2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

B.B. King──ときめきは消えた



 '16年2月15日にロサンゼルスで行われた第58回グラミー授賞式。ケンドリック・ラマーの炎のパフォーマンス(文字通り炎上していた)や、ブロードウェイから生中継されたヒップホップ・ミュージカル『ハミルトン』の映像もすごかったが、個人的には追悼コーナーがとても印象深かった。

 周知の通り、欧米ポピュラー音楽界では昨年末から大物アーティストが立て続けに他界している。レミー・キルミスター('15年12月28日没/享年70歳)、ナタリー・コール('15年12月31日没/享年65歳)、デヴィッド・ボウイ('16年1月10日没/享年69歳)、グレン・フライ('16年1月18日没/享年67歳)、そして、モーリス・ホワイト('16年2月3日没/享年74歳)。大物であるだけでなく、逝くには皆ちょっと早い年齢なので、音楽ファンが受けた衝撃も大きかった。今年のグラミーでは、ナタリー・コールに関しては年間の物故者たちの紹介VTRの締め括りに「Unforgettable」の映像が長めにフィーチャーされただけだったが、他の4人に関してはきちんと追悼パフォーマンスの枠が設けられた。

 まず感動したのは、スティーヴィー・ワンダーとペンタトニックスによるモーリス・ホワイトへの追悼パフォーマンス。授賞式の前半、彼らは年間最優秀楽曲賞のプレゼンターとしてステージに登場し、その場で「That's The Way Of The World」をアカペラで歌った。他界したのが授賞式のわずか2週間前だったため、このような急場しのぎ的なパフォーマンスになったのだろうが、それが逆に良かった。何の特別な演出もなく、6人のミュージシャンが生の歌声だけで見事なサウンドを聴かせたその場面は、入念に準備された他のどんな華やかなパフォーマンスよりも感動的で、終わった瞬間、場内は大スタンディング・オベーションになった。アメリカの音楽界の底力、あるいは、意地のようなものを感じた瞬間だった。グラミーはこういうところが素晴らしい。

 もうひとつ私が感銘を受けたのは、授賞式の後半、ボニー・レイット、ゲイリー・クラーク・Jr、クリス・ステイプルトンの3人によって行われたB.B.キングへの追悼パフォーマンスだった。実を言うと、B.B.キング('15年5月14日没/享年89歳)のことは事前にまったく私の頭の中になく、不意をつかれるような感じだったのだが、これがじわじわと胸に沁み入ってくる大変に素晴らしい追悼だった。演奏が終わったとき、私は溜息と同時に、少し涙が出た。演奏されたのは、彼の代表曲「The Thrill Is Gone」。




 The Thrill Is Gone
 (Roy Hawkins/Rick Darnell)
 
 The thrill is gone
 The thrill is gone away
 The thrill is gone baby
 The thrill is gone away
 You know you done me wrong baby
 And you'll be sorry someday
 
 ときめきは消えた
 ときめきは消えちまった
 ときめきは消えた
 ときめきは消えちまった
 おまえは俺を裏切った
 いつか後悔するだろう
 
 The thrill is gone
 It's gone away from me
 The thrill is gone baby
 The thrill is gone away from me
 Although I'll still live on
 But so lonely I'll be
 
 ときめきは消えた
 俺から消えちまった
 ときめきは消えた
 俺から消えちまった
 人生はまだ続くが
 うんと寂しくなるだろう
 
 The thrill is gone
 It's gone away for good
 The thrill is gone baby
 It's gone away for good
 Someday I know I'll be open armed baby
 Just like I know a good man should
 
 ときめきは消えた
 すっかり消えちまった
 ときめきは消えた
 すっかり消えちまった
 いつか俺は許すだろう
 それが善人だろうから
 
 You know I'm free, free now baby
 I'm free from your spell
 Oh I'm free, free, free now
 I'm free from your spell
 And now that it's all over
 All I can do is wish you well
 
 俺はいま自由の身
 お前の呪縛から解かれて
 俺はいま自由の身
 お前の呪縛から解かれて
 すべてが終わったいま
 お前の幸を祈るだけ


 「The Thrill Is Gone」はロイ・ホーキンスの'51年のヒット曲(全米R&Bチャート6位)だが、B.B.キングの持ち歌としてつとに有名な作品である。憂いに満ちたストリングス編曲が印象的なB.B.のカヴァー版──アルバム『Completely Well』(1969)収録──は、'69年にシングル発売され、クロスオーバー・ヒットを達成した(全米R&Bチャート3位/総合チャート15位)

 B.B.キングの後年のアルバム『Deuces Wild』(1997)に収録されたトレイシー・チャップマンとのデュエット版も良い。'69年版のストリングスをホーンに変え、ちょっと塩辛さを増した秀逸な再演である。『Deuces Wild』は、1曲ごとに豪華アーティストをゲストに迎えた共演アルバム。ヴァン・モリソン、エリック・クラプトン、ローリング・ストーンズ、ドクター・ジョン、ボニー・レイットらの他に、ディアンジェロやヘヴィー・Dも登場するとても楽しいアルバムだ。

※上掲の原詞と拙訳は'69年のB.B.キング版に準拠している。埋め込み動画は'97年のトレイシー・チャップマンとのデュエット版。



B.B.キング追悼パフォーマンス「The Thrill Is Gone」

 グラミー授賞式のB.B.キング追悼パフォーマンスでは、きちんと生のストリングスを同伴し、'69年版に忠実な編曲で「The Thrill Is Gone」が演奏された。クリス・ステイプルトン、ゲイリー・クラーク・Jr、ボニー・レイットの3人が順に歌い、ギター・ソロを弾く。ステージ上の出演者たちは、ストリングス隊も含めて全員黒装束で、ステージ後方の巨大スクリーンには、生前のB.B.のモノクロ映像が淡々と映し出される。

 「The Thrill Is Gone」は、上に訳出した通り、女を失った男の憂いを歌った歌である。追悼パフォーマンスでは、この歌詞が、B.B.キングを失った者の悲しみを見事に代弁していた。“せいぜい達者でやるがいい”といった感じの締めの捨て台詞(“All I can do is wish you well”)も、この場では“あんたの冥福を祈るだけ”という追悼の言葉に響く。3人の寡黙なパフォーマンスには、B.B.に対する想いが滲み出ていた。ボトルネックでソロを弾きながら登場したボニー・レイットは死ぬほどクールだったし、B.B.マナーのソロを弾くゲイリー・クラーク・Jrの男気にも感動した。モーリス・ホワイトへの追悼パフォーマンスと同じく、余計なことを一切やらず、音楽だけですべてを語るストイックな演出が素晴らしい。

 B.B.キングのステージを私は大昔に一度だけ東京ドームで観たことがある(そう言えば、同じ頃にトレイシー・チャップマンも東京ドームで観た)。彼のバンドはU2の前座だった。まったく記憶にないが、多分、「The Thrill Is Gone」もそのとき演奏されたと思う。当時、単なるロック少年だった私には有り難みがさっぱり分からなかったが、亡くなった今、旧譜を聴きながら、今更ながらに彼の偉大さを感じている。合掌。


B.B. King Tribute: The Thrill Is Gone @ Grammys 2016
(グラミーのB.B.キング追悼パフォーマンス映像は、現時点でYouTubeに公式アップロードがないため、一般人による投稿映像をリンクしておく。削除対策として画面内のテレビ画面に映像が映し出されるが、いくつかある一般投稿の中では、画質・音質共にこれが最も鑑賞しやすい)



関連記事:
恍惚(2015.02.13)(B.B.キングはギター顔も素晴らしかった)

| Man's Man's Man's World | 21:20 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT