2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Chloe x Halle──響



 アトランタ出身/ロサンゼルス在住の姉妹R&Bデュオ、クロイ×ハリー。YouTubeに投稿していた“歌ってみた動画”がビヨンセの目に止まり、彼女の事務所/レーベル、Parkwood Entertainmentからこの春デビューした話題のシンデレラ・ガールズだ。姉のクロイ・ベイリーは18歳、妹のハリー・ベイリーは16歳……って、君たち高校生じゃないか!




 Drop
 (Chloe Bailey/Halle Bailey)
 
 Baby i get sick of you
 You're that same ole tune
 i don't ever wanna hear you again
 
 あなたにはウンザリ
 あなたはお決まりの曲
 二度と聞きたくないわ
 
 Why are you what i like to skip?
 Wanna be deaf to it
 Can I turn my ears off?
 
 飛ばしたくなるような曲
 聴いてられない
 耳のスイッチ切ってもいい?
 
 But time stops
 When your beat drops
 It's too strong, strong, strong
 Time stops
 when your beat drops
 turn it off, off, off
 
 でも時が止まる
 あなたのビートが響くと
 強すぎて 強すぎて 強すぎて
 時が止まる
 あなたのビートが響くと
 消してよ 消してよ 消してよ
 
 Baby i hate listening
 You drive me so crazy
 But can you please play that again
 
 聴きたくないの
 気がヘンになるから
 だけどもう一度聴かせてくれる?
 
 You know you're not what i want to sing
 But you're the only thing
 That's playing in my head, my head, my head
 
 私が歌いたい曲じゃないけれど
 あなたしかないの
 頭の中で鳴り続けてる
 
 Time stops (time stops)
 When your beat drops (beat drops)
 It's too strong, strong, strong
 but time stops (time stops)
 when your beat drops (beat drops)
 turn it off, off, off
 
 時が止まる(時が止まる)
 あなたのビートが響くと(ビートが響くと)
 強すぎて 強すぎて 強すぎて
 時が止まる(時が止まる)
 あなたのビートが響くと(ビートが響くと)
 消してよ 消してよ 消してよ
 
 (RAP)
 When that beat drops, it shatters
 Glass ceilings, i'm in my feelings
 Adrenaline be thrillin
 Shards cut deep when you play
 Shards cut deep when you stray
 Vibrations move those mountains
 Chaos flow like fountains
 
 そのビートが響くと
 ガラスの天井は粉々 私は夢中
 アドレナリンは沸騰
 あなたが鳴れば破片が突き刺す
 あなたが舞えば破片が突き刺す
 振動で山は動き
 カオスが噴き出す
 
 When i don't hear you i need it
 When i do hear you i'm bleeding
 There's no in between between it
 There's no middle
 Icing but no filling
 
 聞こえなければ寂しい
 聞こえてくれば苦しい
 ふたつにひとつ
 中間はない
 最高だけど満たされない
 
 It's a love and war with radio
 Stop it, stop it
 It's a love and war with radio
 But i feel it, feel it
 
 ラジオと格闘
 やめて やめて
 ラジオと格闘
 感じる 感じる


 2人の手によるデビュー曲「Drop('16年4月5日公開)は、とてもアメリカの女子高生とは思えないUKベース調の冷ややかなナンバー。メランコリックなストリングスやブルージーな低音ギターはちょっとトリップホップ的だし、後半にはドラムンベースっぽいビートも出てくる。そこに2人のヴォーカルが乗るのだが、これがどういうわけか、戦前のポピュラー歌手のようなオペラ調の歌い方をしていて面白い。歌メロやヴォーカル・アレンジにも、まるでミュージカルの挿入歌のようなドラマチックなオペラ感が漂う。それが“R&B”という枠組みに自然と収まってしまっているのが不思議だ。

 歌詞は、ラジオから流れてくる“曲”を擬人化して描いている。別れられない恋人との関係を暗喩しているようにも読めるし、音楽そのものについて歌っているようにも読める。音楽へ向かう衝動をストレートに表現した素晴らしいデビュー曲だと思う。これを聴いて、私はシャーデーの名曲「Love Is Found」を思い出した(馬と一緒に登場する音楽ヴィデオにも、勝手にシャーデー的なものを感じてしまったりして)



 クロイ×ハリーは、ミシェル・オバマ大統領夫人が主導する“Let Girls Learn(女子に学びを)”構想──教育を受けられない世界中の少女たちを支援する──のチャリティ・キャンペーン曲「This Is For My Girlsダイアン・ウォーレン作/'16年3月15日発売)に、ケリー・ローランド、ミッシー・エリオット、ジャネール・モネイ、ケリー・クラークソン、ゼンデイヤ、リー・ミシェル、ジェイダグレイスらと共に参加している。3月28日にホワイトハウスで催されたイースター恒例イベント〈Easter Egg Roll〉では、オバマ夫人の紹介でステージに登場し、同曲のライヴ・パフォーマンスも行った(上の動画がその時の様子)。そこで姉妹は、カラオケで「This Is For My Girls」を歌った後、現時点で音源未発表の「Baby Bird」「Fall」という2つのオリジナル曲を披露している。「This Is For My Girls」のパフォーマンスはいかにもビヨンセ門下生という乗りだが、後者の2曲は「Drop」と同様、“オペレッタR&B”とでも言うべき奇妙な趣きを呈していて、確かな個性を感じさせる。ちょっと比較対象が見当たらないような個性だが、強いて言えば、彼女たちのシアトリカルな音楽センスはジャネール・モネイに似ているかもしれない。2人のキャラのバランス──押しの強い姉クロイ(ヴォーカル/ルックス共にビヨンセ度が高い)に対し、妹ハリーはキュートで奥ゆかしい(「Fall」の可憐な歌声が素晴らしい)──も実に魅力的だ。ダイアモンドとパールの原石を見るような気がする。

 お姉ちゃんのクロイは鍵盤、妹のハリーはギターを弾く。曲も自分たちで書いている。ウェンディ&リサみたいになるかもしれないし、フロエトリーのようになるかもしれない。あるいは、全く別の何かになるかもしれない。彼女たちはまだ十代。無限の可能性を秘めた姉妹デュオだ。These girls are on fire!



■クロイ×ハリーには過去にも少しプロとしての仕事経験がある。日本でも放映された米ディズニー・チャンネルの人気ドラマ『オースティン&アリー』(2011〜16)シーズン2の第24話「アリー、コーチになる(Moon Week & Mentors)」('13年9月15日米放映)に“Chloe and Halle”として出演し、劇中のオーディション番組〈America's Top Talent〉で「Unstoppable(邦題:誰にも止められない)」というポップ・ソング(Jay L'Oreal/Adrian Newman作)を勝者の役で歌っていた。そこで2人はビヨンセ色の強い初々しい歌唱を聴かせている。同曲は『オースティン&アリー』シーズン2〜3のサントラ盤『Austin & Ally: Turn It Up』(2013)にも収録された。その前年の'12年、姉妹はラジオ・ディズニー主催の歌唱コンテスト〈Next Big Thing〉の第5回大会で実際に優勝を果たしている。『オースティン&アリー』への出演は、その大会の優勝特典だった(決勝直前の'12年11月に投稿された上の「Girl On Fire」動画では、最後に〈NBT〉での自分たちへの投票を視聴者に促している)。

■“Chloe”という名前は、片仮名表記だと“クロイ”または“クローイ”が最も原音に近い。“クロエ”というローマ字読みは、Aretha(“アリサ”または“アリーサ”)を“アレサ”と書くのと同じで、実際の発音とはかなり異なる。“クロイ” or “クローイ”という問題は、Adeleを“アデル”と書くか“アデール”と書くか、Janelleを“ジャネル”と書くか“ジャネール”と書くか、という問題と一緒である(アクセント位置をはっきりさせたいなら“ー”を入れるべきだろう)。“Halle”は、ハリー・ベリー Halle Berry の“ハリー”(“ハル”でも“ホール”でもない)。上記『オースティン&アリー』サントラ日本盤では“クロエ&ハリー”と表記されていたが、正式なデビューに際して、当ブログではひとまず“クロイ×ハリー”と書くことにした。“歌ってみた動画”で彼女たちは自己紹介をしているので、正確な発音はそこで確認してほしい。

| Diva Legends | 20:30 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT