2016 101234567891011121314151617181920212223242526272829302016 12

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

≫ EDIT

Michelle Gurevich──ロシアのバレリーナ



 かつてチャイナウーマンと名乗り、今年から本名で活動しているトロント出身/ベルリン在住の頽廃シンガー、ミシェル・グレーヴィチ。名前を変えた仕切直しの4thアルバム『New Decadence('16年9月28日発売)から「Russian Romance」を紹介した前回に続き、もう1曲、今からおよそ10年前の'07年1月に発表された彼女のデビュー曲「Russian Ballerina」の歌詞を和訳したい。

 ミシェル・グレーヴィチは、カナダ移民であるロシア人の両親のもとに生まれた。旧ソ連時代、彼女の父親はレニングラード(現サンクトペテルブルク)の技師、母親は、世界最高峰のバレエ団であるキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)のバレリーナだった。「Russian Ballerina」は、その母親のことを歌った自伝的な作品である。とっくの昔に現役を引退し、カナダでおよそ芸術とは程遠い生活を送っている母親のことを、東欧的な哀愁を漂わせた脱臼気味のロックンロールに乗せて、へべれけな歌声でユーモアたっぷりに歌う。彼女の作品の中では私はこれが一番好きだ。私的でありながら普遍的な魅力を持つ、ミシェル・グレーヴィチの最高傑作のひとつである。

≫ Read More

| Diva Legends | 04:30 | TOP↑

≫ EDIT

Michelle Gurevich──ロシアの恋の物語



アーティスト名:ミシェル・グレーヴィチ
以前の名前:チャイナウーマン Chinawoman
出身地:カナダ、トロント(ロシア系カナダ人)
活動拠点:ドイツ、ベルリン
ジャンル:ロシア系頽廃東欧エレクトロニック歌謡
似ているアーティスト:レナード・コーエンPJ・ハーヴェイ
割と似ているアーティスト:レナ・プラトノスニコヘルミーネサーダ・ボネールアンナ・ドミノアン・ピガールタニタ・ティカラムポーティスヘッドアニカエクスプローデッド・ヴューアンナ・カルヴィリサ・アルマピーチズスーサイドタキシードムーンクライム&ザ・シティ・ソリューションアラ・プガチョワ

≫ Read More

| Diva Legends | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

Leonard Cohen──愛の涯てまで踊っておくれ



 アンコール。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 01:00 | TOP↑

≫ EDIT

さよならレオナルド

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 11:30 | TOP↑

≫ EDIT

Nina Simone meets Prince──時代の流れ



 Hurry before it's 2 Late
 Let's fall in love, get married, have a baby
 We'll call him Nate (if it's a boy)
 We'll call it Nina (if it's a girl)
 But if it's just healthy, we'll call it anyway

 手遅れになる前に早いとこ
 恋をして 結婚して 子供を作ろう
 名前はネイト(男の子だったら)
 名前はニーナ(女の子だったら)
 でも健康でさえあれば 何だっていいわ

 
 ──ニーナ・シモン「Sign "O" The Times」

≫ Read More

| Diva Legends | 05:45 | TOP↑

≫ EDIT

Ms. Lauryn Hill──黒人の怒り



 先月の来日公演が凄まじかったローリン・ヒル。ここでひとつ「Black Rage」という近年の彼女の作品を取り上げることにしたい。

 “黒人の怒り(激昂)”という物々しいタイトルのこの曲は、'12年秋、ナズとローリン・ヒルが合同で北米を廻った〈Life Is Good/Black Rage〉ツアー初日のダラス公演('12年10月29日)で初めて披露され、以後、彼女のコンサートで'14年頃まで歌われていたスタジオ録音未発表の新曲である。“新曲”と言っても、楽曲自体は新しいものではない。「Black Rage」は、ジュリー・アンドリュース主演の映画版で有名なブロードウェイ・ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』(1959)の挿入歌「My Favorite Things(作詞:オスカー・ハマースタイン二世/作曲:リチャード・ロジャーズ)──'61年のジョン・コルトレーン版や、JR東海のCMでもお馴染み──に、ローリンが独自の歌詞をつけた換骨奪胎作品、早い話が、その替え歌なのである。

 『サウンド・オブ・ミュージック』では、主人公の女性家庭教師マリアが、雷を怖がる子供たちを勇気づけるため、自分の好きなものを列挙し、“辛いことがあったとき、私は自分のお気に入りを思い浮かべる、そうすればへっちゃらよ”と歌う。ローリンは、部分的に元の歌詞を流用しながら、「My Favorite Things」を、差別、貧困、不当な暴力などに喘ぐアメリカの黒人たちへのメッセージ・ソングに変えた。「Black Rage」は、タイトル通り、怒りの歌ではある。が、怒りを煽るのではなく、自分たち黒人の怒りの発端となっている事柄を列挙し、客観的に状況を見つめることで、理性的で毅然とした行動を促すような歌になっているのが素晴らしいと思う。

 以下、ローリンの公式サイトで発表された歌詞をもとに、「Black Rage」を和訳する。

≫ Read More

| Diva Legends | 05:00 | TOP↑

≫ EDIT

Ms. Lauryn Hill @ Zepp Tokyo 2016



 イタリアの高級ブランド、エミリオ・プッチのロゴ入りセーター。ランウェイにも登場した'16年秋冬アイテム。プッチのアメリカ公式サイトでは1,080ドル、日本公式サイトでは137,000円で販売されている。13,700円ではなく、137,000円。

 イトーヨーカドーで買った4,000円のセーター(なかなか良い)を着ている私には全く縁のない代物だが、先日、このプッチのセーターをカッコ良く着こなしている女性を見かけた。'16年10月27日(木)、場所はゼップ東京。その女性とは、アメリカのラッパー/歌手、ローリン・ヒルさんである。

≫ Read More

| Diva Legends | 04:30 | TOP↑

≫ EDIT

Trè Samuels──美少年のアンビエンス



名前:トレ・サミュエルズ
生年月日:1999年4月12日(牡羊座)
出身地:オーストラリア、メルボルン
身長:189cm
好きな科目:哲学
恐いもの:サメ
憧れの人:マイケル・ジャクソン、ジェイムズ・ブラウン、マックスウェル
特技:歌

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 23:45 | TOP↑

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月