2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

星の日



 6月25日。日本時間では6月26日の早朝のことだった。
 
 午前7時過ぎ、何気なく見た朝のテレビ番組でその報せを初めて聞いた時の動揺は、少し湿った初夏の空気と共に、今でも昨日のことのように思い出すことができる。失ったものの大きさに気づくのに、時間はそうかからなかった。色々な記憶や思いが一気に蘇り、狼狽した。その夜に投稿した記事を読み返すと、言いたいことや書くべきことのあまりの多さに自分が混乱していたことが分かる。その日からしばらく、このブログの更新もできなくなった。

 あれから5年。不在は時とともに埋められるどころか、重みを増すばかりである。しかし、一方では、彼に学び、触発され、その志しを何らかの形で受け継いだ多くの素晴らしいアーティストたちの活躍がある。彼は、アーティストのみならず、彼を愛する世界中のあらゆる人々の心の中に今も生き続けている。

 音楽、映画、ダンス……今も自分が愛するエンターテインメントの面白さ、素晴らしさを、小中学生の頃に私はこの人から徹底的に教えてもらった。音楽や映画に限らず、芸術全般を私が愛するようになったのは、ひとえにこの人のおかげと言っても過言ではない。ただ享受するだけでなく、例えばこうして文章を書き、何かを表現し、他人に伝えることの楽しさや奥深さを示唆してくれたのも、思えばこの人だった。他界から5年の大きな喪失感の中で、私はいつしか彼のことを父親か兄のような存在として捉えるようになった。おこがましいかもしれないが、彼に対して私がいま抱くのは、そういった親しみ、愛情、あるいは、尊敬の念である。作品を通して、彼はいまも私に多くを語り、感動を与え、私を支える力であり続けてくれている。ただただ感謝の気持ちで一杯だ。

 今日は、彼が星の子となった5年前のあの日、私の頭の中にずっと流れていた歌を和訳して、改めて追悼の意を表することにしたい。『DANGEROUS』の終盤にひっそりと収録されたこの歌は、'83年のテレビ特番でディオンヌ・ワーウィックが夭折したスターたちへの追悼として歌った曲のカヴァー。'90年にエイズのため18歳の若さで他界したライアン・ホワイトという少年へ捧げられたが、'09年6月以降は歌手本人に対する追悼曲にもなってしまった。万物の諸行無常を綴った美しい小品だ。“何億光年 輝く星にも 寿命があると教えてくれたのは あなたでした”──そんな歌も思い出させる。さよならだけが人生だとしても、あまりに早い旅立ちだった。


MJ_StarChild2.jpg


 Gone Too Soon
 (Larry Grossman/Buz Kohan)
 
 Like a comet
 Blazing 'cross the evening sky
 Gone too soon
 
 黄昏の
 空を駆けるほうき星のように
 儚く去った
 
 Like a rainbow
 Fading in the twinkling of an eye
 Gone too soon
 
 瞬く間に
 消えてなくなる虹のように
 儚く去った
 
 Shiny and sparkly
 And splendidly bright
 Here one day
 Gone one night
 
 明るく まぶしく
 鮮やかに輝き
 ある日 訪れ
 ある晩 去った
 
 Like the loss of sunlight
 On a cloudy afternoon
 Gone too soon
 
 曇日の
 午後に陽がかげるように
 儚く去った
 
 Like a castle
 Built upon a sandy beach
 Gone too soon
 
 砂浜に
 こしらえたお城のように
 儚く去った
 
 Like a perfect flower
 That is just beyond your reach
 Gone too soon
 
 つかめない
 一輪の名花のように
 儚く去った
 
 Born to amuse, to inspire, to delight
 Here one day
 Gone one night
 
 皆を楽しませ 元気づけ 喜ばせるために生まれ
 ある日 訪れ
 ある晩 去った
 
 Like a sunset
 Dying with the rising of the moon
 Gone too soon
 Gone too soon
 
 月の出と
 共に消え入る夕日のように
 儚く去った
 儚く去った



マイケル・ジャクソン関連記事◆目録

| Michael Jackson | 22:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT