2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Masego──S.A.D.E.大賞2016



 独自のソウル・ミュージックをエレガントかつ果敢に追求しているアーティストに贈られるS.A.D.E.大賞。'16年の受賞者は、6月にミックステープ『Loose Thoughts』を発表したアメリカのラッパー/歌手/サックス奏者、マセーゴさん(23)に決定した。

 '16年S.A.D.E.大賞のノミネートは以下の通り。


S.A.D.E. PRIZE 2016: NOMINEES AND WINNER
4 those with Soul, Attitude, Dignity, and Elegance

SadePrize2016_01.jpgSadePrize2016_02.jpgSadePrize2016_66.jpgSadePrize2016_03.jpg
SadePrize2016_04.jpgSadePrize2016_05.jpgSadePrize2016_06.jpgSadePrize2016_07.jpg
SadePrize2016_70.jpgSadePrize2016_08.jpgSadePrize2016_09.jpgSadePrize2016_10.jpg
SadePrize2016_11.jpgSadePrize2016_12.jpgSadePrize2016_67.jpgSadePrize2016_13.jpg
SadePrize2016_14.jpgSadePrize2016_15.jpgSadePrize2016_16.jpgSadePrize2016_17.jpg
SadePrize2016_68.jpgSadePrize2016_19.jpgSadePrize2016_20.jpgSadePrize2016_21.jpg
SadePrize2016_22.jpgSadePrize2016_23.jpgSadePrize2016_24.jpgSadePrize2016_25.jpg
SadePrize2016_26.jpgSadePrize2016_27.jpgSadePrize2016_28.jpgSadePrize2016_29.jpg
SadePrize2016_62.jpgSadePrize2016_30.jpgSadePrize2016_31.jpgSadePrize2016_32.jpg
SadePrize2016_33.jpgSadePrize2016_34.jpgSadePrize2016_71.jpgSadePrize2016_35.jpg
SadePrize2016_72.jpgSadePrize2016_36.jpgSadePrize2016_37.jpgSadePrize2016_38.jpg
SadePrize2016_39.jpgSadePrize2016_63.jpgSadePrize2016_40.jpgSadePrize2016_41.jpg
SadePrize2016_42.jpgSadePrize2016_43.jpgSadePrize2016_44.jpgSadePrize2016_45.jpg
SadePrize2016_46.jpgSadePrize2016_47.jpgSadePrize2016_64.jpgSadePrize2016_48.jpg
SadePrize2016_65.jpgSadePrize2016_49.jpgSadePrize2016_50.jpgSadePrize2016_51.jpg
SadePrize2016_52.jpgSadePrize2016_53.jpgSadePrize2016_69.jpgSadePrize2016_53.jpg
SadePrize2016_54.jpgSadePrize2016_55.jpgSadePrize2016_56.jpgSadePrize2016_57.jpg
SadePrize2016_58.jpgSadePrize2016_59.jpgSadePrize2016_60.jpgSadePrize2016_73.jpg

ALA.NI
album You & I released 8 January 2016
ANDERSON .PAAK
album MALIBU released 15 January 2016
DIANE BIRCH
ep NOUS released 31 January 2016
KING
album WE ARE KING released 5 February 2016
BJ THE CHICAGO
album IN MY MIND released 19 February 2016
RALEIGH RITCHIE
album YOU'RE A MAN NOW, BOY released 26 February 2016
JACQUE HAMMOND
album ELBOW ROOM released 29 February 2016
ESPERANZA SPALDING
album EMILY'S D+EVOLUTION released 4 March 2016
STARCHILD & THE NEW ROMANTIC
ep CRUCIAL released 18 March 2016
ANTHONY HAMILTON
album WHAT I'M FEELIN' released 25 March 2016
GIOVANNI JAMES
ep WHUTCHA WANT released 25 March 2016
GALLANT
album OLOGY released 6 April 2016
BEYONCE
album LEMONADE released 23 April 2016
CHLOE & HALLE
ep SUGAR SYMPHONY released 29 April 2016
LA NEGRA
album COLORES released 29 april 2016
GREGORY PORTER
album TAKE ME TO THE ALLEY released 6 May 2016
MAHMUNDI
album MAHMUNDI released 6 May 2016
CORINNE BAILEY RAE
album HEART SPEAKS IN WHISPERS released 13 May 2016
YUNA
album CHAPTERS released 20 May 2016
TRE SAMUELS
ep LOST IN TRANSLATION released 26 May 2016
FANTASTIC NEGRITO
album THE LAST DAYS OF OAKLAND released 3 June 2016
HARLEIGHBLU
album FUTURESPECTIVE released 3 June 2016
XENIA RUBINOS
album BLACK TERRY CAT released 3 June 2016
MASEGO winner!
ep/mixtape LOOSE THOUGHTS released 8 June 2016
LAURA MVULA
album THE DREAMING ROOM released 17 June 2016
KANDACE SPRINGS
album SOUL EYES released 24 June 2016
BLOOD ORANGE
album FREETOWN SOUND released 28 June 2016
MAXWELL
album blackSUMMERS'night released 1 July 2016
KELSEY LU
ep CHURCH released 8 July 2016
MICHAEL KIWANUKA
album LOVE & HATE released 15 July 2016
SAMM HENSHAW
ep THE SOUND EXPERIMENT 2 released 15 July 2015
NAO
album FOR ALL WE KNOW released 29 July 2016
RAVYN LENAE
ep MOON SHOES released 29 July 2016
JESSE BOYKINS III
album BARTHOLOMEW released 1 August 2016
AZEKEL
ep RAW, VOL. 2 released 10 August 2016
DANIEL WILSON
ep SINNER OF THE WEEK released 16 August 2016
JIMETTA ROSE
album THE LIGHT BEARER released 19 August 2016
FRANK OCEAN
album BLONDE released 20 August 2016
JAMES TILLMAN
album SILK NOISE REFLEX released 23 August 2016
DE LA SOUL
album AND THE ANONYMOUS NOBODY released 26 August 2016
IMANY
album THE WRONG KIND OF WAR released 26 August 2016
L.A. SALAMI
album DANCING WITH BAD GRAMMAR released 26 August 2016
COREY KING
album LUSHES released 9 September 2016
MNDSGN
album BODY WASH released 16 September 2016
SHABAKA AND THE ANCESTORS
album WISDOM OF ELDERS released 16 September 2016
TIMOTHY BLOOM
ep THE BEGINNING released 23 September 2016
ANDRE CYMONE
ep BLACK MAN IN AMERICA released 30 September 2016
THE ELECTRIC WIRE HUSTLE
album THE 11TH SKY released 30 September 2016
JOHNNY POPCORN
album TOTEM POLE released 30 September 2016
MOSES SUMNEY
ep LAMENTATIONS released 30 September 2016
PEGASUS WARNING
ep PwEP2 released 30 September 2016
SOLANGE
album A SEAT AT THE TABLE released 30 September 2016
AARON ABERNATHY
album MONOLOGUE released 3 October 2016
JONES
album NEW SKIN released 7 October 2016
NORAH JONES
album DAY BREAKS released 7 October 2016
THE SESHEN
album FLAMES & FIGURES released 14 October 2016
XAVIER OMÄR
album THE EVERLASTING WAVE released 14 October 2016
KADHJA BONET
album THE VISITOR released 21 October 2016
NXWORRIES
album YES LAWD! released 21 October 2016
OCTOBER LONDON
ep/album COLOR BLIND: LOVE released 28 October 2016
ALICIA KEYS
album HERE released 4 November 2016
COMMON
album BLACK AMERICA AGAIN released 4 November 2016
HARLEIGHBLU X STARKILLER
album AMORINE released 4 November 2016
TALL BLACK GUY
album LET'S TAKE A TRIP released 4 November 2016
A TRIBE CALLED QUEST
album WE GOT IT FROM HERE... THANK YOU 4 YOUR SERVICE released 11 November 2016
CARLEEN ANDERSON
album CAGE STREET MEMORIAL: THE PILGRIMAGE released 18 November 2016
JORJA SMITH
ep PROJECT 11 released 18 November 2016
NOSIZWE
album IN FRAGMENTS released 25 November 2016
CHILDISH GAMBINO
album AWAKEN, MY LOVE! released 2 December 2016
JOHN LEGEND
album DARKNESS AND LIGHT released 2 December 2016
PHARRELL WILLIAMS
original motion picture soundtrack album HIDDEN FIGURES released 9 December 2016
BLITZ THE AMBASSADOR
album DIASPORADICAL released 16 December 2016


 2016年のソウル/R&B界は、年間ベスト級の入魂(ソウル)作が怒濤のように発表された大豊作年だった。ブラック・パワー運動の現代版であるブラック・ライヴズ・マター運動が音楽シーンに浸透・定着し、アメリカを中心にブラック・ミュージック界全体の勢いに拍車がかかったこと、同時に、ここ数年のオルタナティヴR&Bの大きな流れがメインストリームを完全に侵食したことで、意識面でもサウンド面でも、高い訴求力と緊張感を持った充実作が多く生まれたように思う。音楽的には、ブルース、ゴスペル、ジャズ、ファンクといった黒人音楽の伝統を、'80年代〜'90年代リバイバルも汲みつつ、巧みに現代の文脈に落とし込んだ作品が目立った。緊張感と同時に息苦しさを感じさせる作品も多かった中、大賞を獲得したマセーゴ『Loose Thoughts』は、他とは一線を画する不思議な風通しの良さを持ち、また、最早オルタナティヴでも何でもなくなったオルタナティヴR&B(ソランジュ『A Seat At The Table』の全米1位獲得は象徴的だった)の更にオルタナティヴな在り方を飄々とエレガントに示した点で抜きん出ていた。

Masego1.jpg
MASEGO - LOOSE THOUGHTS
Digital: TrapHouseJazz, 8 June 2016

You Gon' Learn Some Jazz Today / I'm In Hollywood... / Wifeable (Demo 3) [feat. Xavier Omär] / Send Yo' Rita! / Too Much / Small Talk (TrapScat T0 Cali) / Plant A Seed (Rough Like Old Weave) / I Do Everything (More For Cruisin') / Disconnected (Shorty From VA) / White Man / I Do Everything!

 マセーゴ('93年6月8日生まれ、本名 Micah Davis)は、ジャマイカ、キングストン生まれ、米ヴァージニア州ニューポートニューズ育ちのシンガー・ソングライター。ラッパー/歌手であり、プロデューサーであり、プリンス以上のマルチ楽器奏者でもある(が、プリンスと同様、楽譜は読めない)。メイン楽器はアルト・サックス。SoundCloudBandcampを通して、これまでに『Blessing』(2013)、『Masego Music』(2013)、『TrapHouseJazz』(2014)、スティーヴィー・ワンダーへのトリビュート作『Stevie: A Tribute EP』(2015)、Medasin(ダラス出身のプロデューサー)とのコラボ作『The Pink Polo EP』(2015)などのアルバム/EPや、多くの楽曲音源を発表している。

 『Loose Thoughts(雑考)』は、彼の23回目の誕生日である6月8日にSoundCloudで発表された最新作品集(イントロ的な冒頭の小曲「You Gon' Learn Some Jazz Today」では、サックスで自ら「Happy Birthday」のメロディを吹いている)。全11曲、計40分なので、最早アルバムと言っていい分量だが、デモ音源も含む雑多な素描集ゆえ、シングル以上アルバム未満という意味で“EP”、あるいは(9曲版がiTunesで販売されているが)“ミックステープ”と呼んでおくのが妥当な作品だと思う。素描集と言っても、各曲の完成度は非常に高く、随所に閃きが溢れた傑作である。

 マセーゴは自身の音楽を“トラップ・ハウス・ジャズ”と形容している。その名の通り、トラップとハウスとジャズの折衷音楽をやっていて、ジャンル的にはそれ以上説明のしようがないのだが、とにかく、そのバランス感覚とポップ感覚が驚異的に素晴らしい。新しい要素は何もないはずなのに、なぜか新鮮に聞こえる。そして、一度聴くと病みつきになる。マセーゴの音はなぜこんなにもカッコいいのだろうか……と考えて、私は、彼のカッコ良さは、もしかするとデビュー当時のシャーデーのカッコ良さと同じではないのか、と思うに至った。

Masego2.jpg
ああ、女子にモテたい!

