニューヨークが時空を越えて奇跡の邂逅!

 ……というデマを流そうかと思ったが、洒落にならないのでやめた。この音源を聴いたら、本気で信じる人もいるかもしれないからである。上の再生ボタン、もしくは画像をクリックして、とりあえずその音源を聴いてみてほしい。話はそれからだ。

≫ Read More

| Pride/Sweetback/Twin Danger/solos | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

時間旅行者たちの風景 PART6


A Landscape with Time Travelers Part VI

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 00:15 | TOP↑

≫ EDIT

Twin Danger 遂にメジャー・デビュー!



 スチュアート・マシューマンのイカすサイド・プロジェクト、ツイン・デンジャーの1stアルバムが'15年6月30日にDecca/Universalから遂にメジャー・リリースされた。

 ツイン・デンジャーは、ブルックリンで活動する若手女性シンガー・ソングライターのヴァネッサ・ブレイ(ジャズ・ピアニスト、ポール・ブレイの娘)とマシューマンが結成したユニット。'50年代クール・ジャズ風情のスモーキーなアコースティック・ジャズ・ポップ・サウンドは初期シャーデー作品にも通じるもので、マシューマンにとっては一種の原点回帰とも言えるユニットだ。'13年4月には1stアルバムの自主制作盤を携えてビルボードライブ東京で来日公演を敢行し、日本の一部のシャーデー・ファンを狂喜させた(ユニットの来歴や、素晴らしかった2年前の来日公演については過去記事“Twin Danger──俺にサックスを吹かせろ!”、“Twin Danger @ Billboard Live TOKYO 2013”を参照)

 当初はBlue Noteと契約していたツイン・デンジャーだが、結局、レコード・デビューには結びつかず、'12年以降、彼らは自主レーベルやネットを通して作品を発表したり、地元ニューヨークのクラブで散発的にギグを行うなど、しばらく地道なインディー活動を続けていた。Deccaと契約を結んだことがFacebookで報告されたのが'14年1月。それから更に1年半して、ようやく念願のメジャー・デビュー作『TWIN DANGER』の発売が実現した(最初は'15年3月発売予定だったが、6月に延期された)。結成から苦節(?)5年。まずは“メジャー・デビュー、おめでとう!”と言いたい。

≫ Read More

| Pride/Sweetback/Twin Danger/solos | 05:00 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #66

Branded_to_Kill.gif

≫ Read More

| Image Association Game | 02:15 | TOP↑

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月