2016 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 08

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

≫ EDIT

Timmy Thomas──虹のちから



 ある日のペイズリーパーク。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 03:15 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ共に生きられないんだ


WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER
7": Glades 1703, 1972 (US)

Side 1: Why Can't We Live Together
Side 2: Funky Me

 『Diamond Life』(1984)を締め括るティミー・トーマスの'72年のデビュー曲「Why Can't We Live Together」。マーヴィン・ゲイの前年発表曲「What's Going On」を極限までシンプルにしたようなこのメッセージ・ソングは、当時、全米ソウル・チャートで1位、ポップ・チャートで3位となるクロスオーバー・ヒットを達成した。シャーデーによるカヴァーが有名だが、'82年にマイク・アンソニーというベルギーの黒人歌手が傑作ディスコ版(これはヤバい)を発表している他、'90年代以降はMCハマーサンタナジョーン・オズボーンスティーヴ・ウィンウッドらによっても取り上げられている。スライもビビる激チープなリズムボックス・サウンドは、ドレイク「Hotline Bling」(2015)のネタとして現代のリスナーの耳にも刷り込まれている。斬新なのか、いい加減なのかよく分からない音作りのセンスは、'80年代初期のプリンスにも通じるだろう。この音を“これでいいのだ”と判断できる感覚がファンキーである(B面曲「ファンキーな俺」もヤバい)

 シャーデーはレコード・デビュー前からこの曲をレパートリーにしていた。ナイジェリア人の父とイギリス人の母を持つアデュの真摯な歌唱が、異人種共存の困難を歌った歌詞に強い説得力を与えている。彼らの'84年ツアー、および、'85〜86年ツアーのオープニングはずっとこれだった。ライヴ・エイド('85年7月13日)や、ピーター・ガブリエル、スタイル・カウンシル、ギル・スコット・ヘロンらと共に参加した反アパルトヘイト・コンサート〈フリーダム・ビート('86年6月28日)での熱演も印象深い。その後はレパートリーから外れているが、もし現在、シャーデーがツアーを行うとしたら、再び重要曲として取り上げられるのではないか。この歌は、残念ながら、近年になってますます深刻な意味を持ちつつある。

≫ Read More

| Songs | 23:56 | TOP↑

≫ EDIT

Crowded House──寝ぼけるな、終わっちゃいない



 前回、ルース・Bの「Lost Boy」を和訳しているときに、クラウデッド・ハウスの大ヒット曲「Don't Dream It's Over」(1986)をふと思い出した。曲やヴィデオのノスタルジックな雰囲気が似ていたせいだが、両者には“自由”について歌っているという共通点もある。

 「Don't Dream It's Over」は、リアルタイム世代はもちろん、カヴァーも多いので、音楽ファンなら誰でも一度は耳にしている曲だと思う。しかし、センチメンタルな雰囲気のこの曲が、自由に関する骨太なプロテスト・ソングだということを認識している人は意外と少ないのではないか。改めて歌詞を読み返したところ、今の時代にも通用する──と言うか、今だからこそ聴かれるべき歌だと強く感じた(特にアメリカ人に)。今回は、夏らしい爽やかさも湛えたこの名曲を和訳する。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

Ruth B──迷い子



 家(その2)。

≫ Read More

| Diva Legends | 02:00 | TOP↑

≫ EDIT

Prince──ペイズリーパーク



 家(その1)。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

Meshell Ndegeocello @ Billboard Live TOKYO 2014



 ミシェル・ンデゲオチェロのコンサートを観た。……2年前に。
 
 観に行ったまま鑑賞記を書きそびれているコンサートや舞台公演がいくつもあって、これはそのうちのひとつ。2年前の話なので記憶がかなり朧気だが、覚えていることを簡単に書いてみたい。なぜ今頃になって書こうと思ったかと言うと、私が観た'14年7月のその公演で、ミシェルはプリンスのカヴァーを披露していたからである。それは誰もが知るプリンスの代表曲だったが、彼女はそれを、まるで誰も知らない曲のようにさらりと、そして、実に美しく聴かせたのだった。

≫ Read More

| Diva Legends | 23:00 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #70


≫ Read More

| Image Association Game | 02:10 | TOP↑

≫ EDIT

上を向いて歩こう



 永六輔が死んだ。今、テレビではしきりに坂本九の「上を向いて歩こう」(1961)が流れている。“上を向いて歩こう 涙がこぼれないように”。そして、私は“思い出す”……“春の日”ではなく、一本の素晴らしい映画のことを。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 07:00 | TOP↑

≫ EDIT

昨日のビートルズ



 6月30日(木)@日本武道館。日本での初演奏が始まる10秒前

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 23:56 | TOP↑

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月