2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【1】



サム・クック/ジェイムズ・ブラウン/プリンスの系譜




 This Side Of Love
 (Terence Trent D'Arby)
 
 We're on the negative side of love
 I'm subject to all bizarre whims she fancies
 I'm running escape to find the handle
 Of the door she locks me up in
 She's on the laughing side of sin
 What have I done in all my past lives
 (To end up on) This side of Love?
 
 これは歪んだ愛のかたち
 彼女の途方もない気まぐれに振り回される俺
 閉じ込められ 脱出しようと
 必死にドアの取っ手を探している
 彼女は罪を笑い飛ばす
 俺はいったい何の因果で
 こんな愛に身をやつす?
 
 We're on a permanent twist of fate
 She has dominion over time and torture
 I'm pinching myself to convince me that
 I'm in a living nightmare
 The killer attraction of a dare
 What have I done, emasculation
 (To end up on) This side of Love?
 
 尽きせぬ運命のいたずら
 彼女は時間を支配し 俺をいたぶる
 頬をつねって確かめる
 決して覚めないこの悪夢
 こいつはとんだお楽しみ
 俺は何の因果で骨抜きにされ
 こんな愛に身をやつす?
 
 If I should stay
 (will the beat go on?)
 I must be strong
 (we tell you every day)
 Will I return
 (to normal lovers again?)
 Please peel my skin
 ('cause my soul is burning)
 
 とどまるならば
 (ビートは続くか?)
 強くならねば
 (毎度言ってるように)
 戻れるだろうか
 (また普通の恋人同士に?)
 この肌を引き剥がしてくれ
 (俺のソウルが燃えている)
 
 We're on a roundabout whirl of scorn
 The demons are smiling and the angels snoring
 I feel like a stepchild Caeser that's been
 Beaten and bruised to please her
 Wearing a rusted ring of thorns
 What have I done to piss the Gods off
 (To end up on) This side of Love?
 
 嘲笑の渦に呑まれていく
 悪魔たちは微笑み 天使たちは高いびき
 俺は彼女の慰み者 虐待される
 継子のカエサルにでもなった気分
 錆びた棘の指輪をはめて
 俺はいったい何の祟りで
 こんな愛に身をやつす?
 
 If I should stay
 (will the beat go on?)
 I must be strong
 (we tell you every day)
 Will I return
 (to normal lovers again?)
 Please peel my skin
 ('cause my soul is burning)
 
 とどまるならば
 (ビートは続くか?)
 強くならねば
 (毎度言ってるように)
 戻れるだろうか
 (また普通の恋人同士に?)
 この肌を引き剥がしてくれ
 (俺のソウルが燃えている)
 
 We're on the negative side of love
 I see my condition as a sign of service
 I'll snuggle up close to her knowing
 That I'm practising my religion
 Warming the barrel of a gun
 
 これは歪んだ愛のかたち
 これもすべて神への奉仕
 信仰の実践だと思いながら
 俺は彼女にすり寄るのさ
 銃身を熱くしながら
 
 This will be the deed that finds me next time
 
 この所業ゆえ 俺はまたもや
 
 (on this side of)
 (on this side of)
 (on this side of) This side of Love
 
 こんな愛に
 こんな愛に
 こんな愛に身をやつす


TTD_NFNF.jpg
NEITHER FISH NOR FLESH (1989)
TERENCE TRENT D'ARBY
currently known as SANANDA MAITREYA



関連記事:
何ものも僕らを引き裂けない(テレンス・トレント・ダービーをヴォーカルに迎えたインエクセス、一夜限りの奇跡の復活劇)

珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【1】──Terence Trent D'Arby
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【2】──Living Colour
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【3】──Lenny Kravitz
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【4】──Fishbone
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【5】──Keziah Jones
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【6】──Me'Shell Ndegeocello
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【7】──Omar
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【8】──Ephraim Lewis

新R&B入門 ディアンジェロでつながるソウル・ディスク・ガイド 1995-2015
林剛、荘治虫・著/スペースシャワーブックス/1,600円/'15年7月31日発売

| Man's Man's Man's World | 04:50 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT