2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャーデー、ライヴDVD『BRING ME HOME』発売!!!



 シャーデーの'11年ツアーのライヴDVDが遂に発売される。ガオ~!! わんわん!!!

 タイトルは『BRING ME HOME - LIVE 2011』。公式サイトで3月26日にアートワークと収録内容が発表された。10年前の『LOVERS LIVE』はCD(先行発売)とDVDが別売りだったが、今回はDVD+CDのセット。アメリカでは5月22日、日本では5月23日発売。さあ、シャーデーを家に連れてきちゃうぞ!


 まず、『BRING ME HOME』というタイトルに軽く驚いた(タイトルに関しては3月上旬に英Amazonがフライングで商品情報を掲載した時点で明らかになっていた)。前回のライヴ盤のパターンに倣って、私は“SOLDIER LIVE”になるのではないかと予想していたが、全然違った。

 このタイトルは、'11年ツアーでも披露された『SOLDIER OF LOVE』収録曲「Bring Me Home」から取られている。このフレーズがタイトルに選ばれた意味は何なのか。ここで私は“おうちが一番(There's no place like home)”と言ってカンザス・シティへ帰っていく少女のことを思い出す。“家”は旅の出発点であり、終着点でもある。“家への回帰”という思いが込められたこのライヴ作品には、シャーデーにとって、キャリア(旅)の集大成、総決算、収束という意味合いがあるのではないか(“私=商品を家に連れてって”、つまり、“買ってね!”という洒落だったりして)。

BMH2.jpgBMH3.jpgBMH4.jpg
北米版DVD+CD(左)、北米版BD(中)、日本版CD+DVD(右)

 Amazonの商品画像などを参照する限り、北米盤はDVD用トールケース、日本盤は通常のCD用ケースで発売されるようだ。いずれもDVD+CDの2枚組(日本盤はDVDの方がおまけ扱いになっている)。北米盤は19.90ドル(Amazon割引販売価格13.99ドル……だったが、4月2日現在17.99ドル)、日本盤(字幕付き)は定価4,620円(Amazon割引販売価格3,927円……だったが、4月2日現在4,578円)。日本盤、高っ。北米盤の倍以上の値段だ。日本ではDVD版だけだが、北米ではきちんとブルーレイ版(CDなし)も発売される。尚、北米盤のリージョンは一応“1”とされているが、実際のところは現物を確認するまで分からない。

 カヴァー写真は「Love Is Found」の一場面から取られている。『LOVERS LIVE』同様、今回もシルエット写真だ。デザインに関して言うと、DVDケース、BDケース、CDケースの3ヴァージョンの中では、DVDケース版が最も優れていると思う。このイメージを見る時、人はまず最初に赤い“SADE”の文字を認識し、そこからスポットライトに添って目線を下に移動させていく。DVDケース版のデザインは、“SADE”の各文字とアデュの全身の大きさがほぼ均等なので、“D”からスポットライトに添って目線を落とした時、他の2つのヴァージョンよりアデュのシルエットがしっかり印象に残る。また、“SADE”の4文字とアデュのシルエットがほぼ(逆)二等辺三角形のバランスで配置されているため、構図に安定感がある。垂直に落ちる光線の流れも縦長の画面の方が引き立つ。要するに、DVDケース版が眺めて一番気持ちがいいのだ。これはもともとDVDのトールケース用に考案されたデザインではないだろうか。私は北米盤と日本盤の両方を入手する予定(ブルーレイ版は買わない。だって、プレイヤーがないんだもん!)。


 収録曲は以下の通り。

DVD
01. Soldier Of Love
02. Your Love Is King
03. Skin
04. Kiss Of Life
05. Love Is Found
06. In Another Time
07. Smooth Operator
08. Jezebel
09. Bring Me Home
10. Is It A Crime
11. Love Is Stronger Than Pride
12. All About Our Love
13. Paradise
14. Nothing Can Come Between Us
15. Morning Bird
16. King Of Sorrow
17. The Sweetest Taboo
18. The Moon And The Sky
19. Pearls
20. No Ordinary Love
21. By Your Side
22. Cherish the Day

CD
01. Soldier of Love
02. Skin
03. Kiss of Life
04. Love is Found
05. In Another Time
06. Jezebel
07. All About Our Love
08. Paradise / Nothing Can Come Between Us
09. Morning Bird
10. The Moon and the Sky
11. No Ordinary Love
12. By Your Side
13. Cherish the Day

 まず、DVDにコンサートの全22曲が無事ノーカットで収録されることを喜びたい。CDは『LOVERS LIVE』と同じく抜粋版。トラック数は13になっているが、メドレーで演奏される「Paradise」「Nothing Can Come Between Us」を分けて数えると14曲収録ということになる。新曲を優先したチョイスは妥当なところだと思うが、タイトルにもされた「Bring Me Home」はなぜか未収録。個人的には「King Of Sorrow」の未収録が残念である(『LOVERS LIVE』CDでも落とされていた)。まあ、自分でDVDから完全版CDを作ればいい話なので、このへんはどうでもいいだろう。CDは飽くまでおまけであり、肝心なのはDVDである。

 コンサート映像は、'11年6~9月に行われた北米ツアーの複数の公演の中からベスト・テイクを選んで編集したものになると思われる。『LOVERS LIVE』ではツアー最後の2公演('01年9月20日アナヘイム、9月21日ロサンゼルス)が素材にされたが、今回は以下の期間の数公演がDVD用に撮影されたと思われる。

30 August 2011 - Honda Center, Anaheim, CA
31 August 2011 - Honda Center, Anaheim, CA
02 September 2011 - U.S. Airways Center, Phoenix, AZ
03 September 2011 - MGM Grand Garden Arena, Las Vegas, NV
04 September 2011 - Citizens Business Bank Arena, Ontario, CA
07 September 2011 - Frank Erwin Center, Austin, TX


 コンサート中盤に演奏される「Love Is Stronger Than Pride」では、ステージ後方のメイン・スクリーンに毎回必ず公演地名入りのビルボードが表示されたが、北米ツアー終盤のこの期間中は、ビルボードから公演地名が外されていた(“TONIGHT IN 公演地名”ではなく“TONIGHT IN CONCERT”に変更された。過去記事“Soldier Of Love Tour on YouTube”参照)。最初から複数の公演を素材にする算段があったため、特定の地名を表示するのをやめたわけである。この期間以外にも映像が記録されている可能性はあるが、「Love Is Stronger Than Pride」に関しては、間違いなく上記の数公演のうちのいずれかのテイクが採用されるはずである。
 これと関連して私が注目しているのは、「Nothing Can Come Between Us」がどう処理されるのかということである。この曲の中盤でMC役のトニー・モムレルは、“Good evening, Las Vegas!”という具合に必ず公演地名を言って観客に挨拶する。“Good evening”の後の地名を編集で強引に削除するのか、あるいは、そのまま収録するのか。また、この曲ではメイン・スクリーンに必ず観客席の様子が映し出される。シャーデーのライヴ映像に出演できるラッキーな観客は、一体どの街の観客になるのか。

 DVDにはコンサート本編(122分)の他に、特典映像として、ソフィ・ミュラー監督による舞台裏ドキュメンタリー(20分)、スチュアート・マシューマンによるテクニカル・ドキュメンタリー、アウトテイクなども収録されるという。後者2つが具体的にどのような内容なのかは現時点では不明。ディスクの総収録時間は約170分らしいので、特典部分は全部で50分近くあることになる。ブルーレイ未対応の私は、ブルーレイ版だけにおいしい特典映像を収録する姑息な『THIS IS IT』商法がとられていないことに一安心している。

 ドキュメンタリー類の他に、特典で収録されるべき素材には以下のようなものがある。
 
●欧州ツアー(4~5月)で披露された「Still In Love With You」
●豪州~中東ツアー(12月)で披露された「The Safest Place」
●メイン・スクリーン用に制作された各種映像作品
●7月に公開された「Love Is Found」のライヴ・クリップ

 “アウトテイク(outtakes from the crew)”に「Still In Love With You」「The Safest Place」が含まれるのかどうかは分からないが、これは是非収録して欲しい。メイン・スクリーン映像は、「Kiss Of Life」「Love Is Found」「Jezebel」「All About Our Love」「Paradise」「Morning Bird」など、単体でも楽しめるものに関しては収録するべきだ(アングル切替でライヴ音声をバックに見られると最高)。「Love Is Found」のクリップはネットでフルHD動画が公開されているが(私は既にDVD化済み)、せっかくなのでここでソフト化もしておいて欲しい。

 また、コンサート本編のエンドロール部分も気になる。前作『LOVERS LIVE』では、エンドロールにコンサート最終曲「It's Only Love That Gets You Through」が使われ、観客たちの幸福な表情が映し出された。今回の最終曲は「Cherish The Day」だが、コンサートの最大のハイライトでもあるこのパフォーマンスの最中にエンドロールを流すことはまず考えられない。「Cherish The Day」終了後のエンドロール部分には、「The Safest Place」のスタジオ版がBGMに使われるのではないかと私は予想している。「The Safest Place」はツアー終了間際に「Love Is Stronger Than Pride」と差し替えられる形でコンサート中盤に披露されたが、本来はコンサートの最後に演奏されるべき曲だったと思う。“安息の場所(The safest place)”という表現は作品タイトルの“家(home)”と呼応する上、この歌には“Your love has found”という「Love Is Found」と類似した表現も出てくる。締め括りにこれほど相応しい曲はないだろう。エンドロールの背景映像がどのようなものになるかも楽しみだ(単なる黒ベタの可能性もあるが)。

 というようにマニアックな興味は尽きないが、最大の楽しみはもちろんコンサート本編である。当然、ソフィ・ミュラーが監督しているだろう。彼女は誰よりもシャーデーをシャーデーらしく撮ることのできる人物である。ツアーの舞台監督も彼女が務めていた(「By Your Side」後のメンバー紹介時、“5人目のメンバー”として、ステージにいないミュラーがアデュに紹介されることもあった)。ミュラーはショウをどのように記録すればいいか誰よりも正確に把握している。一体どんな素晴らしい映像を見せてくれるのか。

 参考までに、以下の2つのプロショット映像を紹介しておく。コンサートの公式映像は、実はツアー初期に5月6日ミラノ公演、5月21日ケルン公演の冒頭2曲がネットで公開されている(後者はノーカット)。

06 May 2011 - Mediolanum Forum, Milan - Italy
Soldier Of Love / Your Love Is King
21 May 2011 - Lanxess Arena, Cologne - Germany
Soldier Of Love / Your Love Is King


 これらはステージ両脇のサブ・スクリーン用に撮影された映像をプロモ素材としてそのまま提供したものだろう。DVDで見られる映像は、これよりも更にカメラの台数が多く、編集もより洗練されているはずである。発売日、私は何も予定を入れず、延々リピートでぶっ倒れるまでこの作品を鑑賞することにしたい(『BRING ME HOME - LIVE 2011』については、発売後に“VHS/DVDs”のカテゴリーで改めて取り上げる予定)。

 ちょうど1年前の今頃、私はベスト盤『THE ULTIMATE COLLECTION』発売の報と、開幕まで1ヶ月を切った世界ツアーへの期待に胸を膨らませていた。その後の夢のような時間を思い返すとしみじみとしてしまう。シャーデーのこの置き土産は、ラスベガスで実際に体験したコンサートの記憶と共に、私にとって一生の宝物となるだろう。




追記('12年5月1日):
 日本盤の発売日は5月23日から6月13日に延期された。

追記2('12年5月31日):
 '11年9月2日フェニックス公演の「Love Is Stronger Than Pride」のビルボード表示は、“TONIGHT IN CONCERT”ではなく“TONIGHT IN PHOENIX”だったことが確認できた。この公演は撮影されなかったようだ。発売されたDVDでは、オンタリオ、ラスベガス、アナヘイムの3会場がクレジットされている。





Soldier Of Love Tour [2011]
Soldier Of Love Tour on YouTube
Aspects of Love's Soldiers
Sade World Tour 2011 Audience Video Awards
Sade @ MGM Grand Garden Arena 2011

| Sade News | 23:35 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT