2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

106 & Park [February 2010]


106 & PARK
Broadcast: 9 February 2010 (US)
Performance: Soldier Of Love
Personnel: Sade Adu (vocals), Stuart Matthewman (guitar), Andrew Hale (keyboards), Paul S Denman (bass), Ryan Waters (guitar), Pete Lewinson (drums), unknown (snare drum), Leroy Osbourne (backing vocals), Tony Momrelle (backing vocals)

 アメリカでの『SOLDIER OF LOVE』発売日に当たる'10年2月9日、シャーデーは同国で3つのテレビ番組に出演した。NBCの朝の情報番組〈Today〉、BETで午後6時から放映されている2時間の音楽番組〈106 & Park〉、CBSの深夜のトーク番組〈Late Show with David Letterman〉。放送順では〈Today〉が一番早いが、厳密には、前日の2月8日に収録されたこの〈106 & Park〉が、『SOLDIER OF LOVE』期の彼らの最初のテレビ出演仕事となる。シャーデーが公の場でパフォーマンスを行うのは、前作『LOVERS ROCK』のツアー最終日、'01年9月21日、ロスのグレイト・ウェスタン・フォーラム公演(ライヴ映像『LOVERS LIVE』収録)以来、実に8年4ヶ月18日ぶりのことである。


106park2.jpg
106park3.jpg

 マンハッタンで収録されているブラック・ミュージックの音楽ヴィデオ専門のトップ10番組。ライヴ・ハウスのようにステージのすぐ前に観客が入れられた、日本で言うと〈Hey! Hey! Hey!〉タイプのスタジオ・セットである。

 シャーデーのキャリアがヴィデオ映像と共に簡単に紹介された後、「Soldier Of Love」のパフォーマンスが始まる。バックを固めるメンバーは前回ツアーとほぼ変わらず。アデュに召喚された野郎どもは、オリジナル・メンバー3人の他、ライアン・ウォーターズ(ギター)、ピート・ルウィンソン(ドラム)、リロイ・オズボーン(バック・ヴォーカル)、トニー・モムレル(バック・ヴォーカル)。黒ずくめの衣裳も含め、笑ってしまうほど'01年のライヴ映像と画が同じだ。唯一の違いは、'92年からバンドに参加していたカール・ヴァンデン・ボッシュ(パーカッション)が不在なことで、代わりに新たな黒人メンバーが軍隊ドラム担当で加わっている。彼がそのままツアーにパーカッショニストとして参加するのか、あるいは、プロモ期間だけの限定参加なのか、現時点では分からない。
 アデュはハイネックの白い膝丈ワンピース姿(背中が大きく開いている)で出陣。耳にはいつものデカいフープ・イヤリング。黒い腰巻と、がっしりしたアンクル・ストラップ付きの黒いハイヒールが戦士っぽくていい感じ('09年12月のアルバム試聴会時に履いていたのと同じサンダルだと思うが、そこではストラップは付いていなかった)。

 曲は前奏と後奏を切り詰めた短縮版。一応、部分的に生演奏のようだが、ほとんどシーケンス音のため、オリジナル版とサウンドの印象は変わらない。黒人オーディエンスを前に、アデュは割とリラックスした様子で歌い、“I've been torn up inside”の部分からステージを左右に動き回って積極的に盛り上げる。まるで'01年からタイムスリップしてきたような動きだ。8年4ヶ月18日ぶりに観客の前に出て、これだけ動けるなら問題ないだろう。

 終盤ではバック・ヴォーカルの2人と振りを合わせ、かつての「The Sweetest Taboo」「Paradise」「Flow」を思わせるパフォーマンスを少し見せる。但し、この番組はカメラがあまりにも凡庸で、アングルやカメラワークのパターンが完全に形式化されているため、各メンバーもろくに映されず、映像的な見応えはあまりない(戦火を思わせる背景スクリーンのイメージは悪くないが)。

 パフォーマンス後、番組VJのテレンス&ロキシーがシャーデーのいるステージに現れ、アルバムがiTunesで発売中、という軽い宣伝。見応え、聴き応えには欠けるが、滑り出しとしてはまずまずといったところか。いかにもウォーミング・アップ的な久々のテレビ出演である。

| TV Appearances | 22:58 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT