2015 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 02

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

≫ EDIT

Cat From Japan - Big Brother Is Watching You


BIG BROTHER IS WATCHING YOU
Digital: Stronger Than Paradise STP-4891, 26 January 2016

Big Brother Is Watching You / My Death (CFJ Remix) feat. David Bowie

Produced and remixed by Cat From Japan
Big Brother Is Watching You contains elements from "1984", "Big Brother", "Future Legend", "Sweet Thing", "Sweet Thing (Reprise)", "Diamond Dogs", "Rebel Rebel" performed by David Bowie; "The Thrill Of It All" performed by Roxy Music; "Nineteen Eighty-Four" directed by Michael Radford.
My Death (CFJ Remix) contains elements from "Bring Me The Disco King" performed by David Bowie; "My Death" performed by David Bowie at Santa Monica Civic Auditorium on 20 October 1972; "Générique" performed by Miles Davis; "Ziggy Stardust and the Spiders from Mars" directed by D. A. Pennebaker.


A free single to salute David Bowie who died on 10th January 2016. His death reminded me of these demos which I made for fun a long time ago, back in 2004, and I decided to release them as a little tribute to him.

"Big Brother Is Watching You" is sort of a mashup that combined songs from the Diamond Dogs album. I remember that my idea was to make a track that tells the whole story of George Owell's "Nineteen Eighty-Four" in five minutes in the manner of Scott Walker's "The Seventh Seal" and Prince's "Batdance" by mixing the Diamond Dogs tracks with dialogues from Michael Radford's film starring Jonh Hurt. This was on my former YouTube channels for some time around 2008-13 with a pic of Big Brother's face, and, as far as I remember, got 2,000-3,000 views in total. Few people liked it.

"My Death" is also a mashup. I loved a little twisted jazzy version of this old Jacques Brel song that DB was doing in the mid 90's and I tried to update it with one of his latest songs "Bring Me The Disco King". In 2004, DB and automobile company Audi held a mashup contest where fans competed to take one track from his then album "Reality" and another track from his other albums to create a new mashup track. So I came up with this "Bring Me My Death" but it was too late for the contest, and the track has remained unposted until now. It sounds a bit ironic now, because he died of cancer just like Brel, leaving us with one amazing album.

I used to be a huge David Bowie fan. I don't listen to his music enthusiastically now - perhaps because I don't need a hero anymore - but, quite honestly, his death devastated me. That was exactly the funeral of my youth. So I just want to say good bye. Thank you, David Bowie. You were my youth. You were my light. You were my best hero. Rest in paradise.

Cat From Japan (aka Abeja Mariposa)

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 23:00 | TOP↑

≫ EDIT

David Bowie──私の死

My_Death.jpg

 癌との長い闘病生活の後、ジャック・ブレルは『Brel(邦題:偉大なる魂の復活)』(1977)という遺作アルバム──彼の最高傑作とも言われる──を残して'78年にこの世を去った。奇遇にもそのブレルと似たような死に方をしたデヴィッド・ボウイは、かつてグラム・ロック・スター時代にブレルの曲をレパートリーにしていたことがあった。それは「My Death(私の死)」という非常に不吉なタイトルの曲である。

 「My Death」は、ジャック・ブレルの'59年発表曲「La Mort(死)」の英語版。ブレルの代表曲の数々を英訳し、アメリカに初めて彼の作品を本格的に紹介したオフ・ブロードウェイのヒット・レヴュー『ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている(Jacques Brel is Alive and Well and Living in Paris)』(1968)のうちの1曲として作られたものである。当時、2人のアメリカ人──シンガー・ソングライターのモート・シューマン、作家のエリック・ブラウ──によって英訳されたブレル楽曲は、同時期にスコット・ウォーカーが3枚のソロ・アルバムで積極的に取り上げ、同レヴューと並んで英語圏にブレル作品を広く知らしめる役割を果たした。デヴィッド・ボウイが歌った「My Death」は、レヴュー初演前にスコット・ウォーカーの1st『Scott』(1967)で発表されたヴァージョンと、レヴューのオリジナル・キャスト録音盤で聴けるエリー・ストーン版の両方を参照したものと思われる(両者は1番の歌詞に相違がある。ボウイ版の歌詞は'68年のレヴュー版に則している)

 ボウイはこの曲を、“ジギー・スターダスト”という架空のロックンロール・スターを演じたコンサート・ツアー(1972〜73)のセットリストに組み込み、ステージ上で突然の引退を表明した'73年7月3日の最終公演(ライヴ映画として記録された有名なロンドン公演)までずっと歌い続けた。「My Death」が当時の彼にとって重要な曲だったことは間違いない。彼は一体どういうつもりでこの曲を歌っていたのだろうか?

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

What is SADE?



CL: Hey, what happened to your left hand? S-A-D-E? What dose it mean?
RM: "S" is for Soul, "A" is for Attitude, "D" is for Dignity, and "E" is for Elegance. That's my religion. Much better than "HATE", huh?
CL: Cool! Let's go with it!

HAPPY BIRTHDAY, SADE!

| Sade News | 09:00 | TOP↑

≫ EDIT

Stromae──癌はガンガンやってくる



 デヴィッド・ボウイの死因が癌だったと聞いて、この歌を思い出した。“現代版ジャック・ブレル”とも言われるベルギー出身の超個性派シンガー・ソングライター、ストロマエのヒット曲「Quand c'est ?」。

 2ndアルバム『Racine Carrée』(2013)から7thシングルとして'15年9月に発売されたこの曲のテーマは、ずばり“癌”である。表題の“Quand c'est ?”というフレーズは、仏語で“いつなんだ?(When is it?)”という意味だが、これを発音のよく似た“cancer(癌)”と掛けながら、いつ襲ってくるか知れない癌の恐怖を描いている(ストロマエはこうした言葉遊びをよくやる)。死ぬほどブラックな歌だが、彼は別にふざけているわけではない。普通のライターが絶対に書かないようなことを書き、どんな陰鬱なテーマでもあっさりポップ・ソングにしてしまう。それがストロマエの当たり前なのだ。

 私は仏語を解さないが、この曲の音楽ヴィデオ('15年9月14日公開)には、ありがたいことに歌詞の英語字幕がついている。今回はそれをもとに和訳を試みたい。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 06:20 | TOP↑

≫ EDIT

I heard the news today, oh boy



星を集めにゆこう だが目を覚まさぬように
Partez cueillir les étoiles Mais ne vous réveillez pas
Go and pick up the stars But do not wake up


Jacques Brel - La Cathédrale (1977)

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

Paul Bley 1932-2016



 世界的なジャズ・ピアニストで、ヴァネッサ・ブレイツイン・デンジャーの父親でもあるポール・ブレイが、'16年1月3日、米フロリダ州スチュアート市内の自宅で老衰のため亡くなった。享年83歳。1月5日、所属レーベルであるECMレコードの広報を通じて、遺族を代表したヴァネッサの声明が故人の略歴付きで公表された。以下にその全文を訳出する(出典:ottawacitizen.com

-----------

関係各位

誠に残念ながら、昨日、私の父が亡くなったことをご報告します。以下が我々の公式発表です。父は自宅で家族に見守られ、とても穏やかに息を引き取りました。よろしくお願いします。

ヴァネッサ・ブレイ


ポール・ブレイ訃報

著名ピアニストのポール・ブレイが、2016年1月3日、自宅で家族に看取られて死去した。1932年11月10日、ケベック州モントリオール生まれ。5歳から音楽を学び始めた。13歳でBuzzy Bley Bandを結成。17歳の時、アルバータ・ラウンジでオスカー・ピーターソンの後任に。自ら主催したモントリオール・ジャズ・ワークショップにチャーリー・パーカーを招き、スタン・ケントンと映画に出演。やがてジュリアード音楽院入学のためニューヨークへ渡った。

彼の国際的な活動は70年に及ぶ。共演者はレスター・ヤング、ベン・ウェブスター、ソニー・ロリンズ、チャールズ・ミンガス、チェット・ベイカー、ジミー・ジュフリー、チャーリー・ヘイデン、ポール・モチアン、リー・コニッツ、パット・メセニー、ジャコ・パストリアスなど多数。トリオでの活動で知られるが、ソロ・ピアノ作品が示すように、極めてピアニスト的なピアニストでもある。

遺族は43年連れ添った妻キャロル・ゴス、彼らの娘ヴァネッサ・ブレイとアンジェリカ・パーマー、孫フェリックスとゾレッタ・パーマー、および、娘のソロ・ピーコック。内輪の追悼式は、フロリダ州スチュアート、ニューヨーク州チェリー・バレー、また、ポール・ブレイのレコードがかけられるあらゆる場所で行われる。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 10:11 | TOP↑

≫ EDIT

Benjamin Clementine──倫敦



 大本命でありながら惜しくも'15年シャーデー大賞を逃してしまったベンジャミン・クレメンタイン。とはいえ、彼が素晴らしいアーティストであることに少しも変わりはない。大賞受賞者として大きく扱えなかった代わりに、ここで久しぶりに彼の作品を取り上げることにしたい。

 ベンジャミン・クレメンタインはロンドン最北部にあるインフィールド区のエドモントンという町で育ったイギリス人だが、'08年、19歳のときに無一文でフランスのパリへ渡り、そこで数年間、地下鉄、バー、ホテルなどでバスキングをしながら路上生活を送っていた。やがて彼は業界関係者の目に留まり、'13年6月、Behindというパリの新興レーベルからEP『CORNERSTONE』で念願のレコード・デビューを果たすことになる。今回訳出する「London」は、アーティストを目指してパリを放浪していた頃の自分自身を歌った曲。独特の詩的な語り口が印象深い、ベンジャミンの自叙伝的な“上京ソング”だ。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 02:20 | TOP↑

≫ EDIT

初夢


| Etc Etc Etc | 01:22 | TOP↑

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月