2016 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 06

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

≫ EDIT

噂の山口百恵



 '80年の芸能界引退後、山口百恵がフリートウッド・マックに加入する話があった……という“噂”。

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 00:10 | TOP↑

≫ EDIT

Fleetwood Mac──大いなる愛



 2017年、フリートウッド・マック『Tango In The Night』(1987)が遂にデラックス版でリマスター再発される……という“噂”。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:30 | TOP↑

≫ EDIT

Blood Orange──君は失格さ



 そうだ、デヴ・ハインズがいるじゃないか……。

 ブラッド・オレンジことデヴ・ハインズは、ディアンジェロと並ぶ最高のプリンス後継者のひとりである。近々リリース予定の新作『Freetown Sound』への期待も込めて、前作『Cupid Deluxe』(2013)からのシングル曲だった「You're Not Good Enough」の歌詞を和訳する。

 プリンスの穴を埋めることは誰にもできない。が、彼はこの世に多くの種を蒔き、大地には新たな果実が次々と育っている。プリンスの他界で心身が弱り切っている人は、試しにブラッド・オレンジをかじってみてはいかがだろう。“物足りない(not good enough)”とか言わないでください。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 03:30 | TOP↑

≫ EDIT

King @ Billboard Live TOKYO 2016



 クイーンではない。プリンスでもない。プリンセスでもないし、プリンセス・プリンセスでもない。ずばり、キングのコンサートを観た。

 '11年3月発表のデビューEP『The Story』がプリンスに気に入られ、同年5月29日、彼のロサンゼルス公演(@ザ・フォーラム。“21 Nite Stand”と銘打たれたロサンゼルス21回連続公演の千秋楽)にいきなり前座として抜擢されたロサンゼルスの女性ユル&Bトリオ。その晩のショウでは御大と「Future Soul Song」で共演も果たした。

 プリンスのお墨付きを得た他にも、クエストラヴやエリカ・バドゥから賞賛を浴び、ロバート・グラスパー・エクスペリメント『Black Radio』(2012)でフィーチャーされるなど、以前から業界内での評判が高かった彼女たち。グループ名の検索しづらさもあり、噂ばかり先行して正体がいまいち分からなかったが、デビューから5年、'16年2月にようやく1stアルバム『We Are King』が発表され、5月初頭、日本の音楽ファンに顔見せにやって来てくれた。

 奇しくもプリンスの他界から10日後という巡り合わせになってしまった今回の初来日公演。当然、何らかのトリビュートがあることだろう。何でもいい、私はとにかく彼を失った悲しみを誰かと共有したかった。会場のビルボードライブ東京へ向かう私の心は、完全に紫色に染まっていた。

≫ Read More

| Diva Legends | 10:10 | TOP↑

≫ EDIT

『サイン・オブ・ザ・タイムズ』追悼上映@渋谷HUMAXシネマ



 プリンスの映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』の追悼上映を渋谷で観た。'14年のリバイバル上映の再映。ファンの気持ちを汲んだ素晴らしい企画である。

 上映期間は'16年4月30日(土)〜5月7日(土)の8日間、'14年リバイバル上映時と同じ渋谷HUMAXシネマにて、連日20時40分から1回のみのレイトショー。料金は1,500円。“あなたが一番好きなプリンスのLP、CDをご持参でご鑑賞料金が1,000円に!”というナイスな割引サービスもあったが、202席分しかない鑑賞券は、連日、上映日3日前から始まるオンライン予約(割引対象外)で即日完売になったので、このサービスを利用できた人は実際にはほとんどいなかったと思われる。202人×8日間で、延べ1616人動員。他界直後とはいえ、単なる旧作映画の上映でこれだけのチケットを瞬く間にソールドアウトにするのだから、やはりプリンスである(1ヶ月くらいやればいいのに!)

 '09年秋、新宿ピカデリーで『THIS IS IT』を観た時の記憶がちょっと蘇ったりもしたが、あの時はMJファン以外の人も多く劇場に詰めかけた。中には上映中に席を立つ観客もいたが、今回はさすがに違う。劇場に集まった人たちは、恐らくほぼ全員プリンス・ファン、もしくは熱心な音楽ファンばかりである。見ず知らずの200人の仲間と共に、プリンスの永遠の名作を心置きなく楽しんだ。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

James Brown──報復



 Happy Birthday, JB.
 マイケルとプリンスをよろしく。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 04:00 | TOP↑

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月