2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

≫ EDIT

スクリーミン・ジェイの奇妙な世界【1】〜声がする



 孤高のオルタナティヴ・リズム&ブルース歌手、永遠の異邦人、スクリーミン・ジェイ・ホーキンス Screamin' Jay Hawkins(1929〜2000)の魂を蘇らせる新連載“スクリーミン・ジェイの奇妙な世界”。棺桶の蓋を開け、改めて彼の魔法にかかってみようという一種の肝試し企画である。

 ベンジャミン・クレメンタインの登場やオルタナティヴR&Bの興隆に伴って、近年、個人的にこの人への再評価熱が高まっていた。ヴードゥーやジャングルをモチーフにした数々の珍曲や怪曲、マント姿で棺桶から登場する奇抜なパフォーマンスによって、単にキワモノ視されることも多いスクリーミン・ジェイ・ホーキンスだが、その歌の根底には人間の普遍的な魂の叫喚がある。彼は誰もが抱えるような苦しみや悲しみを、誰も持ち合わせないユーモアと歌唱力で表現した稀有なアーティストだった。また、アフリカ系アメリカ人である彼は、いかなる人種的立場も取らず、公民権運動とは全く違う地平から人々の差別意識や偏見に挑んだ真のアウトサイダー/挑発者でもあった。彼は誰にとっても奇妙な存在──いわば、完全なる異邦人(エイリアン)であり、そういう意味では(お化けや怪物と同じように)彼の音楽は受け手を選ばないと言える。好きか嫌いかはまた別の話だが、スクリーミン・ジェイ・ホーキンスが好きな人に悪い人はいない、というのが私の持論である。彼の歌声を聞き流すことはできない。耳を塞ぐか、身を委ねるか。一度聴いたが最後、彼の歌声はあなたの魂と横隔膜を容赦なく揺さぶるだろう。

 彼の一世一代のヒット曲「I Put A Spell On You」(1956)については、3年前の記事で詳しく書いた。今回の連載では、それ以外の彼の名曲を毎回ひとつずつ歌詞拙訳と共に紹介していきたい。私の音楽ファン人生を賭けた構想25年の魂の企画だが、実際に始めようと思ったのは2日前のことなので、2回目以降のことはまだ何も考えていない。50回くらいまで続くかもしれないし、1回で終わるかもしれないが、とりあえず不定期連載という形で、いつでもスクリーミン・ジェイについて語れる環境を作っておきたい。

 記念すべき第1回で取り上げるのは、「I Put A Spell On You」さえも凌ぐ怪奇ブルースの大傑作曲「I Hear Voices」(1962)。あなたにも“声”が聞こえるか?!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 07:00 | TOP↑

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月