2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Paradise [single]

SADET2.jpg
PARADISE
7": Epic SADE 2, 4 June 1988 (UK)
Side 1: Paradise [Remix] (3:35)*
Side 2: Paradise [Instrumental] (4:00)

12": Epic SADE T2, 4 June 1988 (UK)
Side 1: Paradise [Extended Remix] (5:28)*
Side 2: Paradise [Instrumental] (4:00) / Paradise [Extra Beats] (2:05)

CD5": Epic CD SADE 2, 4 June 1988 (UK)
Paradise [Extended Remix] (5:33)* / Hang On To Your Love [U.S. Remix] (5:28)** / Keep Hanging On [Live] (2:59)*** / Paradise [Instrumental] (4:01)

CD3": Epic 651617 2, 1988 (Austria)
Paradise [Remix] (3:35)* / Paradise [Instrumental] (4:00) / Paradise [Extra Beats] (2:05)

* assistant engineer: Heff Moraes
** remixed by Michael H Brauer
*** written by Hale/Adu/Matthewman/Hunte
Photography: Chris Roberts
Design: Graham Smith

UK chart: #29
US chart: #16
US R&B chart: #1
US Adult Contemporary chart: #3


 『STRONGER THAN PRIDE』からの第二弾シングル。3曲ある彼らの全米首位獲得シングルのうちのひとつ(全米R&Bチャート。他の2曲はアダルト・コンテンポラリー・チャート1位の「Smooth Operator」と「The Sweetest Taboo」。ちなみに、イギリスで彼らのシングルが首位になったことはなく、最高でも「Your Love Is King」の6位にとどまっている)。

sade_sombrero.jpg 麦わらのソンブレロを被ったアデュがいかにもパラダイスな感じのカヴァー写真。同曲ヴィデオでもソンブレロを被っているので、この写真も同じくメキシコで撮影されたものかと思いきや、実は'87年7月の南仏プロヴァンスだったりする。ソンブレロというファッション・アイテムは、それまでのシックなイメージからするとやや意外な感じもするが、どんな格好をしても似合ってしまうのがシャーデー・アデュである('01年ツアーのチャイナ・ドレス然り)。“世界のあらゆる人種の美しい部分を集めたような容姿”という評をどこかで読んだ記憶があるが、まさにその通りだと思う。彼女は和服を着ても普通に似合うに違いない。

 ついでにトリビアを紹介しておくと、ソンブレロ(sombrero)はスペイン語で単に“帽子”を意味する語である。ゆえに、いわゆる“ソンブレロ”のことは、スペイン語圏では“メキシコのソンブレロ”と表現しないと通じないそうだ。麦わら製とフェルト製があり、これを原型にして生まれたのがカウボーイ・ハットである。


 表題曲はすべてリミックスで収録。

 まず、イントロが8小節短い3分35秒の7インチ用〈Remix〉。全体的にリバーブが掛かったアルバム・ミックスとはやや異なり、ドラム(特にハイハット)とベースが前面に出て、ビートの立った腰の強いサウンドに変化している。他に目立つ違いとしては、アルバム・ミックスで聞かれたサビ部分のカッティング・ギターが削除され、代わりに“デケデケデケデケ”という低音ギター・リフが加えられていること。ヴォイス・パッド音も強調され、サビ以外に終盤部分にも加えられた。この〈Remix〉は『THE BEST OF SADE』『THE ULTIMATE COLLECTION』にも収録されているので、オリジナルのアルバム・ミックスと聴き較べると違いがよく分かる。カッティング・ギターが消えたのは寂しいが、サウンドに立体感やメリハリが出て、確実にグレードアップしていると思う。

 〈Extended Remix〉はベースとハイハットだけで始まるイントロが最高。上記の7インチ用〈Remix〉を長くしただけかと思いきや、これまたミックスが異なる。リバーブ感が印象的なアルバム・ミックスと上記〈Remix〉に対し、こちらは広がりのないフラットなサウンドになっているのが特徴。カッティングが“デケデケ”リフに変わっている点などは〈Remix〉と同じ。要するにこの〈Extended Remix〉は、〈Remix〉を更にリミックスして長くしたもの、ということになる(ややこしい)。各パートのバランスにも違いがあり、ヴォイス・パッドやギターが〈Remix〉より更に強調され、同じ楽器構成でありながら新鮮な印象を受ける。後半はひたすらリフを引っ張り、最後はギターの“デケデケ”リフとドラムだけになってフェイドアウト、というかなり強引な展開(DJには嬉しい)。

 尚、〈Remix〉〈Extended Remix〉には、アシスタント・エンジニアとして、アルバムでは見られないHeff Moraesの名前がクレジットされている。シングル「Nothing Can Come Between Us」「Turn My Back On You」にもリミックス担当でクレジットされているので、このリミックスも実質的には彼の仕事と思われる。ちなみに、Heff Moraesは後にアニー・レノックスの一連のソロ作でエンジニア/ミックスを担当することになる人物。

 〈Instrumental〉も聴きものだ。単なるカラオケ版かと思いきや、違う。基本的にカラオケ版には違いないが、ここにはアルバム・ミックス、〈Remix〉、〈Extended Remix〉のいずれにも登場しないギターや鍵盤のパートがわざわざ追加されているのである。ヴォーカルがない分、退屈にならないための配慮なのだろう。〈Extended Remix〉同様、ベースとハイハットだけで始まるイントロも嬉しい。

 〈Extra Beats〉は、その名称からも想像がつく通り、ドラムとパーカッションのパートだけを取りだしたもの。中盤からギターの“デケデケ”リフが加わり、そのままあっさりフェイドアウトして終わる。DJ用の単なるおまけトラックだ。


 『STRONGER THAN PRIDE』期のシングル群は、フォーマットごとに収録内容が大きく異なる場合がある。中でも厄介なのがこの「Paradise」。通常、CDシングルは12"と同内容なのだが、「Paradise」の場合、7"、12"、5"CD、3"CDの各収録内容を見比べると分かる通り、全てのトラックを収録している盤がなく、音源コンプリートを目指すには最低でも2種類は買う必要がある。5"CDと3"CDで内容が異なるのも「Paradise」だけ。5"CDのみに収録されている2曲が既発トラックの使い回しというのも意味がよく分からない。

 「Hang On To Your Love」の〈U.S. Remix〉はオランダ盤の同曲12"(Epic EPCA 12.4942)、「Keep Hanging On」は「Never As Good As The First Time」7"と12"に収録されていたもの。これら2曲は「Paradise」5"CDでしかCD化されていないので、貴重と言えば貴重。

 オランダ盤「Hang On To Your Love」12"を私は所有していない。そこに収録されている〈U.S. Remix〉のラニング・タイムをネット上で調べると5分13秒で、「Paradise」5"CD収録の5分28秒とやや異なるのだが、恐らく同一トラックだと思う。「Paradise」5"CDで聴く限り、ラジオでエアチェックしたようなペラペラな音質で、はっきり言ってろくでもない代物だ。コンプレッションのかかり方も不自然で、聴いていると頭が痛くなってくるような音だ。ヴォーカルに所々ディレイが掛けられるなど、サウンドがポップになっているのが特徴と言えば特徴。よほどのシャーデー馬鹿でない限り、聴く必要はない。

 ライヴ録音の「Keep Hanging On」は一聴の価値あり。これは'85〜86年ツアーの「Hang On To Your Love」の終盤部分(ツアー途中から新アレンジの延長部分が付け加えられた。ツアー・ギタリストのゴードン・ハントの名が作曲クレジットに見られる)を取りだしたもので、ゆえにフェイドインで始まる(歓声も聞こえる)。実際のステージでアデュはこの終盤部分でも「Hang On To Your Love」のフレーズを歌っていたが、ここでは彼女のヴォーカルは削除されている。ホーンを大々的に導入したジャジー&ファンキーな演奏は、プリンスの『PARADE』期のツアーを彷彿させるものがある。これはナイスCD化だ。素晴らしかったシャーデーの'85〜86年ツアーのライヴ音源が蔵出しされる日は果たしてやって来るのだろうか('88年ツアーもお願いしたい)。

| Singles | 04:40 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT