2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Saturday Night Live [December 1985]

SNL85-1
SATURDAY NIGHT LIVE
Broadcast: 14 December 1985 (US)
Performance: Is It A Crime / The Sweetest Taboo
Personnel: Sade Adu (vocals), Stuart Matthewman (sax, guitar), Paul S Denman (bass), Andrew Hale (keyboards), Martin Ditcham (percussion), Dave Early (drums), Gordon Matthewman (trumpet), Jake Jacas (trombone), Gordon Hunte (guitar), Leroy Osbourne (backing vocals)

 アメリカの人気コメディ番組〈Saturday Night Live〉に初出演。
 この番組には数多くの音楽アーティストが出演しているが、観客を前にした完全生演奏、加えて番組の雰囲気、視聴率の良さもあってか、とにかく素晴らしい力演・熱演がやたらと多く残されている。ジャンルを問わず、大抵のアクトがそのベストとも言える気合い満点のパフォーマンスをカマしてくるので、〈SNL〉というだけで質が保証されるようなところがある。

 シャーデーはここで『PROMISE』から主要2曲を演奏。この時期の彼らの充実した生バンド演奏がじっくり楽しめる……のだが、この〈SNL〉映像の見どころは、実は全く別のところにある。


SNL85-2
SNL85-3

 トム・ハンクスの紹介でシャーデー登場。バンドは当時のツアー・メンバーそのまま。シャーデーの4人に加え、デイヴ・アーリー(ドラム)、マーティン・ディッチャム(パーカッション)、ゴードン・ハント(ギター)、ゴードン・マシューマン(トランペット)、ジェイク・ジャッカス(トロンボーン)、そしてリロイ・オズボーン(バック・ヴォーカル)の総勢10名。リロイ・オズボーンは当時の〈PROMISE〉ツアーからバンドに参加し、以後、実質的にシャーデーの5人目のメンバーのように活動を共にする人物。
 ゴードン・マシューマンはスチュアートの実弟で、顔もそっくりだ。「Is It A Crime」の終盤のトランペット・ソロが最大の見せ場。この映像を最初見たとき、あまりにも2人が似ているため、私はてっきりスチュアートが吹いているのかと思い、“こいつはトランペットまで吹けるのか”と、その変わり身の早さに間抜けにも驚いてしまった(その直後、カメラが引いて両者が同じ画面内に並ぶので、すぐに別人だと分かったが)。

 「Is It A Crime」「The Sweetest Taboo」共に完成度の高い安定した演奏。「Is It A Crime」の最後のブレイク部分で、曲が終わったと観客が勘違いして拍手が起こるところが印象的だ。まだ曲があまり知られていないことが分かる。
 既にアメリカでも大ヒットしていた「The Sweetest Taboo」は、終盤に16小節のブレイクダウン的なインスト・パートが挿入される点がアルバム版と大きく違う(ライヴでは必ずこの長尺アレンジで演奏される。同曲12インチでも同じアレンジが聴ける)。この曲ではスチュアートがギターとサックスを使い分けていてなかなか忙しい。

 主役のアデュは、青と黒の柄物タートルネックに黒のパンツ、耳にはトレードマークのフープ・イヤリングをつけ、相変わらずシックである。しかし、残念ながらこの日の彼女は風邪でも引いているのか、咽の調子が明らかに悪く、ただでさえハスキーな声が更に掠れている。ピッチの甘さはいつものことだが、全体的にセーヴ気味で、ヴォーカルはお世辞にも冴えているとは言えない(逆に、そのいかにも調子の悪そうなところが面白かったりもするのだが)。

 この映像の最大の見どころは、実はパフォーマンス自体ではなく、アデュの口元にある。口紅を分厚く塗りたくったオバQ状態のアデュ。「Is It A Crime」のサビで顔がアップになると、真っ白な前歯に口紅が付着しているのがはっきり分かる。塗りすぎである。さすがに気になるのか、気持ち悪そうに口元を動かしている。彼女には唇を舐める癖があるが、それもいけなかったのかもしれない。
 番組内で再登場して演奏される「The Sweetest Taboo」では、アデュが前歯を人差し指で歯ブラシのように擦る仕草をして愛嬌を見せる場面がある(曲の後半と演奏後、計2回)。恐らく「Is It A Crime」演奏後に舞台裏へ下がった際、スタッフか誰かに“ヘイ、前歯に口紅ついてたぜ”と指摘されたのではないだろうか。口紅の塗りすぎには注意したい。

| TV Appearances | 23:41 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT