2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Soldier Of Love Tour [2011]

SOL_Tour_2011_soldier.jpg

 アルバム『SOLDIER OF LOVE』を引っ提げた世界ツアー。'01年に北米のみで行われた『LOVERS ROCK』 のツアー(7~9月/42公演)以来、シャーデーにとって丸10年ぶりのコンサート・ツアーとなる。

 '10年9月30日にまず北米10公演の日程が公式発表され、続いて10月12日にシャーデーの母国イギリスを含む18年ぶりの欧州ツアーが発表された。その後、'11年3月に北米公演の日程が大幅に追加され、6月末にはロシア公演を含む欧州再ツアーも決定。日程はツアーの経過と共に追加され、最終的に欧州38公演+北米54公演+南米7公演+豪州6公演+中東1公演=計106公演を行う大規模な世界ツアーとなった。前座にはジョリー・ボーイズ(欧州/4~5月)、ジョン・レジェンド(北米/6~9月)という超豪華アクトが起用されている。

 初日は'11年4月29日、フランスのニース公演。『SOLDIER OF LOVE』発表('10年2月8日)から約15ヶ月間という長いブランクを置いたこともあり、開幕に合わせて、ツアーをフォローする形で新曲を含む新たなベスト盤『THE ULTIMATE COLLECTION』も発売された。満を持した10年ぶりのステージは、『SOLDIER OF LOVE』とベスト盤収録の新曲+過去の代表曲の数々が、不動のメンバーによる鉄壁のパフォーマンスと洗練された演出で披露される、まさにシャーデーの“究極コレクション”的な内容となった。


最終更新日: 2011年12月26日
※この記事はツアー終了まで随時更新されます


SOL_tour2.jpg
SOLDIER OF LOVE TOUR

TOUR DATES:
Opening: April 29, 2011
Closing: December 16, 2011
Total performances: 106

EUROPE
29 April 2011 - Palais Nikaia, Nice - France
01 May 2011 - Sportpaleis Antwerp, Antwerp - Belgium
03 May 2011 - O2 World, Hamburg - Germany
04 May 2011 - Konig-Pilsener Arena, Oberhausen - Germany
06 May 2011 - Mediolanum Forum, Milan - Italy
07 May 2011 - Schleyerhalle, Stuttgart - Germany
09 May 2011 - Forum Copenhagen, Frederiksberg - Denmark
10 May 2011 - Ericsson Globe, Stockholm - Sweden
12 May 2011 - Festhalle, Frankfurt - Germany
13 May 2011 - O2 World, Berlin - Germany
14 May 2011 - O2 Arena Prague, Prague - Czech Republic
16 May 2011 - Hallenstadion, Zurich - Switzerland
17 May 2011 - Bercy, Paris - France
19 May 2011 - Olympiahalle Munich, Munich - Germany
20 May 2011 - Galaxie Amneville, Amneville - France
21 May 2011 - Lanxess Arena, Cologne - Germany
23 May 2011 - Ahoy, Rotterdam - Netherlands
25 May 2011 - O2 Dublin, Dublin - Ireland
27 May 2011 - M.E.N. Arena Manchester, Manchester - England
29 May 2011 - LG Arena Birmingham, Birmingham - England
31 May 2011 - The O2 Arena, London - England

NORTH AMERICA - United States, Canada
16 June 2011 - 1st Mariner Arena, Baltimore, MD
18 June 2011 - Consol Energy Center, Pittsburgh, PA
19 June 2011 - Wells Fargo Center, Philadelphia, PA
21 June 2011 - Nassau Coliseum, Uniondale, NY
22 June 2011 - Verizon Center, Washington, DC
24 June 2011 - Izod Center, East Rutherford, NJ
25 June 2011 - Prudential Center, Newark, NJ
28 June 2011 - Air Canada Centre, Toronto, ON
30 June 2011 - Bell Centre, Montreal, QC
02 July 2011 - Trump Taj Mahal, Atlantic City, NJ
03 July 2011 - Mohegan Sun Arena, Uncasville, CT
06 July 2011 - TD Garden, Boston, MT
08 July 2011 - Conseco Fieldhouse, Indianapolis, IN
09 July 2011 - Quicken Loans Arena, Cleveland, OH
10 July 2011 - Schottenstein Center, Columbus, OH
12 July 2011 - Philips Arena, Atlanta, GA
13 July 2011 - Philips Arena, Atlanta, GA
15 July 2011 - BankAtlantic Center, Ft. Lauderdale, FL
16 July 2011 - American Airlines Arena, Miami, FL
17 July 2011 - Amway Center, Orlando, FL
22 July 2011 - New Orleans Arena, New Orleans, LA
23 July 2011 - Toyota Center, Houston, TX
24 July 2011 - American Airlines Center, Dallas, TX
26 July 2011 - Sprint Center, Kansas City, KS
28 July 2011 - Scottrade Center, St. Louis, MO
29 July 2011 - FedEx Forum, Memphis, TN
31 July 2011 - Time Warner Cable Arena, Charlotte, NC
01 August 2011 - Bridgestone Arena, Nashville, TN
03 August 2011 - The Palace at Auburn Hills, Detroit, MI
05 August 2011 - United Center, Chicago, IL
06 August 2011 - United Center, Chicago, IL
07 August 2011 - United Center, Chicago, IL
09 August 2011 - Target Center, Minneapolis, MN
11 August 2011 - Pepsi Center, Denver, CO
13 August 2011 - Rogers Arena, Vancouver, BC
14 August 2011 - Key Arena, Seattle, WA
15 August 2011 - Rose Garden Arena, Portland, OR
17 August 2011 - Power Balance Pavilion, Sacramento, CA
19 August 2011 - Staples Center, Los Angeles, CA
20 August 2011 - Staples Center, Los Angeles, CA
21 August 2011 - Staples Center, Los Angeles, CA
23 August 2011 - Cricket Amphitheatre, San Diego, CA
25 August 2011 - HP Pavilion, San Jose, CA
26 August 2011 - Oracle Arena, Oakland, CA
27 August 2011 - Oracle Arena, Oakland, CA
30 August 2011 - Honda Center, Anaheim, CA
31 August 2011 - Honda Center, Anaheim, CA
02 September 2011 - U.S. Airways Center, Phoenix, AZ
03 September 2011 - MGM Grand Garden Arena, Las Vegas, NV
04 September 2011 - Citizens Business Bank Arena, Ontario, CA
07 September 2011 - Frank Erwin Center, Austin, TX
09 September 2011 - KFC Yum! Center, Louisville, KY
10 September 2011 - Greensboro Colisuem, Greensboro, NC
12 September 2011 - Scope Arena, Norfolk, VA

SOUTH AMERICA
12 October 2011 - Movistar Arena, Santiago de Chile - Chile
13 October 2011 - Movistar Arena, Santiago de Chile - Chile
15 October 2011 - Anfiteatro Vicente Lopez, Buenos Aires - Argentina
19 October 2011 - Ibirapuera Auditorium, Sao Paulo - Brasil
20 October 2011 - Ibirapuera Auditorium, Sao Paulo - Brasil
22 October 2011 - HSBC Arena, Rio de Janeiro - Brasil
25 October 2011 - Nilson Nelson Gymnasium, Brasilia - Brasil

EUROPE
29 October 2011 - Armeec Arena, Sofia - Bulgaria
30 October 2011 - Belgrade Arena, Belgrade - Serbia
02 November 2011 - Saku Suurhall, Tallinn - Estonia
03 November 2011 - Hartwall Areena, Helsinki - Finland
05 November 2011 - Ice Palace, St Petersburg - Russia
07 November 2011 - Crocus City Hall, Moscow - Russia
08 November 2011 - Crocus City Hall, Moscow - Russia
11 November 2011 - Atlas Arena, Lodz - Poland
13 November 2011 - Zimny Stadion Ondreja Nepelu, Bratislava - Slovakia
15 November 2011 - Leipzig Arena, Leipzig - Germany
16 November 2011 - SAP Arena, Mannheim - Germany
18 November 2011 - Hallenstadion, Zurich - Switzerland
19 November 2011 - Westallenhalle, Dortmund - Germany
20 November 2011 - Lotto Arena, Antwerp - Belgium
22 November 2011 - Zagreb Arena, Zagreb - Croatia
23 November 2011 - Papp Laszlo Arena, Budapest - Hungary
25 November 2011 - Wiener Stadthalle, Vienna - Austria

AUSTRALIA
02 December 2011 - Rod Laver Arena, Melbourne
03 December 2011 - Adelaide Entertainment Centre, Adelaide
06 December 2011 - The Esplanade, Perth
09 December 2011 - Sydney Entertainment Centre, Sydney
10 December 2011 - Sydney Entertainment Centre, Sydney
12 December 2011 - Brisbane Entertainment Centre, Brisbane

UNITED ARAB EMIRATES
16 December 2011 - Yas Arena, Yas Island, Abu Dhabi



PERSONNEL: Sade Adu (vocals), Stuart Matthewman (guitar, sax), Andrew Hale (keyboards), Paul S Denman (bass), Ryan Waters (guitar), Pete Lewinson (drums), Karl Vanden Bossche (percussion), Leroy Osbourne (backing vocals, guitar, flute), Tony Momrelle (backing vocals)

SETLIST: Soldier Of Love / Your Love Is King / Skin / Kiss Of Life / Love Is Found / In Another Time / Smooth Operator / Jezebel / Bring Me Home / Is It A Crime / Still In Love With You (1st European Leg) / Love Is Stronger Than Pride (North/South America, 2nd European Leg) / The Safest Place (Australia, United Arab Emirates) / All About Our Love / Paradise / Nothing Can Come Between Us / Morning Bird / King Of Sorrow / The Sweetest Taboo / The Moon And The Sky / Pearls / No Ordinary Love / By Your Side / Cherish The Day

SHOW CONCEIVED BY: Sade Adu & Sophie Muller
SHOW DIRECTED BY: Sophie Muller
LIGHTING AND PRODUCTION DESIGNED BY: Baz Halpin

OPENING ACTS: The Jolly Boys (1st European Leg), John Legend (North America), DJ Ross Allen (2nd European Leg), Hamdan Al-Abri (United Arab Emirates)


PERFORMANCE:

SOL_tour3.jpg

 メンバーは'01年ツアーと全く同じ顔ぶれの全9名。アルバム宣伝のためのテレビ出演('10年2~4月)で不在だったパーカッションのカール・ヴァンデン・ボッシュがツアーで復活を果たした。また、シンプリー・レッドの解散ツアー('10年4~12月)への参加のため、'10年4月のテレビ出演でバンドから一時離脱したドラムのピート・ルウィンソンも無事に合流している。今回も不動のメンバーによる息の合った素晴らしい演奏が聴ける。

 前回ツアー同様、コンサート会場には収容人数1万~2万人クラスの大型アリーナが選ばれ(日本では有明コロシアム、代々木第一体育館、日本武道館、横浜アリーナなどの規模に相当)、ステージでは巨大スクリーンを使った様々な演出を見ることができる。ステージ前方に透明スクリーンを下ろし、そこに映し出される映像越しにバンドが演奏するという演出も引き続き数曲で取り入れられている。スクリーン映像はメンバーを使ってコンサート用に撮り下ろされたものも多く、前回ツアー以上に凝っている。ステージ背面の全体を占める巨大スクリーンの映像は、今回のショウの大きな目玉のひとつだ。基本的にステージ背後のメイン・スクリーンには事前に用意されたイメージ、両脇の2つのサブ・スクリーンにはステージ上のメンバーたちの様子がリアルタイムで映し出される。

SOL_tour4.jpgSOL_tour5.jpg
会場全景──'11年(左)と'01年(右)。'11年ツアーではステージ全体が前方へ迫り出している

 メイン・スクリーンは一般的なコンサートでステージ最前方に当たる位置にあり、ステージ本体は更にその手前の客席側へ迫り出すように設営されている(真横のスタンドにも観客が入れられている)。このため、観客はバンドをより身近に感じることができる。ステージは正方形に近い形をしており、前方部分を除き、全体的に緩やかな傾斜がつけられている。ステージ上にはモニター・スピーカー等の機材類や装飾的なオブジェは一切置かれず、4台のバンドスタンド、各人の楽器、ギターのフットスイッチを除き、全くと言っていいほど何もない。のっぺらぼうか真っ白いキャンバスのようなこのステージ空間が、スクリーン映像と照明によって次々とイメージを変え、観客に常に新鮮な驚きと感動を与えるのである。

SOL_tour11.jpg
シンプルの極みのようなステージ・セット

 演出を手掛けているのは、シャーデーの長年のコラボレーターであるソフィ・ミュラー。ショウの原案はミュラーとアデュの2人によって練られている。シャーデーの表現をよく理解するミュラーならではの洗練された視覚演出によって、これまで彼らが作り上げてきた音楽の魅力が観客に余すところなく伝えられる。プロダクション・デザインは、アリシア・キーズ、クリスティーナ・アギレラ、ピンク、ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフト、レディ・アンテベラム、ティナ・ターナー、シェール等々、多くの有名アーティストのステージを製作するサイレント・ハウス・プロダクション Silent House Productions が手掛けている(デザイナーのバズ・ハルピンのサイトでは多くの素晴らしいステージ写真、サイレント・ハウスのサイトではプロダクション・デザインのラフ・スケッチを見ることもできる)。また、過去ツアーでアデュはアンコール時に一度衣裳を着替えるだけだったが、このツアーで彼女は4種類の衣裳を身に付けている。衣裳もあわせて、前回ツアー以上にバラエティに富んだ演出がステージの大きな魅力だ。セットリストは日毎に変わることはなく、毎回、入念に作り込まれた完成度の高いパフォーマンスが披露される。

 アデュはショウについて以下のように説明する。

「どうせやるなら素晴らしいものにしたい。テーラーだったら、ポリエステル製なんかじゃなく、それまでで最高のスーツを作りたいと思うようにね。アルバムが完成した時に即ツアーには出たくなかった。私には準備ができていなかった。すごいものにしたいのよ。普通に曲を披露することもできたけど、それは既にレコーディングでやったわけで。視覚面でも音楽を表現しないとね」(21 June 2011, Rolling Stone)

「コンセプトはシンプル。でも、とても大掛かりなステージよ。色んな演出があって、今まで以上にシアトリカルな内容になってる。ステージが次から次へと違った姿を見せるところが見所ね。それによってバンドの発展の様子が表されるのよ」(6 July 2011, The Indianapolis Star)

 アデュの衣裳替えに沿って、ショウは大きく4部構成で捉えることができる。以下、各曲のパフォーマンスを順に見ていこう(この先は完全なネタバレなのでご注意下さい)。


【ACT 1】

SOL_soldier1.jpg
SOL_soldier2.jpgSOL_soldier3.jpg
Soldier Of Love

 '11年ツアーはオープニングから観客の度肝を抜く。真っ暗な場内に響き渡る暴風のSE。マカロニ・ウェスタンの戦闘場面で流れそうなサントラ風の不穏なBGMが流れ、3枚の巨大な幕で覆われたステージが雷光のように明滅する(画像上段)。そこへ、耳慣れたラッパの音が開戦を告げるように鳴り響く。「Soldier Of Love」! 同時に、ステージを覆っていた巨大な幕が一瞬にして天井へ引き込まれて取り払われる(この幕の消え方が手品みたいでスゴい)。
 暗闇の中、ステージ中央の床に空いた長方形の小さな隠し穴から光が溢れ、「Soldier Of Love」イントロの軍隊ドラムに乗って、アデュが一歩一歩階段を上りながらそこから姿を現す(画像下段)。続いてステージ後方から他のメンバーたちが一斉に床から迫り上がってくる。一度後ろを振り返り、指揮官らしくメンバーを確認した後、手にしていたハンドマイクでアデュが歌い出す……。

 全員が床から登場するこのオープニングは、いかにも“戦士登場”という感じで実に盛り上がる。戦火を思わせる赤い照明をバックに、全員がシルエットで浮かび上がる光景は迫力満点だ。過去ツアーでは先にバンドがステージに登場し、イントロに乗って最後にアデュが登場するのがお決まりのパターンだったが、今回はいきなりアデュが先陣を切って出てくるので驚く。しかも、意外な場所から。床から登場する彼らを見て、観客は〈DANGEROUS〉ツアーのマイケル・ジャクソンを思い出す必要がある。「Soldier Of Love」ヴィデオにはマイケルへの言及があった。このオープニング場面で、シャーデーはまるでマイケルの弔い合戦を始めようとしているように見える。まさかこんな演出を考えてくるとは。なんと感動的なオープニングだろう。

SOL_soldier4.jpg
SOL_soldier5.jpgSOL_soldier6.jpg
SOL_soldier7.jpgSOL_soldier8.jpg

 コンサート第1部のアデュの衣裳は、アームカバーとウェストサポーターのようなベルトを装着した黒ずくめの戦士ルック。アルバム・プロモ期間中のテレビ出演でよく着ていたものだ。バックの男たちも全員黒ずくめ。彼らが床から迫り出してくる時に乗っていた昇降可能なバンドスタンドがステージ後方に4つ並んでおり、左から順に、カール・ヴァンデン・ボッシュ(パーカッション)、アンドリュー・ヘイル(キーボード)、リロイ・オズボーン&トニー・モムレル(バック・ヴォーカル)、ピート・ルウィンソン(ドラム)の定位置となる。そして、バンドスタンド手前のステージ左側にライアン・ウォーターズ(ギター)とスチュアート・マシューマン(ギター/サックス)、右側にポール・デンマン(ベース)が構える。各人のポジションも前回ツアーとほぼ一緒である(パーカッションとキーボード、バック・ヴォーカル隊とドラムの位置がそれぞれ逆転している)。

 「Soldier Of Love」では、マイケル「Jam」「They Don't Care About Us」のステージ・パフォーマンスを思わせる同曲ヴィデオの群舞映像(ファティマ・ロビンソン振付)が背景スクリーンに映し出される(この演出は'10年3月4日のエコー賞で早くも披露されていた)。「Soldier Of Love」の軍隊風ダンスが「Jam」に似ていることを考えると、床から登場するオープニングの演出が尚更マイケルっぽく思えてくる(言うまでもなく、床からトースターで飛び出した後にマイケルが歌った曲が「Jam」だった)。
 ステージを左右に動き回りながら威風堂々と歌うアデュ。後ろではマシューマン、ウォーターズ、デンマンの3人がリフに合わせてギターを銃のように構え、オズボーン&モムレルは腕を後ろに組んで仁王立ち。パフォーマンスそのものは基本的にテレビ出演時と同じだが、ツアーでは終盤の演奏が長く、アデュとオズボーン&モムレルが頷きながら左・正面・右に顔を向ける新しい動きも見られる。テレビ出演時に結構いい加減だった“その場一回転”の振付を、アデュがツアーで毎回真面目にやっているのが印象的。ヴォーカルも気迫に満ちて力強さを増している。緑色の背景に4つのバンドスタンドが赤く浮かび上がる光景、サビの“I wait for the sound”で炸裂するステージ両脇のストロボ照明が実にカッコいい。ツアーではオズボーン&モムレルの立ち位置がアデュのすぐ背後からステージ後方のスタンドに変わったため、3人揃った振付はちょっと見映えが落ちるものの、スクリーン映像や照明を含めたパフォーマンス全体の迫力は、さすがテレビ出演時とは段違い。覇気溢れる素晴らしいオープニング・ナンバーだ。


SOL_king1.jpg
SOL_king2.jpgSOL_king3.jpg
SOL_king4.jpgSOL_king5.jpg
Your Love Is King

 最新曲を披露した後、アデュの軽い挨拶MCに続いて、バンドは一気に27年前のデビュー曲へと溯る。スチュアート・マシューマンの吹くイントロのサックスを耳にした瞬間、無条件で幸福感に包まれる。この曲はいつでも同じ空気を運んでくる。オープニングの緊張がここで一気に緩和され、観客はお馴染みのシャーデーの世界へ連れて行かれるわけだ。「Your Love Is King」は'01年ツアーでも2曲目に演奏されたが、今回もその必勝パターンが踏襲されている。
 この曲はスクリーン映像による特別な演出もなく、ブルーを基調とした照明でシンプルに披露される。バンドの演奏やアデュのヴォーカルの雰囲気は前回ツアーと変わらないが、これは何度聴いても素晴らしい。リロイ・オズボーンは今回もこの曲でフルートを吹いている(どうでもいいが、カール・ヴァンデン・ボッシュはこのツアーでもボーラーを被っている。前回ツアーではコンサート序盤だけだったが、今回はずっと被りっぱなし。この人はボーラーが好きなようだ)。


SOL_Skin8.jpg
SOL_skin3.jpgSOL_skin6.jpg
SOL_skin4.jpgSOL_skin5.jpg
Skin

 がっちり観客の気持ちを掴んだところで、3曲目は再び新譜から「Skin」。『LOVE DELUXE』の「Bullet Proof Soul」を彷彿させるミディアム・スローのクールなナンバー。前回ツアーで3曲目に「Somebody Already Broke My Heart」が演奏されたのとよく似た流れだ。スクリーンにはリズムに合わせて明滅する熱線のような光の帯のイメージが映し出される(同時にバンドスタンドも黄色く明滅する)。不気味な熱線のイメージは、歌の主人公──恋人への想いを断ち切ろうとしている女──の中でくすぶり続ける“火種”を表現しているのだろうか。その危ない火種は、クライマックスでいきなり暴発する。曲の終盤、バンドはアルバム版にはないマシューマンのロック・ギターをフィーチャーしたブレイクダウンに突入し、続けてマックス音量で鬼のような爆発ぶりを見せる。無茶苦茶に暴れまくるルウィンソンのドラム。断末魔のようなマシューマンのギター。シャーデーがいきなりハードロック・バンドに化ける。暴発としか形容しようがない最後の8小節はただごとではない。これはヤバい。
 “かつてのマイケルのように(Like Michael back in the day)”とマイケル・ジャクソンに言及する歌詞の部分で、アデュがマイケル風(?)のポーズをする場面(画像下段左/右手で銃の形を作り、左手を腰に当てて横を向く)にも注目したい。この部分ではスタジオ版と同じく“ホ~ゥッ!”という叫び声も入る。


SOL_Kiss6.jpg
SOL_kiss2.jpgSOL_Kiss7.jpg
SOL_Kiss8.jpgSOL_Kiss9.jpg
Kiss Of Life

 続いて必殺のクラシック「Kiss Of Life」。前回ツアーではコンサート中盤に披露されて会場を和ませたが、今回は早くも序盤で登場。スクリーンには原っぱで自然と戯れる黄色いワンピース姿のアデュが映し出される。まるでアイドルのイメージ・ヴィデオみたいな映像だ(50代でこういうことをやれるのがスゴい)。ライト・グリーンの照明がスクリーンに映る草花の様子と相まって美しい。いかにもオーガニックな感じ。今回のスクリーン映像は、このようにアデュやバンドのメンバーを使って撮り下ろされたものが多い。コンサート映像がソフト化される際には、スクリーン用の映像もボーナス収録してもらいたいものだ(アングル切替でスクリーン映像だけ観られるようにしてくれると最高)。尚、アデュはこの曲からアームカバーを外している。ツアー初期はアームカバーをつけたまま歌っていたが、後に「Skin」のギター・ソロの最中に外すようになった。アームカバーが「Kiss Of Life」の柔和な雰囲気に合わないと判断されたためだろう。
 演奏はいつもの通り、終盤でライアン・ウォーターズのギターがフィーチャーされ、その間にマシューマンがサックスからギターに持ち替える。ピースフルなパフォーマンスですっかり気持ちが和んでしまう。緩急の付け方が巧みで、観客はどんどんショウに引き込まれていく。


SOL_found1.jpg
SOL_found2.jpgSOL_found3.jpg
SOL_found4.jpgSOL_found5.jpg
Love Is Found

 最新ベスト盤収録の無敵の新曲「Love Is Found」。アグレッシヴなビートに合わせて、アデュと男性ダンサーの踊るモノクロのシルエット映像がスクリーンに映し出される。ステージ上のメンバーたちのシルエットがスクリーン内のシルエットと混ざり合い、面白い視覚効果を生んでいる。瞬間的に白と黒が反転する映像(画像下段左)や、暗転してアデュだけをシルエットで浮かび上がらせる照明(画像下段右)もシャープで実にカッコいい。男女が踊りながら絡むシルエットのイメージは、マイケルのヴィデオ「In The Closet」を少し思い出させる(マイケル&ナオミのようなセクシーな絡み方ではないが)。ヒップホップ版「Espana Cani」とでも言うべきこの曲を、こういうスタイリッシュなモノクロのヴィジュアルで見せるというのはちょっと意表を突く演出だ。スタイル自体は異なるが、男女ペアのダンスはパソドブレをイメージしているようにも見える。ジャズ・ヒップホップ調のダンスを披露している男性ダンサーは、マドンナのバック・ダンサーとして知られるダニエル・クラウド・カンポス。この曲にはライヴ映像を使ったモノクロの音楽ヴィデオも制作された('11年7月7日公開)。尚、アデュはこの曲からベルトを外している。
 ここまでステージの基調色は緑→青→赤→黄緑→白黒と移り変わり、曲ごとに全く違うムードが演出されている。第1部は曲ごとの色彩の変化の付け方が鮮やかだ。


SOL_another1.jpg
SOL_another2.jpgSOL_another3.jpg
SOL_another4.jpgSOL_another5.jpg
In Another Time

 新譜収録のレイドバックしたスロー「In Another Time」。前の曲とはまたガラリと趣を変え、ステージ右側にメンバーが集まってアンプラグド的なパフォーマンスを披露('93年ツアーの「Like A Tatoo」の雰囲気に近い)。右端のドラム前方にヘイルのキーボードが置かれ、その横でアデュがスツールに腰掛けながら情感たっぷりに歌う。オズボーン、モムレル、マシューマン、ボッシュの4人もバンドスタンドに腰掛けてのパフォーマンス(4人が腰掛けやすいよう、この曲では微妙にスタンドの高さが上げられている。芸が細かい)。デンマンはアルバムと同じくアップライト・ベースを演奏。オズボーンがアコギでソロを弾く場面も見られる。後半ではマシューマンが前に出てきてサックス・ソロを披露(今回のツアーではマシューマンのサックス担当曲が前半に集中している)。インティメイトな雰囲気、アルバム版より更に熱のこもった演奏が魅力的だ。ここで第1部終了。


【ACT 2】

SOL_smooth1.jpg
SOL_smooth2.jpgSOL_smooth3.jpg
SOL_smooth4.jpgSOL_smooth5.jpg
Smooth Operator

 第2部はインタールード映像から始まる。メンバーは全員ステージから姿を消し、メイン・スクリーンに怪しげな夜の街の光景が映し出される。そこに流れるサントラ調のジャジーなインストBGMと、電話口の男のモノローグがいかにもフィルム・ノワール的なムードを醸し出す。映し出される盛り場のネオンの中には、“LOS ANGELES”、“CHICAGO”、“KEY LARGO”といった「Smooth Operator」の歌詞に登場する地名が散りばめられている。ネオン映像は、天井から少し下ろされた透明スクリーン──後に披露される「Bring Me Home」で初めて本格的に使われる──にも映し出される(画像中段左)。このインタールードの音楽を手掛けているのは、「Love Is Found」のオーケストラ編曲も手掛けたイギリスの作編曲家、サイモン・ヘイル。彼がアンドリュー・ヘイル(彼とサイモン・ヘイルは血縁ではない)と共作したゲームソフト『L.A. Noire』(2011)のサントラでも、これとよく似た雰囲気のサウンドが聴ける。ちなみに、ショウの冒頭、「Soldier Of Love」が始まる前に流れるスコアもサイモン・ヘイルの手によるものである。

SOL_smooth6.jpgSOL_smooth7.jpg
マイケルの'87年版「Heartbreak Hotel」(左)、'09年版「Smooth Criminal」(右)のイントロ

 映像が進むにつれてメンバーの一部がステージに現れ始め、立ち姿がシルエットで浮かび上がる。「Smooth Operator」ではなく、間違って「Smooth Criminal」が始まるんじゃないかと思うような演出。ネオンサインと人物シルエットのイメージに思わせぶりなモノローグが被さるこのノワール調のインタールードは、マイケルのライヴ版「Smooth Criminal」(および、そのプロトタイプである'87年ツアー版「Heartbreak Hotel」)のイントロに雰囲気がそっくりだ。シャーデーの鮮やかな“Smooth”返し?!

 この3分間のインタールード映像に続き、「Smooth Operator」の演奏が始まる。イントロと共に、着替えを済ませたメンバーたちが再びバンドスタンドで迫り上がりながら登場。スクリーンは、煌びやかな街の夜景の空撮映像に切り替わる(これがまた'09年版「Smooth Criminal」の夜景を思わせる)。アデュは'88年と'93年ツアーのアンコールを彷彿とさせるタキシード・ベストの男装で登場。ファンにはたまらない衣裳だ。メンバーも全員シックなグレーのスーツで決めている。
 「Smooth Operator」は今回もイントロの語り部分は省略。いつも通りのパフォーマンスだが、今回は中盤のベース・ソロの際、アデュがデンマンに向かってひれ伏す場面が大きな見せ場になっている(画像下段右/デンマン、輝いてる!)。もうひとつ、いつもと違うのは、'85年ツアー以来ずっと続いていたインストのメドレー曲「Red Eye」が演奏されないこと。さすがに本人たちも飽きたのかもしれない。「Red Eye」のカットは構わないが、ただ、これによって今回のショウには、ソロを回しながらバンドが演奏力をアピールする場面がなくなっている。特に、ドラムのルウィンソンとパーカッションのボッシュの見せ場がないのはちょっと寂しい(まあ、決してソロだけが見せ場ではないのだが……)。尚、「Smooth Operator」と次の「Jezebel」では、バンドの様子をリアルタイムで映す両脇のサブ・スクリーン映像がモノクロになっている。


SOL_jezebel1.jpg
SOL_jezebel2.jpgSOL_Jezebel7.jpg
SOL_Jezebel6.jpgSOL_jezebel5.jpg
Jezebel

 もうひとつ続けて定番曲「Jezebel」。ジョン・ミリの名短編『Jammin' The Blues』(1944)風に撮られた各メンバーのスタイリッシュなモノクロの演奏場面がスクリーンに映し出される。いかにもジャジー(映像は生演奏ときちんと同期している)。'01年ツアー同様、アデュはステージの端に座り込んで切々と歌う。この曲ではオズボーン&モムレルとボッシュの3人が不在で、ドラムを除いてバンドスタンドも消えている。ヘイルは「In Another Time」の時と同じくドラムの前でキーボードを演奏。陰影の強いモノクロ映像をバックに、ステージ上に点在するメンバーたちがスポットライトで浮かび上がる光景が実に渋くてカッコいい。間奏の際、縦線で分割されたアップライト・ベースの映像の一部が赤く染まるのが鮮やかだ(画像中段左/このモノクロとワンポイントの赤の対比はアンコールで再び登場することになる)。スクリーン映像内でベースを爪弾くデンマンの4本の指に“LOVE”の刺青が確認できる。


SOL_Home8.jpg
SOL_home2.jpgSOL_home3.jpg
Bring Me Home

 新譜から「Bring Me Home」が登場。「Smooth Operator」のインタールードで少し使用された透明スクリーンがここで初めて本格的に活躍する。透明スクリーンはステージ前方に下り、観客はそこに映し出される映像越しにメンバーの姿を見ることになる。この演出は'01年ツアーの「Slave Song」「The Sweetest Gift」でも使われていた。私は透明スクリーンを使った全く同様の演出を他のアーティストのコンサートで何度か体験したことがあるが、目の前のステージ空間一杯に巨大な幻影が立ち現れる光景は迫力満点で、大変に幻想的である。あの繊細な光のマジックは、映像や写真ではなく、実際に会場で目にしないと絶対に美しさが理解できない。これが日本で生で観られないのは本当に残念なことだ。
 「Bring Me Home」では、自然に囲まれた淋しげな田舎道の映像が映し出される。ステージ全体にスクリーンの映像が重なると、まるでアデュたちが道を走っているように見える。歌の主人公は疲れ果て、絶望の淵で“私を安らかな場所(home)へ連れていって”と請う。これはきっとその家路なのだろう。歌詞に合わせて次々と移り変わっていく風景。淡々とした8ビートのメランコリーな曲調ともマッチして、非常に美しいイメージになっている(生で観たいなあ)。


SOL_crime6.jpg
SOL_crime2.jpgSOL_crime3.jpg
SOL_crime4.jpgSOL_crime5.jpg
Is It A Crime

 「Is It A Crime」が早くも登場。これまで決まってコンサート終盤で演奏されてきた大作バラードだが、今回は中盤に置かれた。「Red Eye」のカットと同じく、これもマンネリを避けるための措置なのだろう。いつもの幕引き曲が早々と出てくるのでビックリするが、同じく失意が歌われた「Bring Me Home」からの流れは意外と自然である。スクリーン映像はなく、シンプルな赤い照明をバックにじっくり聴かせる。年期の入ったアデュのヴォーカルとメンバーの演奏は相変わらず素晴らしい。ヘイルのピアノ・ソロ、マシューマンのサックス・ソロはもちろん、終盤では'01年ツアーで観客を大いに沸かせたライアン・ウォーターズのあの必殺ギター・ソロも再び聴ける。
 この曲ではステージに赤いカーテンの柱が下り、セットの高級感が増している。4本のカーテンの柱は、イントロと歌い出しの間のブレイクで劇的に登場する(いきなり天井からドサッと落ちてくる。このカーテンは引き続き後の2曲でもステージを飾る)。これとあわせて4つのバンドスタンドの高さが上がっている点にも注目したい。また、バック・ヴォーカル隊の2人を除き、バンド・メンバーはこの曲からジャケットを脱いでベスト姿になっている(アンドリュー・ヘイルだけベストを着ていないのはなぜだろう。何かこだわりがあるのだろうか?)。


SOL_still1.jpg
SOL_still2.jpgSOL_still3.jpg
Still In Love With You (1st European Leg)

 最新ベスト盤収録、シン・リジィの名カヴァー「Still In Love With You」。「Is It Crime」で極まった緊張感が、このレイドバックしたラヴ・ソングで気持ち良く和らげられる。「Is It Crime」同様、失恋の思いが歌われた曲なので、流れは実にスムーズだ。背景スクリーンには“SADE LIVE TONIGHT IN ~”と書かれた劇場のネオン・ビルボード。“TONIGHT IN ~”の部分には、毎回、コンサート会場となっているご当地の都市名が入る(画像はツアー初日、4月29日のニース公演)。会場のファンにはたまらない演出だ。ここでまたインティメイトな雰囲気が生まれる。“SADE LIVE TONIGHT IN TOKYO”といったビルボードが見られないのが残念でならない(あんまり悔しいので、手を加えて東京版の画像を作ってやろうかと思ったが、空しいのでやめた)。この曲ではマシューマンとウォーターズがそれぞれストラトとテレキャスを演奏。アコギはオズボーンが弾いている(彼はギタリストとしても重要な役割を負っている)。
 欧州ツアー(4~5月)で披露されたこの曲は、北米ツアー(6月~)では「Love Is Stronger Than Pride」と入れ替えられた。


SOL_Stronger1.jpg
SOL_Stronger2.jpgSOL_Stronger3.jpg
Love Is Stronger Than Pride (North/South America, 2nd European Leg)

 北米ツアーで「Love Is Stronger Than Pride」復活! 北米ツアー初日の6月16日ボルチモア公演は欧州ツアーと同じ「Still In Love With You」だったが、2日目の6月18日ピッツバーグ公演からこの曲に替わった。公演地名が表示されたネオン・ビルボードをバックに、('93年ツアーのレゲエ版でなく)オリジナルに忠実なアレンジで披露される(4小節分のイントロ付き)。ヴィジュアル的には「Still In Love With You」とほとんど変わらないが、アデュがスタンドマイクではなくハンドマイク、マシューマンがストラトの代わりにレス・ポール、ルウィンソンが普通のスティックではなくマレットを使っているところが違う(デンマンには、できればブロードキャスターではなく、アップライトで演奏して欲しいのだが……)。終盤になると、アデュが後方へ下がり、オズボーン&モムレルのバンドスタンドに腰掛けてマシューマンのギター・ソロに耳を傾ける(画像下段右)。オズボーン&モムレルのスタンドは、最初は他と同じ高さだが、間奏の際にアデュが腰掛けやすい高さに上昇している。さり気ないが、こんなところも演出としてきちんと考えられているのである。当初、コンガとキーボードだけになるアウトロ部分が4小節しかなかったが、6月30日モントリオール公演から8小節になり、カール・ヴァンデン・ボッシュの見せ場にもなった。
 この曲は前回の'01年ツアーではセットリストから外れていたので、コンサートで披露されるのは'93年ツアー以来、18年ぶりということになる。'10年9月30日の〈Black Ball〉コンサートの際、アリシア・キーズとの共演で取り上げられたので予感はあったが、やはりセットリストに入ってきた(周囲のリクエストが多かったのかもしれない)。この名曲が再び生で聴けるというのは、ファンには本当にたまらないことだ。「Still In Love With You」から「Love Is Stronger Than Pride」に替わったことで、第2部は'80年代のレトロスペクティヴ的な性格を更に強めた。
 尚、公演地名が表示されるこのネオン・ビルボードは、ツアーのライヴDVD用に撮影が行われた北米ツアー終盤の数公演では、“SADE LIVE TONIGHT IN CONCERT”という地名なしの表示に変えられた。


SOL_Safest.jpg
The Safest Place (Australia, United Arab Emirates)

 世界ツアー終了直前、12月の豪州ツアーの最中に、「Love Is Stronger Than Pride」と入れ替えで新譜から「The Safest Place」がライヴ初登場! これには本当にビックリした。同じく公演地名のビルボードをバックにしたパフォーマンス。オズボーン&モムレルが前に出てきて、アデュと3人並んでハンドマイクで歌う。リズム隊のルウィンソン、ボッシュ、デンマンの3人は不在。
 『SOLDIER OF LOVE』で結句の役割を果たしていたこの佳作が、最後の最後になって生で披露されたのは嬉しい限りである。推測だが、'01年ツアーで「It's Only Love That Gets You Through」(『LOVERS ROCK』最終曲)がショウを締め括ったように、'11年ツアーの幕引き曲にはもともとこの「The Safest Place」が考慮されていたのではないかと思う。セットリストから漏れたのは、アンコール「Cherish The Day」の退場演出があまりにも完璧だったせいだろう。静謐な曲調と華やかなビルボードはミスマッチで、ショウの流れ的にも違和感は否めないが、これは演ってくれただけで十分である。豪州ツアーの一部と世界ツアー最終日のアブダビ(アラブ首長国連邦)公演でしか披露されなかったため、非常にレアなパフォーマンスとなった。
 コンサート中盤のネオン・ビルボードのパートは、ツアーが進むにつれて「Still In Love With You」→「Love Is Stronger Than Pride」→「The Safest Place」と変わっていったわけだが、視覚演出も含めたパフォーマンス全体の完成度としては、結局、一番最初の「Still In Love With You」が最も充実していたように思う。北米公演を撮影したツアーのライヴDVDには、ボーナス映像で是非「Still In Love With You」と「The Safest Place」も収録して欲しい。


SOL_all1.jpg
SOL_all2.jpgSOL_all3.jpg
SOL_all4.jpgSOL_all5.jpg
All About Our Love

 『LOVERS ROCK』収録の穏やかな小曲「All About Our Love」。同アルバムを引っ提げた'01年ツアーで演奏されなかったこの曲が、今回こうして取り上げられたのは面白い。バック・ヴォーカル隊のスタンドだけが高くなり、その上でアデュ、オズボーン、モムレルの3人がお揃いの振付で歌う。とても微笑ましい光景だ。スクリーンにはバンドの'80年代の姿を振り返る映像。これまで公開されたことのないプライベートな記録映像がたくさん出てくる。海岸で無邪気に遊ぶメンバー。何気ないオフの表情。懐かしいステージ映像も登場する。みんな若い! そして、アデュ、めちゃめちゃ可愛い! 思い出アルバムのような映像を見ているうちに、だんだん目頭が熱くなってくる。'88年ツアーのアデュ&オズボーンの2ショット映像が出てきた時には、本気で泣きそうになってしまった。ここで歌われる“私たちの愛”とは、要するに、シャーデーのメンバーたちを結び続けている“愛”のことだ。それは同時に、バンドとファンの間にある“愛”でもあるだろう。ここにはまるで、ずっと私たちをサポートしてくれてありがとう、というファンに対するシャーデーの感謝の気持ちが込められているようだ。シャーデーの深い絆が伝わってくるパフォーマンス。第2部の中でも特別な感動を与えてくれる1曲である。


SOL_Paradise7.jpg
SOL_paradise2.jpgSOL_paradise3.jpg
SOL_paradise4.jpgSOL_paradise6.jpg
Paradise

 すっかり気持ちが温まったところで、ヘリコプターのプロペラ音が場内に響く。続けて、マシューマン&ウォーターズによるギターのファンキーな低音リフが襲ってくる。必殺のアップ「Paradise」だ。スクリーン上には、ドラムを叩くルウィンソン、パーカッションを叩くボッシュのシルエットがカラフルな背景と共に映し出される。この映像が演奏と同期していて実にカッコいい。ステージ上を左右に活発に動き回りながら歌うアデュ。デンマンやマシューマンもこの曲では自由行動で、あちこち立ち位置を変えて会場を盛り上げる。後半のブレイクダウンに入ると、上着を脱いでベスト姿になったオズボーン&モムレルが前に出てきて、アデュとお馴染みのダンスを繰り広げる。'01年ツアーと全く同じ展開だが、今回はダンスの振付が違う(まあ、似たような感じではあるが)。3人揃って踊る姿はいつ見ても絵になる。これは何度見ても良い。'01年ツアーではアデュが2人にパンチを浴びせて伸してしまう場面で締め括られたが、今回は3人で“Share my life with you”のリフレインを歌って比較的あっさり終了し、そこからメドレー式に次の曲へ繋がる。


SOL_nothing1.jpg
SOL_nothing2.jpgSOL_Nothing6.jpg
SOL_nothing3.jpgSOL_Nothing5.jpg
Nothing Can Come Between Us

 「Paradise」終了と同時にアデュはステージ右端の階段から姿を消し、オズボーン&モムレルの2人がステージを引き継ぐ。曲は「Nothing Can Come Between Us」。フル・コーラスではなく、サビを中心とした簡易版。オズボーン&モムレルが歌いながらステージを動き回り、会場を盛り上げる。スクリーンには、ステージ上のメンバーたちや観客席の様子がリアルタイムで映し出される。モムレルが中盤で観客に立ち上がって一緒に歌うことを呼びかけ、会場中総立ちでサビを合唱。シャーデーのコンサートにはコール&レスポンスの場面がないので、ここで初めて普通のライヴのような乗りになるのが新鮮で面白い。'01年ツアーにも「Never As Good As The First Time」でオズボーン&モムレルの2人がフィーチャーされる場面があったが(「Somebody Already Broke My Heart」からメドレーで歌われた)、今回はアデュの衣裳替えの時間を稼ぐ必要があるため、前回以上に2人が大きくフィーチャーされている。MC役を務めていることもあるが、今回はオズボーンよりモムレルの方が目立っているのが印象的。
 ツアー開始当初、このコーナーは時間も短く、いかにも場繋ぎ的な印象が強かったが、ツアーが進むにつれてどんどん熱気を増して充実していった。ステージを動き回りながらアドリブ・ヴォーカルを聴かせるモムレルとオズボーン、スクリーンに映し出される観客の様々な姿が見所。ここで第2部終了。


【ACT 3】

SOL_Bird6.jpg
SOL_bird2.jpgSOL_bird3.jpg
SOL_Bird7.jpgSOL_Bird8.jpg
Morning Bird

 第3部は静謐なムードで始まる。再び透明スクリーンが下ろされ、そこに『SOLDIER OF LOVE』ブックレットに掲載されていた水墨画のような森林イメージが投影される。風音のSEに合わせて枝が揺れる様子が実に美しい。静かなピアノのイントロが始まり、しばらくしてゴージャスな白いロングドレスを着たアデュが姿を現す(今度は髪を下ろしている)。曲は「Morning Bird」。スクリーン裏のステージにはアデュとアンドリュー・ヘイルのみ。スポットライトを浴びた2人がスクリーン映像の中にぼんやりと浮かび上がる。一面に広がる早朝の厳粛な自然風景、大きなベールを広げながら舞う白いドレスを着たアデュのイメージがとても幻想的だ。彼女のファルセット・ヴォーカルもアルバム以上に荘厳で素晴らしい。
 この透明スクリーンは、ステージ前面だけでなく、左右の側面にも下りている。ステージ全体が前に迫り出しているため、斜めや真横の角度から見る観客にも楽しめるよう設計されているのだ。3方向をスクリーンで囲われたステージの様子は、斜めから眺めるとまるで巨大な蚊帳のようである(画像中段右/ステージ向かって左斜めからのアングル。天井のスピーカーの向きに注意すると方向が分かる)。ヘイルがベストを着ていない理由は、もしかするとこの曲で観客に姿を見えやすくするためかもしれない。

SOL_bird4.jpgSOL_bird5.jpg
5月1日、アントワープ公演の「Morning Bird」

 ちなみに、ツアー2日目に当たる5月1日のアントワープ公演で、「Morning Bird」(および、次の「King Of Sorrow」)は透明スクリーンなしで披露された。同日の「Bring Me Home」では普通に透明スクリーンが使われていたので、全く理由が分からない。途中で故障したのだろうか。この日はアンコールの「Cherish The Day」でも透明スクリーン演出がなかった。スクリーンがないとパフォーマンスの魅力は半減するが、その分、ステージ上のアデュたちの姿はよく見える。ラッキーなのかアンラッキーなのか分からないが、ともかく、アントワープの人たちは非常に珍しいパフォーマンスを観たことになる。


SOL_sorrow7.jpg
SOL_sorrow2.jpgSOL_sorrow4.jpg
SOL_sorrow5.jpgSOL_sorrow6.jpg
King Of Sorrow

 透明スクリーンが下りたまま「King Of Sorrow」が始まる。スクリーンにはアデュとダニエル・クラウド・カンポスがペアで踊るシルエットのイメージが映し出される。ステージ内が明るく照らし出され、透明スクリーンを通してバンドの演奏する様子が見られる。4箇所に巨大なカーテンの柱が登場し、またステージの様子が変わっている(第2部の赤いカーテンと違って大きく膨らんでいる。この巨大カーテンは「King Of Sorrow」だけでしか使われない)。1番のサビ終わりで透明スクリーンが上がり、バンドが直接観客の前に姿を現す。ダンス映像でより官能的になった「King Of Sorrow」、間奏の哀愁溢れるスパニッシュ・ギターとパーカッションが聴きものである。
 ここから男たちは全員、グレーのスーツから黒シャツ&黒パンツに衣裳が変わっている(第1部と同じ格好に見えるが、今度はシャツが長袖ではなく半袖)。ステージ上のメンバーをざっと眺めると、ひとつ重要なことに気付く。アンドリュー・ヘイルがいないのだ。彼は「Morning Bird」でピアノを弾いていたため、一人だけ着替えることができなかった。「King Of Sorrow」はヘイルの着替えタイムなのである。


SOL_taboo1.jpg
SOL_taboo2.jpgSOL_taboo3.jpg
SOL_taboo4.jpgSOL_taboo5.jpg
The Sweetest Taboo
 お楽しみの「The Sweetest Taboo」がここで登場。床一面にスモークが広がり、照明の赤い光線が無数にきらめく。同様の照明は背景スクリーンにも映し出され、ステージ中が赤い光の筋で溢れる。その中を、青いピンスポットに照らされ、あちこち動き回りながら歌うアデュがなんともゴージャス&セクシー。赤と青の照明に白いドレスが実に美しく映えている。歩き回る姿を見て初めて気付くが、この第3部のアデュは例によって裸足である。ただただ聴き惚れ、見とれてしまう。'01年ツアーではマシューマンが吹いていたメロディカを、今回はヘイルが担当。終盤では、これまたお馴染みのアデュとオズボーン&モムレルの絡み。オズボーンがデンマンのベースに手を出してチョッパーのアクセントを弾く場面も楽しい。歌詞の通り、とにかく何もかも最高すぎる。最後のポーズもバッチリ決まってます(画像下段右)。恐れ入りました。


SOL_Moon7.jpg
SOL_Moon8.jpgSOL_moon3.jpg
SOL_moon6.jpgSOL_moon5.jpg
The Moon And The Sky

 新譜の冒頭曲「The Moon And The Sky」が終盤で登場。投げ縄をするアデュ、流れる雲、きらめく水面のイメージを見せるスクリーン映像をバックに、しっとりと聴かせる。スモークが漂う暗いステージを、スクリーン映像の青い光がぼんやりと照らし出す様子が神秘的だ。アコースティック・ギターの音色が美しく、アルバム版より深みのあるサウンドを聴かせてくれる。
 決して悪くはないのだが、この曲は2つ前の「King Of Sorrow」と雰囲気が被っているのが気になる。スクリーン映像も「Soldier Of Love」ヴィデオの使い回しで、あまり目新しさがないのも残念。個人的には、ショウ全体の中でここが最も弱いように感じる(まあ、普通に良いことは良いのだが……)。ここで久々に「Fear」を演ってくれると最高なのだが、新譜からの曲が減ってしまうのはまずいので文句は言えない。


SOL_pearls1.jpg
SOL_pearls2.jpgSOL_pearls3.jpg
SOL_pearls4.jpgSOL_pearls5.jpg
Pearls

 ソマリアの惨状を歌った「Pearls」。アフリカの灼熱の太陽を思わせるスクリーン映像をバックに、アデュがたった一人でステージに立つ。バンドスタンドが消えた何もないステージ空間にポツンとアデュが佇む光景が、曲の寂寥感と完璧にマッチしている。アデュの凄まじい絶唱、爆発する太陽のイメージが圧巻。音はいつも通りカラオケだが、アデュの歌唱の圧倒的な存在感がパフォーマンスを非常に説得力あるものにしている。過去ツアーで終盤に登場してギターを弾いていたマシューマンは、今回は現れない。アデュの見事な一人舞台である。沈んでいく太陽のイメージと共に、曲は余韻を残しながら静かにフェイドアウトしていく。


SOL_Ordinary6.jpg
SOL_ordinary2.jpgSOL_ordinary3.jpg
SOL_ordinary4.jpgSOL_ordinary5.jpg
No Ordinary Love

 「Pearls」の余韻の中、鬼の恋歌「No Ordinary Love」が始まる。行き先のない女の情念を歌ったシャーデーの決定的な傑作(山口百恵のキャリアで言うと、ずばり「曼珠沙華」に当たる)。この必殺曲は今回もやはりコンサート終盤に置かれた。いつも通り圧巻のパフォーマンスが繰り広げられる。ブルーのひんやりした光で包まれたステージ。ディストーション・ギターの炸裂と共に激しい閃光が走る。サビでは背景スクリーンに放射状の火柱が現れる。同じ炎でも、「Pearls」のそれとは対照的に、冷たさを感じさせる炎である。箱形だったバンドスタンドは、この曲でのみ上板を支える内部の鉄骨が剥き出しになった状態で登場し、硬質な表情を見せている。


SOL_BYS8.jpg
SOL_bys2.jpgSOL_BYS6.jpg
SOL_BYS9.jpgSOL_bys3.jpg
By Your Side

 「No Ordinary Love」でクライマックスに達したコンサートは、「By Your Side」でピースフルに締め括られる。オレンジの温かな光で満たされたスクリーンをバックに、シンプルにしみじみと聴かせる。オズボーン&モムレルはアデュのすぐ後ろ付近にマイクスタンドを立てて歌い、ヘイルもドラムセット前方(「Another」「Jezebel」演奏時と同じ位置)に移動してのパフォーマンス。3人が前方に出ることでインティメイトな雰囲気が深まっている。ツアー開始当初は3人とも定位置であるステージ後方のバンドスタンドにいたが(画像中段左)、オズボーン&モムレルは5月16日のチューリッヒ公演、ヘイルは5月19日のミュンヘン公演からポジションが変更された。終盤では天井から大量の紙吹雪がステージと観客席に降り注ぎ、会場全体が一体感で包まれる。アンコール前の本編を「No Ordinary Love」~「By Your Side」で締める展開は'01年ツアーと全く一緒だが、これはやはり変えようのない黄金パターンかもしれない。
 演奏終了後、メンバーたちがステージ前方に並び、アデュが右から順に“戦士たち”を紹介。最後は全員で肩を組んでお辞儀する。いつもの顔ぶれによる、いつもの光景。これを再び見られることの幸福!


【ACT 4】

SOL_cherish11.jpg
SOL_cherish2.jpgSOL_cherish3.jpg
SOL_cherish4.jpgSOL_cherish5.jpg
Cherish The Day

 アンコールとなるコンサート第4部。ドラムのビートが場内に響き渡り、'93年ツアーと同じくメンバーたちが観客に手拍子を促す。「Cherish The Day」! アンコールはこれ1曲のみなのだが、これがスゴい。

 背景スクリーンには、モノクロで撮られたマンハッタンの高層ビル街の俯瞰映像。これに合わせて、オズボーン&モムレルは黒地に白い縦線が入ったシャツ(「Babyfather」ヴィデオや同曲のテレビ出演で見られたシャツによく似ている)に着替えている。アデュは再び髪を引っ詰め、赤いショート・ジャケット&ロング・スカートという出で立ち(やはり「Babyfather」テレビ出演時の衣裳と似ている)で颯爽と登場。ここでも裸足である。
 ワン・コーラスを歌ったところでアデュがステージの真ん中に来ると、彼女が立っている僅か数10cm四方の床が上昇し始め(画像中段右)、ニョキニョキと柱のように伸びていく。これと同時に、上から透明スクリーンが下りてきてステージを覆う(画像下段左)。アデュを乗せた柱はそのまま2階くらいの高さまで上がり、彼女が摩天楼の天辺に立つ画が完成する。アルバート・ワトソンが監督した同曲ヴィデオのイメージが、なんとステージ上で再現されるのである。透明スクリーンでステージ一杯に広がるマンハッタンの大展望。一面のモノクロ世界の中に、赤いドレスを着たアデュが鮮やかに浮かび上がる。これは絶景だ。

SOL_cherish12.jpg
ステージ一杯に広がるマンハッタンの大展望。ド迫力!

 ツアー開始直前のインタヴューでアデュは、ツアーに出ることを“遊園地の絶叫マシーンに乗るようなもの”と語っていた。面白い喩えをするなと思っていたが、まさか本当に絶叫マシーンもどきのリフトに乗って高々と上昇してしまうとは。端から見てもかなりの高さがあるが、実際に上に立っているアデュは相当の高さを感じているはずである。おまけに足場も狭い。一応、身体を支える背もたれが付いているが、これは結構コワいと思う。余裕の表情で楽しげに歌っているところを見ると、高所恐怖症ではないのだろう。

SOL_cherish10.jpg
透明スクリーンが上がったところ

 曲の後半で透明スクリーンが上がり、バンドが再び直接観客の前に姿を現す。ブレイクビーツがループされる終盤のコーダ部分に入ると、アデュの乗っているタワーがゆっくり下降を始める。徐々に暗転していくステージ。マンハッタンの映像は消え、背後から赤い光がメンバーたちをシルエットで浮かび上がらせる。サウンドのフェイドアウトと共に、バンドスタンドが下降してメンバーが消えていき、ステージ中央の隠し穴からアデュも姿を消す。オープニングの演出が最後に再びなぞられるのだ。完璧な幕引きである。ぎゃふん。

SOL_cherish9.jpgSOL_cherish8.jpg
5月1日のアントワープ公演(左)、5月4日のオーバーハウゼン公演(右)

 「Cherish The Day」は、5月1日のアントワープ公演、5月3日のハンブルグ公演では透明スクリーンが使われなかった(ハンブルグでは「Bring Me Home」「Morning Bird」「King Of Sorrow」で普通に透明スクリーンが使われたにもかかわらず、「Cherish The Day」だけ使われなかった)。また、5月4日のオーバーハウゼン公演では、透明スクリーンは使われたが、代わりにアデュが上昇する摩天楼リフトの演出がなかった。これらイレギュラーなパフォーマンスが行われた理由は全くの謎である。

 '01年ツアーではアンコールに「Flow」「Is It A Crime」、そして、2回目のアンコールで「It's Only Love That Gets You Through」が歌われた。今回、アンコールが「Cherish The Day」1曲というのはちょっと寂しい気がしないでもない。最後に新譜の「The Safest Place」をやっても良さそうなものだが、実際に「Cherish The Day」のパフォーマンスを見せられると、それも蛇足という気がする。この最終曲にはぐうの音も出ない。


フルコースで召し上がれ

SOL_tour8.jpg

 ツアー予定が告知された直後のインタヴュー('10年10月)で、ツアーの遅れに関して訊かれた際、アデュは“自分に準備ができていなかった”と答えた上で、こんな風に語っていた。

「料理をしたり、スープを作るのなら、美味しく作りたいもの。でなきゃ、やる意味なんてないでしょ?」

 料理で言うなら、新曲を中心にテンポ良く見せるコンサート第1部は“オードブル”(幕の内弁当的でもある)、スモーキーな夜の雰囲気で懐かしいテイストが味わえる第2部は“シャーデー料理'80年代風”、ゴージャスなディーヴァぶりで底力を見せつける第3部は“シャーデー料理'90~00年代風”、圧巻のスペクタクルが繰り広げられるアンコールの「Cherish The Day」は“特製デザート”といった感じだろうか。シャーデーのおいしいところがぎっしり詰まった2時間。観客はシャーデーをフルコースでたっぷりと味わうことができる。なんと贅沢なひとときだろうか。

 品目の選定──セットリスト──は考え抜かれていて文句のつけようがないが、シングルにもなった新曲「Babyfather」の落選は意外である。これは、曲の要となるバック・ヴォーカルの少女2人(テレビ・パフォーマンスや同曲ヴィデオに登場していた)をツアーに同行させることが難しいためかもしれない。他に、個人的には「Never As Good As The First Time」「Hang On To Your Love」などの復活を期待していたが、叶わなかった。しかし、実際に選び抜かれた22曲のパフォーマンスを目にすると、そんなことは少しも不満に思わない。

 既に書いた通り、このコンサートの演出にはいくつかマイケル・ジャクソンを彷彿とさせる瞬間がある。ダンス映像が3曲でフィーチャーされているのも、シャーデーのコンサートとしてはちょっと意外な感じがする。度肝を抜くアンコールの派手な舞台装置も然り。このショウは、未完に終わったマイケルのショウ〈This Is It〉に少なからず触発されているのではないか。
 シャーデー・アデュとマイケルは学年が一緒の同い年である。また、アデュには、マイケルの長男プリンス('97年2月13日生まれ)とちょうど同い年の娘アイラ('96年7月21日生まれ)もいる。“今なら子供に見せてやれる”──彼女もマイケルと同じ気持ちでツアーに出る決意をしたのかもしれない。志し半ばにしてこの世を去った“愛の戦士”の遺志を、同世代のシャーデーが自分たちなりに引き継ぎ、ひとつの素晴らしいショウを完成させたのであれば、両者のファンにとってこれほど嬉しいことはない。ショウは続かなければならない。〈This Is It〉は開幕しなかったが、シャーデーのショウはこうして立派に幕が開いた。この感動と幸福を思いきり噛みしめたい。

SOL_tour9.jpg

 シャーデーの魅力と歴史が集大成された究極のコンサート。さて、ソフィ・ミュラーはこのステージを一体どのように記録するのか? ツアー終了後に発売されるであろうライヴ映像作品が楽しみでならない。



Soldier Of Love Tour on YouTube
Aspects of Love's Soldiers
Sade World Tour 2011 Audience Video Awards
Sade @ MGM Grand Garden Arena 2011

| Tours | 08:22 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT