2016 051234567891011121314151617181920212223242526272829302016 07

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

≫ EDIT

プリンスはつらいよ──あるベーシストの場合



 先日、NHK BSプレミアムでプリンスの〈Lovesexy〉ツアーのライヴ映像が約28年ぶりに再放映された('16年6月26日、23:00〜24:30)。'88年9月9日、西ドイツ、ドルトムント公演の模様を完全収録したこの映像は、当時、ヨーロッパで放映/VHS発売されたもの。一大音楽絵巻のような豪華絢爛なショウは、まさに'80年代のプリンスの集大成と呼ぶに相応しい。パフォーマンスだけでなく、カメラ/編集も優れたこの映像は、数あるプリンスのライヴ映像の中でも、映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』や、'86年6月7日のデトロイト公演映像と並んで、最高峰のひとつに数えられる名作中の名作である。当時、日本ではNHK衛星第二でノーカット放映され、私も録画したビデオを夢中で繰り返し観たものだった。今回の再放映は、残念ながら、2時間のオリジナル版を90分に刈り込んだ短縮版だったが、久々に再見して、その内容の濃さや、神懸かり的なパフォーマンスに改めて感動を覚えた(情報量が多すぎて、観ていてかなり疲れるショウだが)

 今回は小ネタとして、見所が満載すぎるこのライヴ映像の中で、私が個人的に好きな場面をひとつ紹介することにしたい。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

今も海が見えるでしょうか──再訪「横須賀ストーリー」



 山口百恵の通算13枚目のシングル「横須賀ストーリー」。彼女の歌手人生を大きく変えるこの1枚のシングル盤が発売されたのは、ちょうど40年前の今日、1976年6月21日(月)のことだった。今年と同じく夏至だったその日、彼女は夜10時からフジテレビの歌番組〈夜のヒットスタジオ〉に出演し、この新曲を歌っている。当時、彼女は高校三年生(17歳)だった。

 '73年に14歳で歌手デビューした山口百恵は、それまでずっと千家和也(作詞)と都倉俊一(作曲)の手によるアイドル歌謡を歌っていた。「横須賀ストーリー」は、阿木燿子(作詞)と宇崎竜童(作曲)の夫妻が初めて手掛けた百恵のシングル曲。それは、百恵が育った横須賀の町を舞台にした、それまでとは全く趣の異なる歌だった。この作品をきっかけに、彼女はアイドル歌手から脱皮し、大人の歌手への道を歩み始める。以後、両者のコラボレーションは'80年10月の引退まで続き、「イミテイション・ゴールド」「夢先案内人」「プレイバック Part 2」「曼珠沙華」「美・サイレント」「謝肉祭」「ロックンロール・ウィドウ」「さよならの向う側」など、山口百恵のキャリアを代表する数々の名曲が生まれることになる。

 引退を4ヶ月後に控えた'80年6月、百恵は、当時ニッポン放送で毎週日曜に放送されていたワンマン・ラジオ番組〈山口百恵 夢のあとさき〉で、歌手としての自分の礎である「横須賀ストーリー」を振り返る特集を組んだ。約30分の番組の中で、彼女は、作品が生まれた経緯、曲に対する個人的な思いなどを、自分の言葉で丁寧に語っている。また、番組内では、宇崎竜童と阿木燿子の肉声コメントが紹介され、両者のコラボレーションについて作家の立場からも振り返られる。山口百恵、宇崎竜童、阿木燿子の3人が揃って「横須賀ストーリー」を語るという、この上なく貴重な内容である。「横須賀ストーリー」の発売40周年を記念して、今回はこのラジオ番組('80年6月29日放送)の談話を転写・採録することにする。

 番組の中で、阿木燿子は自分の書いた百恵作品を振り返って、“(自分は今までずっと)百恵さんの中にある無垢な少女だけを追いかけてきたんじゃないか”と語っている。それは、百恵自身も同じだったのではないか。「横須賀ストーリー」は、確かに百恵の中にいる“少女”を描いた歌だった。しかし、そこではっきりと対象化してしまったがゆえに、逆に、彼女は“少女”ではいられなくなってしまった。自分の中にいる“少女”を歌い、客観的に見つめることによって、彼女は“青年(≒大人)”へと変わっていったのである。「横須賀ストーリー」以降、山口百恵は様々な歌を歌った。その歌声に滲む憂いや悲しみ、あるいは、苛立ちを思うと、結局のところ、彼女はずっと、自分と“横須賀”の間に横たわる距離について歌っていたのではないかという気もする。横須賀──それは彼女にとって、どんなに返りたくても返ることができない、永遠の“原点”なのではないだろうか。

≫ Read More

| Momoe Yamaguchi | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

Prince追悼和訳メドレー【6】──紫の雨



 プリンス追悼特別企画。'80年代の彼の名曲群から6曲を厳選し、その歌詞を1日ひとつずつ訳していく弾丸和訳メドレー(全6回)。

 最終回の第6回は、彼の代名詞でもある大作バラード「Purple Rain」(1984)。映画『パープル・レイン』ではウェンディとリサが作ったことになっているが、実際にはプリンスが単独で書いた曲である(但し、編曲にはレヴォリューションの面々が大きく関わっている)。このアンセムは、一体どのように生まれたのだろうか?

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

Prince追悼和訳メドレー【5】──接吻



 プリンス追悼特別企画。'80年代の彼の名曲群から6曲を厳選し、その歌詞を1日ひとつずつ訳していく弾丸和訳メドレー(全6回)。

 第5回で取り上げるのは、「When Doves Cry」「Let's Go Crazy」に続くプリンスの3曲目の全米1位獲得曲「Kiss」(1986)。この曲は元々、ブラウンマーク(レヴォリューションのベーシスト)が制作を手掛けるPaisley Park所属のファンク・バンド、マザラティへの提供曲として書かれたが、プリンスのギター弾き語りデモから制作されたマザラティのトラックが上出来だったため、そこにプリンスが手を加え、結局、自分の作品として発表した。そういう意味では、一種の異色作と言えるかもしれない。チキン・スクラッチが入ったブルース形式のファンク楽曲は、まさにジェイムズ・ブラウン「Papa's Got A Brand New Bag」(1965)の'80年代版といった趣。メロディの輪郭をはっきりさせるマザラティによるゴスペル調バック・ヴォーカルも効果的だ。プリンスの自演曲は彼にしか歌えないようなクセのある曲が多いのだが、ブルースとゴスペルの伝統に忠実に従った「Kiss」には、歌う人間を選ばないスタンダード感のようなものがある。サウンドは変なのに、楽曲の構造そのものは古典的なので、非常に親しみやすい。2年後の'88年には、トム・ジョーンズをフィーチャーしたアート・オブ・ノイズによるカヴァー・ヒットも生まれた。それまでトリックスター的な存在だったプリンスは、この曲の全米1位獲得によって、初めて国民的アーティストの座に就いたような気がする。

 歌詞は相変わらずエロい。が、そこには聴き手の抵抗感を解きほぐす独特のユーモアや愛嬌がある。プリンスは公然とエロいことを歌っても許される稀有な存在だった。プリンスなら“一晩で23種の体位”とか歌っても、みんな“しょうがねえなあ”という感じで苦笑しながら受け入れるのである。キャラ勝ち、と言ってもいいかもしれない。彼の性的な歌が、“猥褻”ではなく、立派な芸術的表現、あるいは“芸風”として、社会的にはっきりと認められたのが、この「Kiss」ではなかっただろうか。彼はそういう表現の自由を、自らの音楽的才能で見事に勝ち取った。愛の調教師=プリンスのイメージを決定付けた重要曲だ。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 23:30 | TOP↑

≫ EDIT

THE GREATEST



Floto como una mariposa, pico como una abeja

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 06:45 | TOP↑

≫ EDIT

Prince追悼和訳メドレー【4】──ももいろダンサー



スティービー・ワンダーの再来、NEW BLACK POWER の最先鋒、プリンスが贈る第2弾の衝撃。あなたをソフィスティケーションと官能の陶酔へと誘う夢のスペシャル・カップリングで登場!!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 02:10 | TOP↑

≫ EDIT

Prince追悼和訳メドレー【3】──ハコ揺れ

Prince_Housequake.jpg

 プリンス追悼特別企画。'80年代の彼の名曲群から6曲を厳選し、その歌詞を1日ひとつずつ訳していく弾丸和訳メドレー(全6回)。

 第3回で取り上げるのは、『Purple Rain』と並ぶ彼の最高傑作『Sign "O" The Times』(1987)収録の「Housequake」。“プリンスのベスト・ファンク曲は?”と訊かれたら、私は真っ先にこれを挙げる。同様のアンケートをファンの間で実施したら、「D.M.S.R.」「Kiss」「It's Gonna Be A Beautiful Night」などと並んで、間違いなく上位にランクインするだろう最高のパーティー・ソングだ。

 ここで言う“house”は“家”ではなく、コンサートの“会場(ハコ)”のこと。“ハウスクエイク”というのは、観客全員で飛び跳ねて会場を地震のように揺らす、プリンスが考えた一種の集団ダンス……と言うか、遊びの名称である(具体的なやり方は曲中で説明される)。スタジオ録音版では、ライヴ感の全くない密室的な音像でコンサートの熱狂がシミュレートされている。デフォルメされたプリンスの滑稽な歌声(テープの速度操作で甲高くなっている)、緻密に描き込まれた観客とのやりとり、書き割りめいた人工的なサウンドスケープ。その奇妙な虚構感は、例えば、チネチッタでのスタジオ撮影にこだわった後年のフェリーニ作品に通じるものがあるかもしれない。レヴォリューションをも凌ぐ最高のバンドを従えた圧巻の生演奏は、同年公開の映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』に克明に記録された。この時期のプリンスは、スタジオワークもライヴ・パフォーマンスも、とにかく神懸かっている。無限大の音のイマジネーションに圧倒される、比類なきファンク・ナンバーだ。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:20 | TOP↑

≫ EDIT

プリンスの死因

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 23:59 | TOP↑

≫ EDIT

Prince追悼和訳メドレー【2】──1999年



 プリンス追悼特別企画。'80年代の彼の名曲群から6曲を厳選し、その歌詞を1日ひとつずつ訳していく弾丸和訳メドレー(全6回)。

 第2回で取り上げるのは、革命の狼煙となった'82年発表の「1999」。“人生はパーティーだ”というプリンスの人生哲学が明快に示された決定的代表曲。ファンカーとしての所信表明と言ってもいいだろう。“紫”という語が織り込まれた黙示録的な歌詞は、次回作での“救世主(スター)”の降臨をそれとなく予告するものでもあった。この時点でプリンスの頭の中には『Purple Rain』のコンセプトが明確にあったに違いない。一般的にプリンスのソロ名義作と見なされている『1999』だが、アルバム・ジャケットには“and the Revolution”という表記が既にある(“I”の字に注目。「Darling Nikki」の逆再生メッセージみたい)。ウェンディはまだいないが、“革命”は既に始まっている!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 02:00 | TOP↑

≫ EDIT

Prince追悼和訳メドレー【1】──未来



 '16年4月21日、溢れる創造力と共に惜しくもこの世を去ったプリンス。'80年代に音楽に目覚めた私にとって、彼はマイケル・ジャクソンと並ぶ、掛け替えのない父親のような存在だった。彼を偲んで、今日から6日連続で全6回のちょっとした追悼特集を行う。'80年代の彼の名曲群から6曲を厳選し、その歌詞を1日ひとつずつ訳していくという何の捻りもない直球企画である。

 セクシャルなイメージが強いせいか、プリンスの歌詞は、社会的なメッセージ性が顕著なマイケル・ジャクソンに較べると、日本では一般的にあまり注目されることがない。日本においてプリンスは、もっぱら音楽面のみが語られるのみで、歌詞についてはほとんど評価されてこなかったように思う。ネット上でも、マイケルの歌詞を和訳するファンはいくらでもいるのに、プリンスの歌詞となるとさっぱりだ。私はそうした状況をずっと苦々しく思っていて、拙ブログではこれまで積極的に彼の詞作にスポットを当ててきた。プリンスの言葉は、その音楽と同じくらいファンキーで、スケベで、崇高で、シリアスである。それを直接的に享受している英語圏の音楽リスナーと、何となく雰囲気で音だけ鑑賞している日本の音楽リスナーの間には、やはり作品の理解や解釈の度合いに大きな差がある(例えば、他界に際して注目された「Sometimes It Snows In April」にしても、日本のファンの多くは“四月に降る雪”というイメージとリリカルな曲調だけで漠然と作品を捉えるのみで、あれがプリンスの自己追悼歌であることを理解していた人は少ないのではないか)。和訳という作業を通して、私はそうした差を少しでも埋めていきたいと思っている。

 第1回で取り上げるのは『Batman』(1989)の冒頭曲だったソリッドなエレクトロ・ファンク「The Future」。ここでプリンスは預言者に扮し、麻薬や銃が蔓延る現代社会に警鐘を鳴らしている。黙示録ムードを醸すクレア・フィッシャーの不穏なストリングス──未発表曲「Crystal Ball」('98年に蔵出し)から流用された──も素晴らしい効果を上げている。2年前の名曲「Sign "O" The Times」とも共鳴するシリアスなメッセージ・ソングだ。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 01:30 | TOP↑

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月