2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Top Of The Pops [September 1984]

SO_TOTP1.jpg
TOP OF THE POPS
Broadcast: 27 September 1984 (UK)
Performance: Smooth Operator
Personnel: Sade Adu (vocals), Stuart Matthewman (sax), Andrew Hale (keyboards), Paul S Denman (bass), Dave Early (drums), Martin Ditcham (percussion)

 '84年3月以来の出演となる〈Top Of The Pops〉。最新シングル曲「Smooth Operator」を引っ提げての登場(ランキングは第29位)。アデュは同シングルのポスター・スリーヴでも見られたレザー・ジャケットでいなせに決めている。同年3月「Your Love Is King」のプロモーション時期よりも、顔が若干ふっくらしている印象を受ける。パフォーマンスは生演奏ではなく、歌もリップシンク。音源に使われているのはもちろん再録音版(シングル版)の方である。


SO_TOTP2.jpg
SO_TOTP3.jpg

 観客がステージ正面と脇のバルコニーに入れられ、バンドを取り巻きながら適当に盛り上がっているという、よくある音楽番組の演出。ステージ上にはシャーデーの4人に、デイヴ・アーリー(ドラム)、マーティン・ディッチャム(パーカッション)の2人を加えた当時の基本メンバー全員。ツアーでは、更にゴードン・マシューマン(トランペット)、テリー・ベイリー(トロンボーン)の2人が加わる。口パクということもあってか、アデュはあまり緊張しているようにも見えず、割と淡々と出演をこなしている感じがする。

 アデュとマシューマン(サックス)のツーショットが目立ち、この2人がバンドのフロントであることが印象づけられるようなカメラワーク。右隣にいるデンマン(ベース)はちらちら映るが、右後方のヘイル(キーボード)はほとんど映らず、少し可哀想である。
 また、華やかな表舞台の中にも、前回3月の〈TOTP〉出演時にいた結成メンバーのポール・クック(ドラム)が消えているところに、切ない裏の人間ドラマが感じられたりもする('84年1月に彼は印税を巡る対立からバンドを外れたが、3月に〈TOTP〉出演のため一時的に呼び戻された)。彼はどのような気分でこのテレビ放映を観ていたのだろう。
 
 この〈TOTP〉出演の少し前、'84年9月初旬にシャーデーはプロモーションのために初来日を果たし、都内のクラブ数ヶ所でショウケース・ライヴを敢行した。この映像のBBC再放映時にはテロップが入り、“このTOTP出演から間もなく、この地球はミス・アデュに揺れた。彼女が東京に滞在していたところ、地震が発生。幸い彼女はベッドにいて、落っこちることはなかった”などというトリビアも紹介されている。このテレビ出演に前後して彼らはヨーロッパを廻り、10月下旬~11月初旬にイギリス凱旋ツアーを行う。

| TV Appearances | 01:42 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT