2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

The American Music Awards [January 1989]

AMA89
THE 16TH ANNUAL AMERICAN MUSIC AWARDS
Broadcast: 30 January 1989 (US)
Performance: Love Is Stronger Than Pride
Personnel: Sade Adu (vocals), Stuart Matthewman (guitar), Andrew Hale (keyboards), Paul S Denman (bass), Leroy Osbourne (backing vocals), Blair Cunningham (drums), Gordon Hunte (guitar)

 '89年1月30日に行われた'88年度の第16回アメリカン・ミュージック・アウォードに出演。
 批評家や業界人が選出するグラミー賞に対し、こちらはファンの人気投票で選出されるのが特徴。この年、シャーデーは〈Favorite Soul/R&B Female Artist〉部門にノミネートされていた(ホイットニー・ヒューストン、ナタリー・コールと共にノミネートされ、受賞はホイットニーが果たす)。

 この授賞式の舞台で、シャーデーは「Love Is Stronger Than Pride」を披露。演奏はカラオケで、アデュのヴォーカルのみ生。'88年『STRONGER THAN PRIDE』期はツアー映像もなく、テレビ出演も極端に少ないため、カラオケとはいえ貴重な記録である。ツアーは既に11月で終了しており、この'89年1月の授賞式出演が、『STRONGER THAN PRIDE』期の最後のパフォーマンスになった。


AMA89
AMA89

 ステージには、向かって左側からポール・デンマン(アップライト・ベース)、ゴードン・ハント(ギター)、その後ろにブレア・カニンガム(ドラム)、アデュを挟んで右側にリロイ・オズボーン(バック・ヴォーカル)、スチュアート・マシューマン(ギター)、アンドリュー・ヘイル(キーボード)の姿が確認できる。当時のツアー・メンバーでは、ジェイク・ジャッカス(トロンボーン)、ジェイムズ・マクミラン(トランペット)、マーティン・ディッチャム(パーカッション)の3人が不在。全員シックなダーク・スーツ姿で、雰囲気としては'93年〈LOVE DELUXE〉ツアーに非常に近い。
 アデュは白いロングのスカート・パンツ姿(と呼んでいい代物か知らないが、パンツの上に同じような生地のスカートを重ねてはいている)で、首には十字架のネックレス。〈STRONGER THAN PRIDE〉ツアーのアデュの衣裳がこれで、同じ姿は「Nothing Can Come Between Us」ヴィデオや、同シングルのカヴァー写真でも見られる。

 カウントと共に曲が始まり、アデュの歌声が場内に響く。ステージ中央の巨大なオブジェのようなセットが回転し、その陰からアデュが歌いながら登場。緊張しているのか、最初はピッチが安定しないが、曲が進むにつれて徐々に調子が出始め、アルバム以上にソウルフルなヴォーカルな聴かせてくれる。

 アデュを正面から捉える平凡な望遠バストショット映像が多いが、間奏のギター・ソロの際、マシューマンを中心に捉えながらカメラが緩やかに移動していく部分はなかなか悪くない。深紅のステージにメンバーのシルエットが浮かぶ艶やかな映像は、一瞬ソフィ・ミュラーが撮った'93年ツアーの様子を思い出させもする。ミュラーによって〈STRONGER THAN PRIDE〉ツアーがまともに撮影されていれば、どれだけ素晴らしかっただろうか(断片素材は「Turn My Back On You」ヴィデオで見ることができる)。
 ちなみに、この映像でマシューマン、オズボーン、ヘイルの3人は画面に映るが、カニンガムはドラムを叩く後ろ姿のみ、ハントとデンマンに関しては全くと言っていいほど映らない。デンマンはわざわざアップライト・ベースまで用意してきたというのに、あんまりである。

 それにしても、'80年代当時のアメリカのポピュラー音楽の主流が集まる授賞式の場で、このパフォーマンスはいかにも地味、というか、異色だ。ステージ上のシャーデーは、控え目ながらも異様な高級感を醸し出していて、その場違いさがひどく印象的な映像である。

| TV Appearances | 00:23 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT