2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Times Neue Roman - Sade Is In My Tape Deck

SIIMTD.jpg
Times Neue Roman - SADE IS IN MY TAPE DECK
Digital: Honest Music, 21 February 2012

Sade Is In My Tape Deck

Written: Robert Bolton, Alexander Punzalan Junior
Produced: Alexander The
Musicians: Arowbe (vocals), Dave Mergins (saxophone), Ian Riddoch (additional drums), Alexander Punzalan Junior (all other instruments)



 DJスピナ『BEST OF SADE MIX』(2009)、ドループ・E『BLVCK DIAMOND LIFE』(2010)に続く『DIAMOND LIFE』ネタのジャケ。ここまで来ると、もう何が何だか……(笑)。しかし、このいい加減なジャケでスルーしてはいけない。これが実は大当たりなのだ。シャーデーが足りていないそこのあなたは、今すぐこの曲を聴くべきである。




 「Sade Is In My Tape Deck」は、タイムズ・ノイエ・ローマン Times Neue Roman というトロントのヒップホップ・デュオが'12年2月に発表したシングル曲(デジタル配信のみ)。シャーデー楽曲のカヴァーでもシャーデー音源のミックスでもなく、彼らが全く独自に制作したオリジナル・トリビュート曲である。ヴォーカルはラップだが、トラックが聴いてビックリ、これが絵に描いたような『LOVE DELUXE』サウンドだ。緩やかなヒップホップ・ビートに、いかにもマシューマン風のジャジーでスムーズなサックス&ギターが乗っている。広がりのあるダビーな音響もいかにもそれっぽい。見事な擬似シャーデーっぷりである(「Cherish The Day」Ronin remixにそっくり)。

 “Sade is in my tape deck, I'm moving in slow motion”というフックは、アウトキャスト「West Savannah」(1998)の一節の頂きである。その後の“Hit Lakeshore, girls go all crazy”はカニエ・ウェスト「Drive Slow」(2005)の一節だ。歌詞にはアニタ・ベイカーや、カナダの女性ネオ・ソウル歌手、ザキ・イブラヒムの名前も出てきたりする(関係ないが、「Heart Beat」という曲のMVのザキさん、髪型とファッションが誰かに猛烈に似ているような気が……。彼女はサントラ盤『FOR COLORED GIRLS』にも参加していた)。この曲にはシャーデー以外にも様々なアーティストへのオマージュが込められているようだ。女の子たちとまったりドライブと花火を楽しむヴィデオもいい感じである(オチが良い)。これを聴きながら車を運転したらさぞかし気持ちいいだろう。

TNR.jpg
タイムズ・ノイエ・ローマン──Alexander The(左)とArowbe(右)

 タイムズ・ノイエ・ローマンは、Arowbe(別名 Robert Bolton)とAlexander The(別名 Alexander Punzalan Junior)の2人組。ユニット名は欧文フォントの名称から取られている(Arowbeのブログを見ると、彼がタイポグラフィ愛好家らしいことが分かる)。'08年から'12年現在までに2枚のEPを発表。音楽性は“任天堂パンク・ラップ”などと紹介されている。初期作品はいかにもそれ風のチープなエレクトロ・ヒップホップだが、近年は急速にサウンドの幅を広げ、今後さらに面白くなりそうな気配がある。2nd EP『TALKING SPORTY』(2010)に収録されたダブ調の「Hands No Hands」、「Sade Is In My Tape Deck」と同時期('12年3月)に発表されたニューウェイヴ+ファンク調の重量級ナンバー「Late Night Toronto」(同郷のトロントのラッパー、Rich Kiddをフィーチャー)はかなりの聴きものだ。

 シャーデー・アデュの53回目の誕生日だった'12年1月16日、Arowbeは自分のブログでシャーデー宛ての公開書簡(ラブレター)を投稿し、そこで「Sade Is In My Tape Deck」のSoundCloudリンクを張っている。この曲はアデュへの誕生日プレゼントだったのだ。“カナダからの手紙”は果たして彼女のもとに届いたのだろうか?

| Sade Covers/Mixes | 01:56 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT