2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Melody Angel──見張り塔のエンジェル



 There must be some kind of way out of here
 A famous poet wrote
 And Jimi Hendrix found it
 
 ここから抜け出す方策があるはずだ
 ある有名な詩人がそう書いた
 それをジミ・ヘンドリクスが見つけた

 
 ──アブリ「Back To The Sun」(2007)




 ベンジャミン・クレメンタイン「Voodoo Child」の話をしたついでに、ちょっといい感じの若手アーティストを紹介したい。シカゴ出身の女性シンガー・ソングライター、メロディ・エンジェル。'09年、ショーン・コムズとロドニー・ジャーキンスが審査員を務めるMTVのタレント発掘番組〈P. Diddy's Starmaker〉でファイナリストになった経歴を持つ人で、現在までに『THE OUTSIDER』(2011)、『LIVING ROOM SESSIONS』(2014)というEPを発表している。

 メロディ嬢は自身のYouTubeチャンネルでたくさんの“歌ってみた”動画を公開していて、その中にジミヘン「All Along The Watchtower」のカヴァーがある。エレキ・ギターで武骨なソロを弾く姿が素敵。プリンスのバックにそのまま収まりそうな感じだ(ちょっとキャット・ダイソンっぽい)。簡易的ではあるが、この動画は音楽ヴィデオ風の作りになっている。

 ドスの利いたブルージーな歌唱は、トレイシー・チャップマン、インディア・アリー、リズ・ライトらによく似ている。特にインディア・アリーとキャラが被るが、このジミヘン曲のカヴァーから窺い知れる通り、オーガニック・ソウル的な雰囲気もありつつ、同時にロック志向が強いのがメロディ嬢の特徴である。最愛のアーティストとして、彼女はジミ・ヘンドリクス、プリンス、そして、マイケル・ジャクソンの名を挙げる。

Melody_Angel2.jpg


 メロディ嬢はシャーデーからも影響を受けている。同じくYouTubeに投稿された「No Ordinary Love」のアコギ弾き語りカヴァーは、“そうそう、これは本来こういう曲だよね”と思わせるようなブルージーな解釈でとても良い(ちょっと冗長だが)。YouTubeで動画をはしご中、私は偶然この「No Ordinary Love」動画を見つけ、メロディ嬢の存在を知ったのだった。彼女は「Jezebel」も歌っている。

 ちなみに、マイケル・ジャクソン作品では、これまでに「Dirty Diana(他界前の'08年投稿)、「Rock With You(ナイス!)、「Billie Jean(ビリー・ジーン・ブルース?)の3曲が取り上げられている。他にもR&B/ソウル系を中心に有名曲がたくさん歌われているので、興味のある方は彼女のYouTubeチャンネルへどうぞ。



関連記事:
Benjamin Clementine──ヴードゥーの子
Christien Taylor──風の中のシャーデー(ジミヘン meets シャーデー)
Abri──炎のソウル賛歌「Back To The Sun」

| Sade Covers/Mixes | 00:05 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT