2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黄金の洋楽ライブ シャーデー(NHK BS2)


ちょっと肉付きがいいアデュ

 シャーデーの'93年アメリカ公演の映像が、今から数時間前、'09年1月10日の23:00~24:30、NHK BS2にて放映された。“放映された”などと過去形でなく、シャーデー・ブログなのだから、放映予定くらい事前にニュースとして取り上げても良さそうなものではあるが。

 この〈黄金の洋楽ライブ シャーデー〉という番組、もともと昨年10月11日の同時間枠で放映予定だったのだが、緒形拳が死んだせいでどこかへ吹っ飛んでしまい、その振り替え放映が3ヶ月後の1月10日に回ってきた。1月16日のシャーデー・アデュの誕生日の一週間前に持ってくるとは、NHKもなかなか味な真似をしてくれるというものだ。


 '93年10月3日、カリフォルニア州サンディエゴ、オープン・エア・シアターでのステージ。'93年〈LOVE DELUXE〉ツアーは、10月3~4日のサンディエゴ公演が千秋楽なので、まさに脂の乗り切った彼らのパフォーマンスが楽しめる最高のライヴになっている。監督は、シャーデーやユーリズミックス(アニー・レノックス)の一連のヴィデオを手掛けていたソフィ・ミュラーで、ライヴ映像作品としても実に素晴らしい仕上がり。

 このライヴ映像は'94年に『Sade Live』としてヴィデオ発売され、DVD化もとっくに済んでいる。ちょっと調べてみたら、ソニーから国内廉価版DVD(税込2940円)が2月4日に発売予定ということで、それと関連した放出的オンエアだったのかもしれない。DVDに興味を持った人には、千円代で買える同内容の海外版(リージョン・フリー)をさっさと購入することをお勧めするが(ソニーには悪しからず)。

 私は当然DVDを既に持っているので、今回のBS放映には特に興味もなく、放映されること自体も当日、朝刊のテレビ欄で偶然に知った。
 23時をかなり回った頃に帰宅し、ふと番組のことを思い出してテレビをつけてみると、客の歓声だけが聞こえるちょうど曲間の部分だった。次は何の曲かと思って画面を眺めていると、「Haunt Me」が始まった。何というグッド・タイミング。リロイ・オズボーンとアデュのこのデュエットが最高なんだべよ、と暖を取りながらしばし聴き入り、最初はすぐにテレビを消すつもりだったのが、結局そのまま番組終了までずるずると観てしまった。このライヴを観るのはかなり久しぶりだったが、やはりいつ観ても良いものは良い。

 シャーデーのライヴ映像ソフトとしては、もうひとつ、'01年〈LOVERS ROCK〉ツアーの模様を収録した『Lovers Live』があり(監督は同じくソフィ・ミュラー)、映像作品としてのトータルな完成度はそちらの方が上なのだが、今回の『Sade Live』の方がパフォーマンスそのものは充実していて、個人的には観賞頻度が遙かに高い。当時34歳のアデュもまさに女盛りという感じで最高である。

 今回のBS放映、各曲の冒頭に、曲名に続いて、ひどく要領を得ない2行分ほどの曲解説がNHKによって字幕でつけられていた(まあ、この番組はいつもそうなのだが)。ライヴ本編が終了すると、寝起きのような顔をしたケイコ・リーが画面に登場し、番組ナビゲーターとして簡単に感想を述べた。“今までシャーデーの曲を演奏したことはありませんでしたが、これを機に是非やってみようと思いました”というような意味のことを言っていて、それが何だかちょっと嬉しかった。「Your Love Is King」と「Hang On To Your Love」がお気に入りだという。いいじゃないですか。是非、カヴァーして欲しいと思う。

 ちなみに、シャーデーはこの'93年〈LOVE DELUXE〉ツアーで日本に来ている。
 公演日程は以下の通り。
 
THE LOVE DELUXE TOUR
June/July 1993
6.22(火)渋谷クラブクアトロ
23(水)横浜文化体育館
24(木)日本武道館
26(土)広島メルパルクホール
27(日)心斎橋クラブクアトロ
28(月)大阪フェスティバルホール
30(水)名古屋市公会堂
7.1(木)名古屋クラブクアトロ
3(土)東京ベイNKホール
4(日)東京ベイNKホール

 再追加まで出る大盛況。'84年9月、'86年5月に続く3度目の来日で、これが現時点でシャーデー最後の日本公演ということになる。当時、別の類の音楽を聴いていた私は、彼らの来日を完全にスルーしていたのだった。全くもってOMGとしか言いようがない。
 それにしても、あのパフォーマンスがクアトロ級の箱で展開される光景というのは、さっぱり想像がつかない。行けた人が私は心の底から羨ましい。


 尚、『Sade Live』『Lovers Live』の2本のライヴ映像作品に関しては、気力さえあれば、いつかきちんと取り上げたいと思っている。

| Sade News | 05:36 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT