2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

≫ EDIT

エバ・ジェルバブエナ『アイ!』@オーチャードホール



 エバ・ジェルバブエナの来日公演を観た。
 
 私の音楽ファン人生に破壊的な衝撃をもたらした'14年3月の『泥と涙』から3年半、エバ・ジェルバブエナ舞踊団の待望の再来日。彼女の舞台を観てすっかりフラメンコにヤラれてしまった私は、その後、ロシオ・モリーナ('14年4月、'15年11月)、マリア・パヘス('15年4月)、サラ・バラス('15年9月)、アンダルシア・フラメンコ舞踊団('15年9月)、パロマ・ファントーバ('17年6月)の公演に足を運んだ('16年はイスラエル・ガルバンの公演が怪我で中止になったり、個人的にフラメンコから離れていたせいで何も観ず)。フラメンコの人気舞踊団は大体2〜3年くらいのスパンで来日するので、これで一巡したような感じもある。どれもそれぞれに素晴らしかったが、個人的にはやはり一番最初に観たエバ・ジェルバブエナの公演の感動が最も強く、他の現代フラメンコ・アーティストたちをいくつか生で観た上で、改めて彼女の凄さを確認したいと私はずっと思っていた。

 前回と同様、今回もエバは2つの演目を携えて来日した。オーチャードホールでの東京公演2日間のうち、初日の'17年9月16日が『アイ!』、2日目の9月17日が『仮面』。私はもちろん両方観た(『アイ!』は1階席13列目、『仮面』は10列目で鑑賞)。先に結論を言ってしまうと前者の方が遙かに良かったのだが、この2つは全くタイプの異なる作品で、それぞれに面白さがあった。まずは圧巻の『アイ!』から。

≫ Read More

| Dance to Jazz and All That Jazz | 05:40 | TOP↑

≫ EDIT

Lianne La Havas @ Sofar Sounds Tokyo 2017



 '17年9月21日(木)、渋谷クラブクアトロで80分間の素晴らしい弾き語りパフォーマンスを披露したリアン・ラ・ハヴァス。そのショウについては改めて書くとして、今回はその前日の9月20日(水)、彼女が東京の自由が丘で参加したソファーサウンズのイベントについて──私は実際に行ったわけではないが──紹介することにしたい。渋谷クラブクアトロでの単独公演の他に、今回の来日でリアンはもう1本ライヴをやっていたのである。彼女がそのイベントに出演することは、関係者以外、事前に誰も知らなかった。

≫ Read More

| Diva Legends | 10:10 | TOP↑

≫ EDIT

Lianne La Havas──トーキョー



 Alone in Tokyo なう。

≫ Read More

| Diva Legends | 07:45 | TOP↑

≫ EDIT

危うし結弦!? ネイサン・チェンの「Nemesis」



 日本フィギュア・スケート界のプリンス、羽生結弦を猛追するアメリカの新鋭、ネイサン・チェン Nathan Chen('99年生まれ。羽生の5歳下)。彼の今季ショート・プログラムの使用曲は、なんとベンジャミン・クレメンタインの「Nemesis」である。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:10 | TOP↑

≫ EDIT

【速報】レコファン渋谷店の新譜コーナー



 今日(9月16日)、オーチャードホールでエバ・ジェルバブエナを観た後、レコファン渋谷店に寄ったら……

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

あたしの腹話術



 11月まで待てない。

≫ Read More

| Diva Legends | 09:00 | TOP↑

≫ EDIT

俺の腹話術

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 04:30 | TOP↑

≫ EDIT

ジャズメンの隠れ家? らーめん山頭火 原宿店



 原宿にあるラーメン屋、山頭火(さんとうか)に行ってきた。
 
 私はフードライターでもラーメンマニアでも何でもないが、ここは以前から気になっている店だった。山頭火は全国にチェーン店があり、渋谷や新宿にも店舗があるのだが、私が行きたかったのはこの原宿店である。なぜかと言うと……

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 03:10 | TOP↑

≫ EDIT

Sting──ニューヨークの英国人



 9月に入ってめっきり涼しくなったところで、ひとつ秋冬らしい曲を取り上げることにしたい。スティングの「Englishman In New York」(1987)。音楽ファンでなくとも知らない人はまずいないだろう超有名曲である(当時、富士フィルムのCFに使われていたことを懐かしく思い出す)。人気曲だけあってネット上には多くの和訳が存在するが、いい詞なので私も訳してみたい。

 「Englishman In New York」は、英国の作家でゲイ・アイコンとしても知られたクエンティン・クリスプ Quentin Crisp(1908〜1999)に捧げられた曲。礼儀作法を重んじる英国人のイメージをちょっと戯画的に描きながら、“Be yourself no matter what they say”という普遍的なメッセージに繋げているあたりも人気の秘密だろう。“エイリアン(よそ者、異邦人)”というキーワードは、スティングと同じく英国出身であるベンジャミン・クレメンタインの新作『I Tell A Fly』にも通じる。当時のスティングのアルバムとツアーにも参加していたブランフォード・マルサリスやケニー・カークランドの他、実際にクエンティン・クリスプ本人も出演したモノクロのジャジーなヴィデオ(デヴィッド・フィンチャー監督)も名作だ。これぞエレガンスの見本である。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

Roland Aerophone AE-10 feat. Masego



 日本の大手楽器メーカー、ローランドが開発し、'16年秋に発売したデジタル吹奏楽器、エアロフォン Aerophone AE-10。この新楽器の広告モデルをマセーゴが務めている。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 04:20 | TOP↑

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月