 牧師の両親の下でゴスペルに親しみながら育ったマセーゴだが、彼の音楽的なバックボーンは主にジャズである。サックスとの出会いについて、彼はインタヴューでこう言っている。

「ジャズが僕の音楽だった。サックスをやり始めたのは14歳のとき。とにかく誰よりも女子の注目を集めたくてさ。どうしても気を引きたい子がいて、彼女がすごいジャズ好きだってことを知ったんだよ。“よし、ジャズをチェックだ”と。で、サックスが出てきて、“よし、これだ”と。その頃、学校の創作の授業で何かやらなきゃいけなかったから、僕はサックスをやることにして、それからは毎週日曜、ラジオのジャズ局を聴いて勉強したよ。カッコいいとこを見せて、その子を驚かせてやろうとね」(29 January 2016, XXL Mag)

 モテたいから、ジャズ。カッコ良く思われたいから、ジャズ。この不純な動機が実に純粋で良い。

 サックス奏者ゆえにジャズ・ミュージシャン扱いされることもあるが、マセーゴは昨今のいわゆる“新世代ジャズ”の人間ではない。いや、むしろ、彼のジャズへのアプローチは、どの新世代ジャズ・ミュージシャンたちよりも新世代的だと言うべきか。その点を象徴的に示すのが、彼の作品に頻出するキャブ・キャロウェイの引用である。マセーゴは自分の曲の中に、キャブの代表曲「Minnie The Moocher」(1931)のサビ“Hi-De, Hi-De, Hi-De-Ho”を頻繁に挿入する。実際に歌う、サックスで吹く、あるいはサンプリングするなどして、ほとんど自分のトレードマークか署名のようにそのフレーズを入れるのである。マイルスでもコルトレーンでもチャーリー・パーカーでもなく、キャブ・キャロウェイというのがミソだ。

Masego3.jpg
'30年代のキャブ・キャロウェイ

 ジャズはかつて歴としたダンス・ミュージックであり、現代の我々がR&Bやヒップホップやロックを聴くのと同じ感覚で人々から聴かれるポップ・ミュージックだった。ジャズがポップでなくなる(踊れなくなる)のは'40年代のことである。そこでジャズは、アドリブ演奏を重視して芸術性を追求するビバップと、乗りの良い歌やリズムで娯楽性を追求するジャンプ・ブルースに枝分かれした。前者はモダン・ジャズとしてジャズの本流を引き継ぎ、後者はやがてリズム&ブルースやロックンロールに姿を変えることになる。もちろん、'40年代以降のジャズにも、踊れるもの、ポップな輝きを持つものはたくさんあるが、ざっくり言うとそういう流れになる。キャブ・キャロウェイは、ジャズが正真正銘のポップ・ミュージックだったスウィング〜ジャンプ・ブルース時代の大スターである(ジャズがかつてどれほどポップだったか知りたい人には、'30〜'40年代のミュージカル映画をたくさん観ることをお勧めする)

 ジャズ・ミュージシャンたちがR&B、ヒップホップ、ロックなどに接近する現代ジャズの潮流というのは、その分岐点に立ち返って、ポップ・ミュージックとしてのジャズの可能性を改めて模索する(何十回目かの)試みだと思う。ジャズのフュージョン化は素晴らしいことだが、しかし、ビバップ以降の歴史を背負ったジャズマンたちがやるポップ・ミュージックには、(私の偏見かもしれないが)アカデミックで頭でっかちな印象を与えるものも少なくない気がする。正直に告白すると、私は芸術音楽としてのジャズ自体は好きだが、新世代ジャズ・ミュージシャンたちが聴かせる芸術的なポップ・ミュージックが苦手だ。ポップ・ミュージックにあるべき色気が足りないからである。

 マセーゴはどうだろう。彼の音楽には色気がある。彼の音楽はお洒落である。彼は“モテるジャズ”と“モテないジャズ”の違いをよく知っている。チャーリー・パーカーよりもルイ・ジョーダンの方がモテることを知っている。デューク・エリントンとキャブ・キャロウェイは同じくらいモテたと思うが、マセーゴが自分の礎石として選んだのは、より女子の笑いを取れそうなキャブだった。そして、そのジャズ精神をトラップやハウスと掛け合わせている。もちろん、エレクトロ・スウィングのような子供騙しのリバイバル/ノスタルジー音楽ではない。彼は、ポップ・ミュージックとしてのジャズを現代の文脈で一から書き直している。マセーゴの聴かせるジャズがどれほどヒップか、これだけでも想像がつくだろう。

 過去にはポップ・ミュージシャン側からのジャズへのアプローチもたくさんあった。'80年代にイギリスのクラブから始まったアシッド・ジャズ・ムーヴメントもそのひとつだ。レアなファンキー・ジャズやラテン・ジャズがDJたちによって掘り出され、ジャズがダンス・ミュージックとして若者に再評価された。その流れから登場したシャーデーは、ジャズを実にカッコ良くお洒落に聴かせるポップ・バンドだった。マセーゴは今、トラップとハウスで、シャーデーがやっていた“モテるジャズ”の最新型をやっている。

Masego4.jpgMasego5.jpg
レゲエ・フィルハーモニック・オーケストラ「Minnie The Moocher」(1988)
アウトキャスト『Idlewild』(2006)


 さて、「Minnie The Moocher」と言えば、英レゲエ・バンド、スティール・パルスの最初期メンバーだったマイケル・ライリーが率いたレゲエ・フィルハーモニック・オーケストラによる'88年のカヴァーがマセーゴ的だが、マセーゴとより強い繋がりを感じさせるのは、アウトキャスト「Mighty O」(2006)である。ジャズが弾けまくっていた'30年代のアメリカ南部を舞台にしたアウトキャスト主演映画『アイドルワイルド』(名作)のサントラとして制作されたこのヒップホップ曲には、「Minnie The Moocher」の“Hi-De, Hi-De, Hi-De-Ho”のフレーズが織り込まれていた。サウンド自体は似ていないが、ジャズに対するマセーゴのアプローチはこれと一緒である。基本的にはスティーヴィー・ワンダー〜(髪型も含め)オマーの系譜に連なる人だと思うが、彼のポップ感覚はアンドレ3000にも近い気がする。今後、マセーゴがかつてのアウトキャストやプリンスのように音楽シーンを牽引してくれることを私は強く期待している。


MASEGO LIVE @ SOUND MUSEUM VISION, SHIBUYA

Masego6.jpg
'16年8月、渋谷のマセーゴ

 ちなみに、このマセーゴ、実は'16年中に二度も来日していた。一度は8月初旬。彼のインスタグラムに渋谷で撮った写真が投稿されている。ローランド社が開発したAerophone AE-10というデジタル管楽器(一台でサックス、フルート、オーボエなど、色んな管楽器の音が吹ける)をサポートするために来日したらしい。1ヶ月後の9月9日に公開されたそのプロモ動画では、マセーゴが実際にAerophoneを演奏している姿が見られる。

 もう一度は11月末。彼は11月22日に渋谷の道玄坂にあるクラブ、サウンド・ミュージアム・ヴィジョンで、ロサンゼルスの人気フューチャー・ソウル・レーベル、Soulectionが主催する〈Trap Soul〉というイベントに参加し、ショウケース・ライヴを行った。このイベントは、同レーベル所属の日本人プロデューサー、starRoのデビュー・アルバム『Monday('16年10月12日発売)の発売記念パーティーを兼ねたものだった。マセーゴ自身はSoulection所属ではないが、ジェシー・ボイキンス三世らと共に同アルバムに客演している。

Masego7.jpg
マセーゴの'16年ツアー日程の一部。嗚呼……

 マセーゴのこの来日公演、私は全っ然、知らなかった……(泣)。11月22日の夜、私は恵比寿ガーデンホールでブラッド・オレンジを呑気に観ていた。〈Trap Soul〉は夜10時からのイベントである。知っていればハシゴできたのだ。料金は前売り2,800円、当日3,500円。もう、悔やんでも悔やみきれない。アラ・ニ(女版ベンジャミン・クレメンタインみたいなUK出身のジャジー・ポップ歌姫。今年のS.A.D.E.大賞候補の一人)が4月末に東京でライヴをやっていた事実を知ったときも落ち込んだが、マセーゴの来日に後から気付いたときは本当に絶望的な気分になった。まさかこの知名度で日本に来るとは……。是非、また来日してほしい!




※『Loose Thoughts』の4曲目「Send Yo' Rita!」。ジャスティン・ティンバーレイク「Señorita」(2002/ネプチューンズ制作)からリフを拝借したトラップ・ハウス・ラテン・ジャズ曲。本当は2曲目の「I'm In Hollywood...」を最初に聴いてほしいのだが、YouTubeにないので、こちらを埋め込んでおく。スティーヴィー・ワンダー「Don't You Worry 'Bout A Thing」(1973)の現代版として聴きたい。ハイ・ディ・ハイ・ディ・ハイ・ディ・ホ〜!


S.A.D.E. PRIZE S.A.D.E.(エス・エイ・ディー・イー)大賞
S.A.D.E.大賞選考委員会によって選出され、毎年12月末に発表される謎の音楽賞。年内(1月〜12月)にアルバム/EPを発表した世界中のアーティストの中から一組に贈られる。シングル、ミックステープ、V.A.アーティスト盤、編集盤、サントラ盤は基本的に選考対象外(但し、例外的に選出される場合もあり)。'13年から'15年まで“シャーデー大賞”という名称で発表されていたが、'16年から“S.A.D.E.大賞”と改められた。シャーデーのメンバーは賞の設立・選考に一切関わっていない。

シャーデー大賞2013を占う(2013.06.12)
Alice Smith──シャーデー大賞2013(2013.12.30)
D'Angelo──シャーデー大賞2014(2014.12.30)
Buika──シャーデー大賞2015(2015.12.30)


S.A.D.E.大賞2016候補アーティスト関連記事:
Alicia Keys - NO ONE (killer b remix)(2007.12.15)
Alicia Keys in Japan [November 2007](2007.12.25)
シャーデー、アリシア・キーズと共演!(2010.10.04)
Sade @ MGM Grand Garden Arena 2011 (part 8)(John Legend)(2011.10.24)
Laura Mvula @ Billboard Live TOKYO 2013(2013.07.04)
Alicia Keys @ Yokohama Arena 2013(2013.11.27)
Mahmundi──今どきのイパネマの娘(2014.01.15)
夏のユル&B特集【2】──Blood Orange(2014.08.26)
夏のユル&B特集【3】──Jesse Boykins III(2014.08.27)
Pharrell Williams──自由!(2015.07.29)
Chloe x Halle──響(2016.04.15)
King @ Billboard Live TOKYO 2016(2016.05.17)
Blood Orange──君は失格さ(2016.05.20)
Michael Kiwanuka──白い世界の黒人(2016.10.05)
Andre Cymone──アメリカの黒人(October London)(2016.10.11)
Trè Samuels──美少年のアンビエンス(2016.11.01)
ジュディ・ガーランドとボブ・フォッシー(Xenia RubinosとKelly Rowland)(2016.12.05)
宮崎と茨城(GallantとCorey King)(2016.12.07)
Common feat. Stevie Wonder──黒人のアメリカを再び(2016.12.21)
Vicki Anderson──昨日(Kadhja Bonet)(2016.12.25)
Giovanni James──みっともないぜ(2017.01.18)
Jacque Hammond──影(2017.01.31)
Stuart Matthewman in Japan 2016(Diane Birch)(2017.02.02)

| Man's Man's Man's World | 23:45 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT