2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Prince──ダイヤと真珠



 『Diamonds And Pearls』(1991)は、私の好きなプリンスのアルバム・ランキングの4位に入る作品である。だから何だ、という話だが、とにかくそう言っておきたい(ちなみに、“最もリマスターして欲しいプリンスのアルバム”ランキングでは堂々の1位)。ヒップホップやハウスの要素を大々的に取り入れたことで、“時代の後追い”として消極的な見方もされるアルバムだが、'90年代から最晩年に至るまでのプリンスのスタンスや立ち位置を明確に定めた、キャリア屈指の重要作、そして、最高傑作のひとつである。

 '80年代末、ヒップホップがファンクに取って代わった時、また、機械を使ったダンス・ミュージックの一人量産手法がハウスを通して一般化した時、革命家、先導者としてのプリンスの役目は終わった。'90年代以降、彼は専属バンドのニュー・パワー・ジェネレーションを率い、時代を横目に見ながら、ひたすら自分の音楽道を邁進していくことになる。そこで“プリンス”というブランドに必要となったのは、新商品の開発よりも、むしろ、時代に則した的確な商品プレゼン能力や、新たな流通経路の開拓だったと思う。

 それまで以上に黒人音楽の伝統を意識しながら、独自のフュージョン・サウンドを質の高い楽曲群と共にきちんと時代に落とし込んだ『Diamonds And Pearls』は、アルバムとしてのまとまりの良さ、内容のバランスの良さも含め、'90年代以降のパープル・ミュージックのデフォルトとして申し分ない出来である。ハウス仕込みの冒頭曲「Thunder」の“何やってもプリンス”感には、いつ聴いてもゲラ笑いさせられる(あれを“ダサい”と言って否定する人は、私に言わせれば、'90年代以降のプリンス作品をすべて否定しているに等しい)。“キングはたくさんいれども、プリンスは一人しかいない”というアリシア・キーズの言葉が最高に似合うアルバム。“エレガント”とは、こういう作品のことを言う。もしかすると、プリンスのキャリア史上、最も洗練されたアルバムではないだろうか。私がこのアルバムを愛する理由と、シャーデーを愛する理由は、多分、全く一緒である。

 アルバムの発表25周年を記念して、今回は、ロージー・ゲインズをフィーチャーした表題曲「Diamonds And Pearls」の歌詞を和訳する。以前取り上げた「Money Don't Matter 2 Night」と並ぶ私のお気に入り曲のひとつだ。ヴィデオも大好き!


D_P2.jpg

 Diamonds And Pearls
 
 This will be the day that u will hear me say
 That I will never run away
 I am here 4 u
 Love is meant 4 2
 Now tell me what u're gonna do
 
 今日こそは伝えよう
 逃げ出さないと
 僕は君のために
 愛は二人のために
 さあ 教えておくれ
 
 If I gave u diamonds and pearls
 Would u be a happy boy or a girl
 If I could, I would give u the world
 But all I can do is just offer u my love
 
 僕がダイヤと真珠をあげたなら
 子どものようにはしゃぐかな
 できるなら世界だってあげたい
 でも僕にはこの愛が精一杯
 
 Which one of us is right
 If we always fight
 Why can't we just let love decide
 Am I the weaker man
 Because I understand that love must be the master plan
 
 正しいのはどっち?
 喧嘩ばかりなら
 判断は愛に委ねようじゃないか
 僕は弱い者?
 愛こそ決め手と考えるばかりに
 
 If I gave u diamonds and pearls
 Would u be a happy boy or a girl
 If I could, I would give u the world
 But all I can do is just offer u my love
 
 僕がダイヤと真珠をあげたなら
 子どものようにはしゃぐかな
 できるなら世界だってあげたい
 でも僕にはこの愛が精一杯
 
 D 2 the I 2 the A 2 the M O 2 the N 2 the D
 2 the pearls of love
 D 2 the I 2 the A 2 the M O 2 the N 2 the D
 2 the pearls of love
 
 DからI AからM OからN Dから
 珠玉の愛へと
 DからI AからM OからN Dから
 珠玉の愛へと
 
 There will come a time
 When love will blow your mind
 And everything u'll look 4, u'll find
 That will be the time
 That everything will shine
 So bright it makes u colorblind
 
 いつの日か
 愛に圧倒され
 すべてを悟る時が来る
 その日には
 すべてが眩しく輝き
 肌の色も分からなくなる
 
 If I gave u diamonds and pearls
 Would u be a happy boy or a girl
 If I could, I would give u the world
 But all I can do is just offer u my love
 
 僕がダイヤと真珠をあげたなら
 子どものようにはしゃぐかな
 できるなら世界だってあげたい
 でも僕にはこの愛が精一杯


 サビの歌詞が、「International Lover」(1982)のサビ“ダイヤと真珠を買ってあげる/いい子にしてたらね(I'll buy U diamonds and pearls / But only if you're good girl)”に呼応していることはファンには言うまでもないだろう。私がこの歌で特に好きなのは、ロージーが歌う中盤の“D 2 the I 2 the A 2 the M...”部分。プリンスらしい楽しい言葉遊びだ。結びの“pearls of love”は、いっそ“愛の数珠つなぎ”とでも超訳したい。

 ところで、雑誌『現代思想』'16年8月臨時増刊号《総特集 プリンス 1958-2016》の中で、プリンス論者の西寺郷太氏が、向井秀徳氏との対談でこんなことを言っていた。

「俺のなかでは、プリンスはポール・マッカートニーと重なる部分が多い。どちらもメロディの天才で、マルチ・プレーヤーかつ多作家。最近よく話すんだけど、俺にはレヴォリューションはビートルズと重なって見える。(中略)“プリンス&ザ・レヴォリューション”って、プリンスを独立させた名義だけど、極端に言えば、あの時期はきっとプリンスが“ザ・レヴォリューション”の一員だったんじゃないかな。特にいわゆる『ロッキング・オン』とか夢中で読んでたロック・ファンが求めるプリンスって結局“ザ・レヴォリューション”だったりするし。ビートルズは好きだけど、ポールのソロは緩くて嫌いみたいな。一定数いると思うんだ、そういう人。で、“ニュー・パワー・ジェネレーション”は、ポールで言えばウィングスだと思うんだよね」

 ふむふむ。でもって、『Diamonds And Pearls』っていうアルバムは、デヴィッド・ボウイで言えば『Let's Dance』だと思うんだよね、などと相槌を打ちたくなるところだが(“『ロッキング・オン』とか夢中で読んでたロック・ファン”からいかにも嫌われそうな作品!)、ポール・マッカートニー〜ウィングスっぽいという話で言えば、「Diamonds And Pearls」という曲は「Band On The Run」(1973)である。もちろん単なる憶測に過ぎないが、一度そう思うと、そうとしか聞こえなくなる。“プリンス”というフィルターを通すと、T・レックス「Get It On」は「Cream」に、JB「The Payback(と「Mother Popcorn」)は「Gett Off」に、スティーヴィー・ワンダー「You've Got It Bad Girl」は「Money Don't Matter 2 Night」に、そして、ウィングス「Band On The Run」は「Diamonds And Pearls」になる。まるで錬金術のようだ。

 クラシカルで流麗なメロディ、1曲なのにメドレーかと思うような狂詩曲〜組曲風のドラマチックな曲展開は、ビートルズ後期からポールが得意としたもの。次作収録の「3 Chains O' Gold」あたりになると、正直、やりすぎ感が漂うのだが、「Diamonds And Pearls」では、そうしたユニークな要素が通常のポップ〜R&B楽曲のテクスチュア内にすっきりと収まっている(全米チャート3位/R&Bチャート1位!)。このバランスの良さや取っつきやすさが、この曲、そして、『Diamonds And Pearls』というアルバムの大きな魅力だと思う。



 いきなり「Diamonds And Pearls」を取り上げたのは、今月でアルバム発売25周年だからではなく(それは記事を書いている途中で気づいた)前回、アロー・ブラックについて書いた時、彼の仲間のファショウンに「Diamonds & Girls」(2012)という「Diamonds And Pearls」ネタの曲があったことを思い出したからである。この曲をネタ使いしたトラックとしては、リル・ウェインの同名曲「Diamonds & Girls」(2007)が有名だが、ファショウン版(J.LBS制作)はサンプリングではなく、自力でそれっぽいサウンドを再現した一種のオマージュ作品。素晴らしいリサイクルなので、プリンス・ファンにも聴いて欲しい。詳しくは過去記事“『DIAMOND LIFE』30周年記念クイズ(その2)”をどうぞ。



プリンス関連記事◆目録

| Man's Man's Man's World | 04:10 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT